• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~4~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~4~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~4~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×さっぷ 第4回】

あとばる×さっぷ対談も今回で最終回!
 
最後は決勝戦の試合と、全国決勝大会に向けての意気込みなどを語ってもらったぞ!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」九州地区大会 DAY1
https://www.youtube.com/watch?v=ZHweSQ252GM
 
さっぷ選手が所属するえびチリソースが優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
さっぷ
「第5回スプラトゥーン甲子園2020  九州地区大会DAY1」を優勝した「えびチリソース」のメンバー。これまで大きな大会での実績はなかったものの、初出場となった「九州地区大会DAY1」でいきなり優勝を果たす快挙を達成。エクスプロッシャーの名手で、とくに準決勝「メキシコジャパン」戦の終盤で見せた連続キルはチームを勝利に導く決定的な一打となった。ここ一番での勝負強さを持ち、全国決勝大会でも大注目なプレーヤーのひとりだ。

 

チャージャー入りチームに対するエクスプロッシャーの立ち回り

――あとばる選手からさっぷ選手に聞いてみたいこととかってありますか?
あとばる:うちのチームを強化する目的でもあるんですけど、相手チームにチャージャーがいた場合に、エクスプロッシャーってどういうことを意識して動いています?
 
さっぷ:自分の立ち回りとしては、チャージャーの位置を常に把握して、チャージャーの届かないところから塗っていますね。
 
あとばる:チャージャーに圧をかけるみたいなことはあまりしないですか?
 
さっぷ:あまりしないです。相手がこちらを見ていないとき、絶対にやれるというとき以外はしないですね。あとは最後に圧をかけていかないと負けるというとき以外は。
 
あとばる:なるほど。やっぱり基本は塗りで前線プレーヤーとかの足元とか、あとはちょっとダメージを与えたりすることを意識していますか?
 
さっぷ:そうですね。対面しているところに弾を撃つだけで、当たらなくても当たっても味方が戦いやすくなるので。
 
あとばる:エクスプロッシャーってそういうブキですよね。やっぱりされて一番嫌なのは敵の前線ブキに詰められるという行為ですよね。
 
さっぷ:そうですね。キャンピングシェルターとかパブロとかに詰められると嫌ですね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  6:11:50より引用)

 
あとばる:L3リールガンは詰められても対応できちゃいます?
 
さっぷ:L3リールガンは、運良く自分の直撃が当たれば勝てるかなくらいですね。やっぱり相手の射程内に入っちゃうとどうしてもきついですね。
 
あとばる:それまでに詰められないようにする?
 
さっぷ:はい。詰めてくるところに弾を置いておくみたいな。
 
あとばる:そうですよね。いまの話を聞いて、やっぱり俺にはエクスプロッシャーは使いこなせないなあと思いました(笑)。ありがとうございます。
 
――逆にあとばる選手側から見て、エクスプロッシャーのいるチームっていうのはどうなんですか?
あとばる:ゲームスピードがすごく速くなりますね。たとえば、チャージャー同士の対決とかだと、お互いに塗り広げとか攻め方が慎重になるんですよ。なので、双方が「スペシャルを合わせてどん」みたいな展開にりがちなんですけど、エクスプロッシャーって常に前線にいる味方をサポートし続けるブキなので、前線ブキのプレーヤーが生き生きするんですよね。なのでガンガン詰めてくるし、それをやられちゃったら一気に塗り広げもされてしまう。
 それで、エクスプロッシャーをどかすのも基本はチャージャーくらいしかいなくて、前線ブキでどうにか詰めてもイカスフィアで対応されてしまうという。本当、相手のエクスプロッシャーが上手ければ上手いほど、どんどんゆるく首を絞められているというか、だんだんきつくなっていきますね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  6:12:05より引用)

 
――常に前線に圧をかけられているみたいな。
あとばる:そうです。塗り的にもダメージ的にも。だから、エクスプロッシャーがいるとすごく前線はやりやすいと思いますね。安定感がある。その分、弱点もあるといえばあるんですけど、僕はガチマッチだとH3リールガンという硬直の長いブキを持っているというのもあって、エクスプロッシャーは強いブキだと感じますね。
 
――なるほど。また甲子園の話に戻るんですが、「勝てると思わなかった」メキシコジャパンに勝利して、決勝戦に進んだわけですけど、決勝の前は「これは優勝するしかない」みたいな雰囲気になっていた?
さっぷ:メキシコジャパンに勝ってテンションが上がりまくってたのもあってか、決勝は負ける気がしなかったですね。
 
あとばる:やっぱり勢いが(笑)。
 
さっぷ:あのときは完全に調子に乗っていましたね(笑)。
 
――実際、決勝の1本目は終盤に怒涛の攻めを見せて、わりと圧倒する感じで勝ちました。これでもう完全に行けるみたいな感じになった?
さっぷ:そうですね。本当、負ける気がしなかったです。
 
――2本目は逆に相手に終盤に追い上げられつつも、なんとか凌いで勝ったという形でした。
さっぷ:あれは焦りましたね。最後、持っていかれそうになって。
 
――自分たちがメキシコジャパンにやったようなことを逆にやられて。最後はお互いにかなり入れ乱れた殴り合いになってましたよね。
さっぷ:そうですね。最後のエビさんの連続キルがなければ負けてましたね。エビさまさまです、本当に。
 


▲決勝1本目でも終盤に怒涛の爆発力を見せたえび選手が、2本目も残り10秒を切ったところで連続で相手を倒すスーパープレーを披露。見事に優勝の栄冠をつかんだ。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  6:18:20より引用)

 
――そういえば、優勝後のインタビューで、さっぷ選手は「チームのムードメーカー」と言われてましたね。
さっぷ:本当は、まっすぅ選手がムードメーカーなんですよ。いじられたりするのもだいたいあの人で。自分がよくいじるんですよね。だから多分、まっすぅ選手は俺のことを言ってきんだと(笑)。
 
――なるほど(笑)。
さっぷ:自分で言うのもあれなんですけど、自分はチームで1番年上なので、たぶん1番しっかりしているんじゃないかなと思っているので。騒いでいるのはまっすぅ選手ですから(笑)。
 

優勝したことで対抗戦の誘いが増えた

――次は全国決勝大会で、地区大会の前はあまり対抗戦もやらなかったという話でしたけど、これからは対抗戦ももっとやっていく感じですか?
さっぷ:自分たちだけで集まって練習しようってことはないんですけど、優勝してから対抗戦の相手をお願いされることが増えたんですよ。そうすると、やっぱり自分たちの練習にもなるので。まあ、お願いされることが増えたのは、自分たちなら声をかけやすいというのもあるとは思うんですけど。
 
――どういうことですか?
さっぷ:やっぱりプロチームとかだと声をかけづらいじゃないですか。強いところにお願いして、相手にならなかったら申し訳ないというのがあるので、ちょっと躊躇しちゃう。その点、自分たちだと声をかけやすい。俺はそれはいいことだと思っていて、いろんな相手と練習できますし。
 
――プロチームはやっぱりお願いしにくいですか?
さっぷ:自分はお願いしにくいですね。実力的なこともそうですし、あとはどうしても断られちゃうことを考えますね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  6:19:22より引用)

 
――人気もあって申し込みも多いだろうしみたいな。あとばる選手たちは、練習相手を探すのに逆にそれで苦労するとかはあります?
あとばる:ありますよ。「相手がいねえ」ってのがやっぱりあって。それで、他のプロチームも同じことになりがちなのか、結局そこ同士でやることになるんですよ。そうすると、より平坦的になっていくというのが問題で。たまに初めましての人から声をかけてきてくれてやるときも、たとえば8本やって8本ともこっちが勝ってしまうと、相手の方がTwitterのDMで謝ってきたりするんですよ。
 「まったく相手にならなくてごめんなさい」とか言われて。それが、こちらとしてもすごく申し訳なくて。まったくそんなことなくて、「いやいやいや」って言うんですけど、やっぱりさっぷさんが言ったみたいに、そういう取っつきづらと言うんですかね。そういうのはあるのかなとは思いますね。こっちも何組か同時に声がかかってしまったら、やっぱりXパワーの強い方には行きがちではあるんですけど、気軽に声をかけてくれてチャレンジしてくれた方が嬉しいですかね。募集しているときは。
 
――できるだけいろんなところと、幅広くやっておきたいという面はありますよね。
あとばる:そうですね。甲子園を想定すると、やっぱり同じところとばかりやっていると動きが変になってくるんですよ。なので、いろんな幅ってのもあれですけど、強いところとも、そんなに自信がないと言っているチームともやりたいとは思っていますね。
 
――では最後にさっぷ選手から全国大会に向けて意気込みをお願いします。
さっぷ:いま勝ち上がっているところが名前の売れている人たち、有名な人たちばかりで、自分たちのところだけ無名から代表になっているので、物怖じしないように、名前負けしないように頑張っていきたいですね。
 

【今回のまとめ】
・エクスプロッシャーは前線を常にサポートできるブキ!
・決勝戦はえび選手の活躍で勝利をもぎとった!
・全国決勝大会でもえびチリソース旋風に期待!

 
次回はあの有名チームに”助っ人”として加入した話題のプレーヤーが対談に初登場!
 
甲子園への想いなどを語ってもらうぞ!
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は3/17(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)