• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~1~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~1~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~1~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×れんぞーん 第1回】

「第5回スプラトゥーン甲子園2020 関東地区大会DAY1」の優勝チームGGBoyZから、れんぞーん選手が対談に初登場!
 
まずはGGBoyZに助っ人として加入することになった経緯や、絶対王者の一員となることのプレッシャーについて聞いてみたぞ。
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」関東地区大会 DAY1
https://www.youtube.com/watch?v=oXo5lOWc-Oo
 
れんぞーん選手が所属するGGBoyZが優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
れんぞーん
「スプラトゥーン甲子園」2連覇中の絶対王者GGBoyZに助っ人として加入した新メンバー。加入後、初のオフライン大会となった「第5回スプラトゥーン甲子園2020  関東地区大会DAY1」では、“絶対王者の助っ人”という重圧を感じさせない、安定感抜群のプレイングでチームの優勝に貢献。「新制GGBoyZに死角なし!」というところを見せつけた。昨年の「第4回スプラトゥーン甲子園」では別チームで全国決勝大会出場しているほか、フェスでも幾度となく一傑を獲得。GGBoyZの助っ人として申し分ない実力と実績を持つ超一流のプレーヤーだ。当然、全国決勝大会でも要注目の選手のひとりである。

 

新制GGBoyZに加わった最強の助っ人!

――おふたりはもともと知ってはいる間柄だとは思うんですけど、こうやって喋ったりというのは初めて?
れんぞーん:初めてですね。
 
あとばる:ですね。
 
――そうなんですね。れんぞーん選手は「第4回スプラトゥーン甲子園」にも出場されていましたが、その当時からあとばる選手のカラマリとは対抗戦などでよく試合をしていた?
れんぞーん:第4回の頃はあまりやっていないかな。カラマリさんとよく練習試合をするようになったのは今回の第5回からですね。
 
――なるほど。今回、れんぞーん選手がGGBoyZに助っ人として加入することになった経緯を教えてください。
れんぞーん:聞いたところによると、誰でもいいからとりあえず強い人を探していて、環境的にはリールガンが強いので、とりあえず「リールガンの強い人」ということで誘われたのがきっかけですね。
 ただ、その時、自分は九州と北海道の甲子園は別のメンバーと出場することが決まっていたので、「そちらが受からなかったらという形でもよければ」と返事したら、「それでOKです」と言ってもらえて。結果、九州と北海道は抽選に落ちてしまったので、関東大会の助っ人として加入させていただいたという流れです。
 


▲昨年末にGGBoyZから甲子園2連覇メンバーである、やまみっちー選手が引退。これを受けGGBoyZは、当面は助っ人を迎えた形での活動を発表。その助っ人メンバーとして白羽の矢が立ったのが、L3リールガンの名手であるれんぞーん選手だ。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1  5:40:18より引用)

 
――GGBoyZ側から「入ってくれないか」というオファーがあったんですね。
れんぞーん:そうですね。お誘いをいただく直前に、GGBoyZのメンバーの方がナワバリのプライベートマッチをやっていて、そこに僕がちょっと参加させてもらったんですけど、その縁もあって誘ってもらったという形です。
 
――そういう経緯だったんですね。あとばる選手は、れんぞーん選手のいるGGBoyZと対抗戦も数多くやってきたと思うんですけど、新制GGBoyZの印象はいかがでしたか?
あとばる:カラマリとGGBoyZでやったときは、けっこう「立ち回りがゴリ押しで来るな」という印象があって。
 「たぶん、まだ固まっていないんだろうね」とか、僕らとやる前にミリンケーキくんのDetonatioN Gaming(第5回スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会DAY1の優勝チーム)とやっていたみたいで、あそこはけっこうガツガツ来るので、「それに引っ張られてちゃっているのかもね」みたいな話はメンバーとしていたんですけど。それでも8試合やって3-5とかでしたっけ? 確かGGBoyZが勝ち越していたと思うんですけど。
 
れんぞーん:そうですね。
 
あとばる:まあ、でもガツガツ来るけど、それでも普通に強いから、甲子園は順当に勝ち上がってきそうだねみたいな話はしていましたね。
 
――多少、強引な立ち回りをしてくるけど、それでもしっかり強いという感じだったんですね。
あとばる:そうですね。以前も話したと思うんですけど、個々が好き勝手にやって、それをダイナモンが無理くりまとめるみたいな動きは健在だな、と思いながらやっていましたね。
 
――れんぞーん選手のことは、それ以前から知っているプレーヤーだった?
あとばる:もちろんです。フェスでも一傑とかバンバン取っていましたし、チーム内で「リールガンは誰が上手い?」という話になったときに、「れんぞーんくんが一番じゃない」と話題に上がるくらいだったので。なので、GGBoyZに入ると聞いたときにも、まあ妥当というか。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1  5:43:23より引用)

 
――しっかり強い人が入ってきたな、という。
あとばる:「れんぞーんくんか。ひええ」と思いながら見ていましたね。いまの環境的にも強いL3リールガンのトップのプレーヤーが入るわけですから、助っ人としては申し分ないですよね。唯一の不安要素はチームとしてちゃんとまとまるかという部分だと思ったんですけど、実際やってみたらその辺もまったく心配いらずで。
 
――そうですよね。れんぞーん選手は、あとばる選手というプレーヤーに関してはどんな印象を持ってますか?
れんぞーん:相手をしていて硬くて崩しにくい相手ですね。視野が広いなという。プレーヤーとして本当に強いなと思っています。僕、一回、対抗戦で相手したことがあるんですけど、あとばるさんにボコられまくったので。
 
――れんぞーん選手でもそんなことになるんですか!?
れんぞーん:僕、視野が広い相手が本当に苦手なんですよ。けっこう相手の裏をついて倒すのが好きなので、視野が広いタイプだとそれが通用しなくて。そういう意味でも、あとばるさんはものすごく手強い相手のひとりです。
 

この3人がチームメイトなら勝てるという安心感のほうが強かった

――今回、れんぞーん選手は助っ人という形でGGBoyZに加入しましたけど、GGBoyZって言わずと知れた超有名チームじゃないですか。それで甲子園に出場ということで、プレッシャーもかなりあったと思うのですが、そのあたりはどうでした?
れんぞーん:プレッシャーは最初から強くて、もちろん負けたら周りからどう言われるかってのはありましたし、本番はかなり緊張すると思ってずっと考えていたんですよ。でも、実際に甲子園でプレーしたときはまったく緊張しなくて。
 
――そうなんですね。
れんぞーん:前回とかの甲子園ってずごい緊張していたんですよ。でも、今回はまったく緊張せずにプレーできて。なんでかなと考えたときに、たぶんGGBoyZのメンバーの安心感というのが大きかったのかなと。助っ人として結果を出さなきゃというプレッシャーよりも、この3人がチームメイトなら勝てるだろうという自信のほうが強かった。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1  5:44:22より引用)

 
――味方としてやっていて、それだけ心強い3人だったんですね。
れんぞーん:そうですね。もし誰かがヘマをしたとしても、別の誰かがなんとかしてくれるという安心感はものすごくありました。あと、さっきも話に出たゴリ押しみたいなプレースタイルになることもあるんですけど、結局、前が厚いので、単純にやっていてすごく気持ちがいいんですよ。
 
――GGBoyZは味方同士のカバーもすごく早いですもんね。
れんぞーん:ホント、すぐに来てくれるので。前の甲子園メンバーとは、どちらかというとしっかりポジションを維持して固めで勝っていくような感じだったんですけど、GGBoyZの場合はわりと押せ押せな感じで攻めるスタイルで、味方のカバーもめちゃくちゃ早いので、すごくやりやすかったですね。
 
――仮に自分が多少ぎこちなくなったとしても、しっかりやってくれる3人が揃っているから大丈夫だと思うと、そんなに緊張もせずにプレーできた?
れんぞーん:そうですね。勝てるだろうという気持ちは大きかったですね。
 
――ここから甲子園の決勝ステージから試合を振り返っていきたいんですけど、初戦は“深海メトロで来た”が相手で、ステージはチョウザメ造船でした。この試合はわりと乱戦で、終わった瞬間は「どっちが勝った!?」という展開でした。
れんぞーん:そうですね。終盤までは自分たちがうまく支配していて、最後ちょっと崩れたときに相手が枚数かけてきたんで、これはまずいかなと思ったんですけど、えとなさんがうまく敵陣に抜けてくれたので助かりました。
 このシーンは、僕がイカスフィアで時間を稼げば抜けてくれると思って時間を稼いでいたら、僕とえとなさんの位置がかぶっちゃって。一瞬ヤバイかと思ったんですけど、うまく敵陣に抜けてくれていたので、さすがだなと。
 
――GGBoyZの大きな特徴として、たとえ終盤にもつれても最終的には競り勝つという強さがありますよね。
れんぞーん:そうですね。結局、崩れても誰かが通しているだろうというのがありますね。
 


▲深海メトロで来たとの試合は、えとな選手の敵陣への抜けも功を奏してGGBoyZが勝利。準々決勝へとコマを進めた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1  5:46:13より引用)

 
――次の準々決勝はOGが相手でした。ここは強豪として注目されていたチームだと思うんですけど、警戒していたチームのひとつという感じでしたか?
れんぞーん:かなり警戒していましたね。僕がパブロとキャンピングシェルターの組み合わせで出されるとけっこうきつかったので、L3リールガンベッチューを使ったり、キャンピングシェルターにメタを張ったりしていこうという話はしていたんです。
 ただ、引いたステージがエンガワ河川敷だったので、ここだったらいつものL3D、エクスプロッシャーカスタム、パブロ・ヒュー、L3の編成でイカスフィアを溜めて勝とうという話だったんですけど。本当にえとなさんが本番に強くて、ずっと相手を倒しまくってくれたので、けっこう有利に試合を進められたのかなと。
 
――そうですね。そこまで大きく劣勢になるという局面はなく勝てた試合でした。
れんぞーん:そうですね。かなり警戒していた相手だったので、ここでうまく試合を運べたのはよかったです。
 
――やっぱり1本先取でOGが相手というのは怖いですよね。
れんぞーん:怖かったですね。一発勝負で事故るのが一番嫌だったんで、ここはトーナメントの中でも一番の鬼門でしたね。
 

【今回のまとめ】
・れんぞーん選手はL3リールガンでナンバーワンといえるほどのプレーヤー!
・GGBoyZのメンバーがチームメイトにいる安心感はとてつもなく大きい!
・関東地区大会は準々決勝のOG戦が大きなポイントだった!

 
次回も引き続き、あとばる選手とれんぞーん選手の対談をお届け!
 
「 関東地区大会 DAY1」の試合を振り返っていくぞ!
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は3/24(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)