• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第6回 冨〇義勇もどきと冒険に
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第6回 冨〇義勇もどきと冒険に

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第6回 冨〇義勇もどきと冒険に

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第6回 冨〇義勇もどきと冒険に

走るだけで楽しい!

ローカル通信を使い、初めてほかの人の島に遊びにいったときのお話、2回目です。
 

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第5回 初めてのお出かけ

 
自分の島を飛び出して別の島に行く目的は、大きくふたつあると思う。
 
ひとつは、“素材集め”。
 
島の案内所にある“タヌポート”という端末で、貯めたマイルと物品を交換することができるのだが、そこで2000マイルと引き換えに“マイルりょこうけん”なるものを手に入れることができる。
 

 
これを、空港のモーリーに渡すことで、素材集めにピッタリの他島ツアーに参加することができるのだ!
 


 
どんな島に到着するのかわからないんだけど、たいがい、自分の島にないようなものを手に入れることができると思う。
 

▲今朝行ってみたツアー先では……ヤシの木が生えておりましたw

そしてもうひとつが、今回紹介している“とくに目的のない訪問”。かっこつけて言えば、
 
“目的がないことが目的であるツアー”
 
ってところだろうか。
 

化石泥棒、現る

「目的がないってことはイコール、“何をしてもいい”ってことになりませんかね??」
 
夏休みを迎えたばかりの少年のように目を輝かせて言う俺に、闖入者(ちんにゅうしゃ。つまり、邪魔者ってことw)を迎え入れたたっちーの態度は、いつまでも冷たかった。
 
「だーかーらー……!! 落ちているモノは、島のヌシであるわしが“あえて置いている”ものだからな!! 勝手に拾うなよ!! 富士山に行ったら、小石や葉っぱを持って帰ることもNGやろ!? それと同じやから!!!」
 
まるで俺が、“てっこうせき”や“きんこうせき”を見たら、拾って持って帰ろうとしているかのような口ぶりではないか。万引きGメンかこの女は。怒りながら、俺は言った。
 
「失礼な。俺がそんなことをする人間に見えるか!!?」
 
あまりの剣幕に、たっちーが珍しくたじろいだ。
 
「あ、いや^^; そういうわけじゃないんだけど^^; 一応、ね^^;」
 
「まったくもう……!!」
 
プリプリしつつ、掘った穴を埋めていると……。
 

 
「人んちの化石を盗むなっちゅーてんねーーーーん!!!!(大激怒)」
 
ひぃぃぃぃ……((((;゚Д゚))) つ、つい出来心で……((((;゚Д゚)))
 
もちろん、このあとすぐに返したことは言うまでもありません(冗談でやっただけだからな!)。
 

気分は中学の修学旅行

それにしても、『あつまれ どうぶつの森』のオンラインプレイは楽しい。何が楽しいって、ただ走り回ってるだけで楽しいんだよコレがwww
 

 
たっちーが自慢げに、
 
「最近、潮干狩りに凝ってんねん^^」
 
と言って“あさり”を見せびらかしてきたので、
 

 
「なにを!!! 俺なんて……コレや!!!」
 

 
持っていたヒラメを見せびらかす。何の意味もない行為だけど、じわじわと笑いがこみあげてくるから不思議だ。さらに、
 
「あ、そうだ! キミ、もうキチンとしたオノ持ってるんやろ? 何本か木を伐採してくれよ!」
 
というので、木の間引きを手伝ったり、
 

 
記念に集合写真を撮ったり、
 

 
掲示板に、訪問の足跡を残したりした。
 

 
そう、気分は完全に中学校のときの修学旅行か、田舎の親戚の家に遊びに行った夏休みのワンシーン。ソロプレイじゃ体験できない“時間と遊びを共有している感覚”が何よりの調味料になって、『あつまれ どうぶつの森』がますます楽しくなってしまった。
 
今後はインターネットプレイも解放して、いろいろな人のところに遊びに行ったり、自分の島に来てもらおうと思ってしまったよ。
 
そして、帰島。
 
おみやげは、たっちーの島の特産品であるオレンジの実3個と、
 

上空から見た、我が島自慢の星型池の景色^^
 
いやあ、本当に楽しいわマルチプレイ!!
 
続く。
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

 

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

▲第2回
ナゼ、かぶるのか

▲第3回
島の名前問題、勃発!

第4回
リセマラで星を得る話

▲第5回
初めてのお出かけ

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)