• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~3~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~3~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~3~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×れんぞーん 第3回】

あとばる×れんぞーん対談の第3回目。
 
今回もGGBoyZが優勝した「第5回スプラトゥーン甲子園2020 関東地区大会DAY1」を振り返りつつ、その強さのヒミツに迫っていくぞ。
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」関東地区大会 DAY1

 
れんぞーん選手が所属するGGBoyZが優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
れんぞーん
「スプラトゥーン甲子園」2連覇中の絶対王者GGBoyZに助っ人として加入した新メンバー。加入後、初のオフライン大会となった「第5回スプラトゥーン甲子園2020  関東地区大会DAY1」では、“絶対王者の助っ人”という重圧を感じさせない、安定感抜群のプレイングでチームの優勝に貢献。「新制GGBoyZに死角なし!」というところを見せつけた。昨年の「第4回スプラトゥーン甲子園」では別チームで全国決勝大会出場しているほか、フェスでも幾度となく一傑を獲得。GGBoyZの助っ人として申し分ない実力と実績を持つ超一流のプレーヤーだ。当然、全国決勝大会でも要注目の選手のひとりである。

 

苦手なコンブトラックもダイナモン選手の活躍で勝利

――決勝の3本目はコンブトラックでした。苦手と言っていたステージが最後の最後に来てしまったわけですが、決まった瞬間は心境的にどうだったんですか?
れんぞーん:2本目で負けたあと、チームのみんなと「ここは落としたけど、次にコンブトラックを引かなきゃ勝てるから大丈夫!」って話をしていたんですよ。そしたら、コンブトラックを引いてしまって、「マジか!」みたいな(笑)。
 
――心理的にはめちゃめちゃ嫌な流れじゃないですか(笑)。
れんぞーん:流れ的には最悪(笑)。内心、ちょっと「やばい」ってのはありましたね。
 
――ただ、試合としてはかなり相手を押し込む形での勝利でした。逆に気持ちが引き締まった部分もあった?
れんぞーん:そうかもしれないです。この3本目で僕はL3DからL3の無印にブキを持ち替えたんですけど、その理由のひとつが、ここまでL3Dを持った試合は全部負けてたんですよ。それでL3Dより、無印の方が気持ち的にも強く出られるなと思って。そこも良かったのかもしれないです。
 展開としては、残り20秒を切ったところで自分たちが2枚落ちて危ない場面もあったんですけど、ダイナモンさんが中央ですごい維持をしてくれて、えとなさんのカバーも早かったので、それに救われた試合でしたね。
 


▲終盤に2人落ちて数的不利となったGGBoyZ。だが、ここでダイナモン選手が中央を維持しつつ、逆に相手を2人倒すという驚異の立ち回りを披露。これが決定打となって、見事にGGBoyZが優勝を手にした。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1 6:56:47より引用)

 
――あとばるさんはこの決勝の3試合はどのように見ましたか?
あとばる:3本目のコンブトラックは、完全にダイナモンがMVPでしたね。普通なら20秒切って2人落ちた時点で、GGBoyZの負けだったと思うんです。でも、2人少ない状況の中でもダイナモンが生き残って中央を維持し続け、なおかつ相手も倒しているので。
 これはもう「ダイナモンが勝たせた」と言っても過言ではないくらいのプレーでした。
 
――準決勝もそうですけど、ダイナモン選手の維持力は凄まじいですよね。
あとばる:塗りもするし、生き残るし。ダイナモンが崩れないからチームとして崩れ切らないみたいな。もちろん他のメンバーもかなり上手いんですけど、このコンブトラックに関して言えば、ダイナモンの凄さが光った試合でしたね。
 
――逆に言うと、ダイナモン選手をどうにかしないとGGBoyZは崩せない?
あとばる:まあ、ダイナモンを崩したからといって、他のメンバーも簡単に連鎖して崩れてくれるかと言われるとそうでもないんですけどね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1 6:56:25より引用)

 
――確かに個々の力が高いチームですもんね。
あとばる:だから、ジェットパックの直撃とかチャージャーの一撃といった、ちょっと想定外なキルが出ないとなかなか有利を取るのが難しい。たとえば、GGBoyZが負けた決勝のムツゴ楼の場合は、相手がジェットパックでうまくGGBoyZの選手を落とすことに成功して、残り30秒くらいまでにだいぶ塗りの有利を広げられたので、ラストで押し返されても塗り差で勝ったという試合だったんですね。
 そんな感じで、GGBoyZのペースを壊すような形に持っていかないと、勝つのは相当厳しいのかなと。
 
――そもそも人数不利になる場面が少ないですよね。誰かが落ちても、絶対にカバーで相手も1枚持っていくから。
あとばる:そうですね。すぐイーブンにしますからね。それが、いい意味で型にはめていないというか、全員が自由に動きつつ互いにカバーをしている。あと、チームとしての前線を押し上げる意識が強くて、基本的にGGBoyZ側の塗りが広がった有利な状態に持って行くことが多いので、即座に動いてカバーを入れやすいというのもあると思います。
 もちろん、それって個々の対面力の強さとか、視野の広さがあるからこそできることなんですけど……やっぱり強いですよね。
 
――甲子園を2連覇しているのもそうですけど、そう簡単にパニックにならないメンタル的な強さもありますしね。
れんぞーん:そうですね。みんなハートは強いと思います。
 
あとばる:弱気じゃないというか、ここ一番での勝負所にめちゃくちゃ強いという印象がありますね。
 
――今回の関東地区大会を見ても、やはりGGBoyZは全国でも優勝候補の筆頭といえるチーム?
あとばる:もちろんそうですね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1 6:56:57より引用)

 
――そんな中でも、あとばる選手から見てGGboyZの死角というか、「こういうことをやったら崩せるんじゃないか」というポイントはあったりしますか? 
あとばる:死角……そうですねえ。死角というほどではないんですけど、たまにダイナモン選手がけっこう前に突っ張ってくることがあって、そこを狩れたときはだいぶ楽になりますね。なので、「けっこう無茶してきてるな」ってときは、できるだけ逃さないように意識して狙うようにはしています。
 
――そこでうまく狩れれば、自分たちに有利な局面に持って行きやすい。
あとばる:そうですね。ワンチャンス作れるきっかけになる、というのはあります。
 

ナワバリには自信があった

――ちょっと時間が経ちましたけど、改めてれんぞーん選手は優勝してみての心境はいかがですか?
れんぞーん:嬉しいのと同時に、安心したという気持ちがありますね。やっぱり助っ人としての重圧が凄くて……気持ち的にも「もし負けたらどうしよう」ってのが大きかったので。
 
あとばる:そうですよね。
 
――それでも助っ人を引き受けようと思った一番の要因はなんだったんですか? もし負けてしまったら、どうしても前と比較されてしまうわけじゃないですか。
れんぞーん:もちろん、比較されるのは自分でも分かっていましたし、最初にお誘いを頂いたときは「俺でいいの!?」という気持ちもあったんですけど、最終的には「まあ、勝てばいいか」という感じで。
 僕自身、ナワバリは一番好きなルールなので、ナワバリの大会でこのメンバーと一緒にチームを組めるなら、そこはもう受けるしかないなと思って。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1 6:57:13より引用)

 
――ナワバリにはかなり自信があった?
れんぞーん:そうですね。これが他のルールだったら正直、断っていたと思います。さすがにちょっとキツイですねという感じで。でも、ナワバリだったらこれは行くしかないと。
 
――まったく知らない間柄ではなかったと思うんですけど、メンバーとのコミュニケーションは最初からうまく取れましたか? 
れんぞーん:たいじさんはたぶん、僕のこと最初は知らなかったと思うんです。名前は知っている程度で、特に絡んだりしたこともないので。でも、みんな普段通りの感じで話してくれたので、すごく入りやすかったですね。
 
――ここはこうしてほしい、ああしてほしいみたいなことは、けっこうお互いにどんどん言い合って連携を高めていった?
れんぞーん:いえ、僕たちはわりと感覚でやるタイプで、お互いに話すというよりはとりあえずやってみて、上手くいかなかったら直すくらいで。みんなやりたいことをやって、その中で互いにカバーを入れる感じというか。けっこうみんな感覚で動いていますね。
 
――もうそれくらいできる4人ということですよね。お互いの動きを見てやっていけば、自然とフィットしてくるという。れんぞーん選手自身、連携などの面で特に大変だったということはほぼなかった?
れんぞーん:そうですね。最初の対抗戦で強いところを相手に勝ち越しできたので、初めから「けっこういい感じだね」というのはあって。初参加の自分にもしっかり合わせてくれるから、みんなすごいなと思いながらすんなり入れました。
 

【今回のまとめ】
・決勝3本目のコンブトラックはダイナモン選手がMVP!
・全国決勝大会でもGGBoyZはもちろん優勝候補の最右翼!
・れんぞーん選手は最初からチームにフィットしていた!

 
次回も引き続き、あとばる選手とれんぞーん選手の対談をお届け!全国大会に向けての意気込みや、気になるライバルチームについて聞いていくぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は4/7(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)