• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~4~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~4~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×れんぞーんが語る新制GGBoyZと関東地区大会DAY1~4~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×れんぞーん 第4回】

あとばる×れんぞーん対談も今回がラスト。
 
最後は『スプラトゥーン』が上達するために必要なことや、全国大会に向けての意気込みを聞いていくぞ。
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」関東地区大会 DAY1

 
れんぞーん選手が所属するGGBoyZが優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
れんぞーん
「スプラトゥーン甲子園」2連覇中の絶対王者GGBoyZに助っ人として加入した新メンバー。加入後、初のオフライン大会となった「第5回スプラトゥーン甲子園2020  関東地区大会DAY1」では、“絶対王者の助っ人”という重圧を感じさせない、安定感抜群のプレイングでチームの優勝に貢献。「新制GGBoyZに死角なし!」というところを見せつけた。昨年の「第4回スプラトゥーン甲子園」では別チームで全国決勝大会出場しているほか、フェスでも幾度となく一傑を獲得。GGBoyZの助っ人として申し分ない実力と実績を持つ超一流のプレーヤーだ。当然、全国決勝大会でも要注目の選手のひとりである。

 

Xパワー2800越えの達人が語る、「上達に必要なこと」とは?

――れんぞーん選手はXパワーが全ルール2800越えで、フェス一傑も何度もとっています。れんぞーん選手は『スプラトゥーン』が上手くなるためには、どういったことを意識することが必要だと思いますか?
れんぞーん:やっぱり、諦めないでずっとやることですね。Xパワー2800とまではいかなくても、ある程度までは自分のやりたいことを通せればいけると思うので、そのための自分の動きを作ることが大切なのかなと。
 
――自分のやりたいプレーを考えて、それを実践できるようにするということ?
れんぞーん:そうですね。毎回、バラバラの動きをしても、自分のやりたいことを通すにはどうすればいいかを常に考えていく。あとは、なぜ勝てないかを考えたりとか、そういうことが大事かなと思います。
 
あとばる:ちょっと聞きたいんですけど、イカニンリールガン(リールガンでギアにイカニンジャのギアを付けた状態)って動きやすいですか?
 
れんぞーん:自分的にはすごく動きやすいですね。
 
あとばる:それでXパワー2900とかいってましたよね。
 
れんぞーん:はい。リールガンって前線にもいけなくもないけど、そこまで前線力があるわけではないので、それをカバーするためにイカニンジャを積んで、ゴリ押しで前に進めるようにしたという感じで、かなり動きやすいですね。
 
あとばる:イカ速度アップのギアは積んでます?
 
れんぞーん:イカ速度アップは1積んでいますね。
 
あとばる:なるほど。リールガンって、けっこう姿を晒して戦う系のブキだと思ってたんで、「イカニンジャ!?」という感じではあったんですけど、そのほうが動きやすい?
 
れんぞーん:ガチエリアはけっこう前に詰めないと試合の流れを相手に持っていかれちゃうので、それをカバーするために、いかにゴリ押しするか。けっこうチャージャーとかクーゲルシュライバーがキツイので、それに詰めるためのって感じです。
 
あとばる:なるほど。自分も使ってみよう。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1 6:55:07より引用)

 

ファンに「メンバーが代わったから負けた」という思いをさせたくない

――ほかの地区大会もだいたい代表が出揃っていますが、現段階で特に注目しているとか、警戒しているチームはありますか?
れんぞーん:対抗戦でもよく相手をしているDetonatioN Gaming(以降、DNG)と、あとは月下雷鳴ですね。月下雷鳴は今、かなり強いメンバーが揃っているので。この2チームはかなり警戒しています。
 


▲DetonatioN Gamingは有名プレーヤーが揃うプロチーム。全国大会でも優勝候補といえる強豪だ。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY2 5:28:43より引用)

 
――それぞれ近畿地区大会のDAY1とDAY2を勝ったチームですね。確かにDNGも月下雷鳴も実績のあるメンバーが揃う強豪です。
れんぞーん:もちろん、どのチームも警戒はしていますけど、この2チームは対面力が本当に強いので、そこでゴリ押しされるとマズイというのもあって。
 
――あとばる選手は現時点で特に注目しているチームはありますか? GGBoyZは当然だと思うんですけど、それ以外だと。
あとばる:今、れんぞーんさんが挙げたチームと、前も言ったと思うんですけど、えびチリソースはこれまであまり手の内を見られていない上に、地区大会でのあの爆発力を見せられちゃうと、やっぱり気になっちゃいますね。
 


▲無名ながらNPBの優勝メンバーが揃うメキシコジャパンなどを破り、九州地区大会を制したえびチリソース。全国大会でも旋風を巻き起こすか?
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1 6:19:23より引用)

 
――最後にれんぞーん選手から、全国大会に向けての意気込みをお願いします。
れんぞーん:僕がGGBoyZとして甲子園に出るからには、なにがなんでも優勝したいですね。GGBoyZのファンの方に「メンバーが代わったから負けた」という思いをさせないためにも、頑張ってGGBoyZの3連覇を手助けできればいいし、僕としてももちろん優勝したいので、ぜひ応援していただけると嬉しいです。
 
――プレッシャーはありつつも、優勝への自信ももちろんあるという感じでしょうか。
れんぞーん:そうですね。ここでプレッシャーを感じない人はメンタルがとんでもないと思うので(笑)。
 
あとばる:実際、地区大会でもプレッシャーはすごかったと思うんですよ。もう見ていてこっちが胃、痛かったですもん(笑)。
 
れんぞーん:知り合いからも、同じようなことめっちゃ言われます(笑)。
 
あとばる:どうあがいても比較されちゃうじゃないですか。悪意はないにしろ。そういう意味でも勝ってよかったなって思って。俺なら、たぶんお腹を壊すレベル(笑)。
 
れんぞーん:元々のメンバーである、やまみっちーさんが本当に誰から見ても最強だったので、そこで比較されちゃうのはしょうがないと思っていて。だからこそ、地区大会は勝ててよかったです。
 
――みんな「新体制のGGBoyZはどうなんだろう」と思いながら今大会を見ていたと思うんですけど、蓋を開けたら見事に強かったですからね。
れんぞーん:みんな本番に強いんですよ。去年の第4回甲子園も会場でGGBoyZが優勝した試合を見て、本番での勝負強さというのをすごく感じたんです。まさか、その1年後に自分がチームメンバーになっているとは、想像もしていませんでしたけど。でも、今回メンバーとして入ってみて、改めて「本当にこのチームは本番が最強なんだな」ということはすごく思いましたね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1 7:10:22より引用)

 
――去年の甲子園はれんぞーん選手も別チームで出場していたわけですけど、そのときはGGBoyZのメンバーとなにか会話したりとかは?
れんぞーん:いや、その頃は話かけることもできなかったですね。自分はとくに有名なプレーヤーというわけでもなかったですし……。それが今は一緒に全国大会に出場できるというのは、夢でも見ているのかなというくらいの感覚ですね。
 
――そのくらいの存在のチームってことですよね。
れんぞーん:やっぱり甲子園を2連覇しているチームですからね。だからこそ、3連覇を達成できるように、自分の持てる力を全力で出せればなと思っています。
 

【今回のまとめ】
・上達のためには、自分のやりたいことを通すにはどうすればいいかを常に考えていくことが大切!
・GGBoyZは本番で最高のパフォーマンスを発揮できるチーム!

 
次回はナワバリバトルの定石を覆した、あのプレーヤーが対談に登場! 一体誰が登場するのか? 次回もお楽しみに!
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は4/14(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)