• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第13回 おい! 鈴木!!
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第13回 おい! 鈴木!!

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第13回 おい! 鈴木!!

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第13回 おい! 鈴木!!


 

“釣り”のあるある

突然ですが、『あつまれ どうぶつの森』でプレイヤーが熱中しているもの、ベスト3を発表します!!
 
いや、アンケートとか調査とかしたわけじゃなく……俺のカンによるベスト3です!!
 
「そんな序列に、なんの意味が!?w」
 
と戸惑われても、いっさい無視して発表いたします!
 
まず、第3位!!
 

ガーデニング


 
デター!!w マイホームの中だけでなく、島そのものをガーデニングで彩ってしまおうという、ある種、天地創造的なゴッドな遊び!! コレをやり出すとキリがないッ!!!(テンション高いな)
 
続けて第2位!!
 

マイデザイン


 
デマシターーー!!!ww プレイヤーが任意で、好きな柄のコスチュームやらラグやらをデザインしちゃおうという第二次産業的なお楽しみ!! その手法は、懐かしのドット!! いま世界に、にわかドット職人が増殖中ときたもんだッ!! はぁはぁ。
 
そして……気になる1位はもちろんコレ!!
 

釣り


 
やっぱりキターーーー!!!www 『どうぶつの森』シリーズの普遍的な遊び要素のひとつ!! 季節や天気によって、釣れる魚はさまざま! スーパーレアなお魚も稀に釣れることがあるので、SSR好きのギャンブラーやコレクターは、もう釣りしかしていない! 全国の『あつ森』プレイヤー、オール魚紳さん化!! オール阪神魚紳!!!
 
……とまあ、こんな感じで“釣り”が不動の1位になっているのです。
 

釣りの魅力

そんな釣りだが、御多分に漏れず、俺も大好きである。
 
群馬のド田舎で少年時代を過ごしたので、釣りはつねに“ふつうの風景”として傍らにあったし、オヤジと実兄が頭に“バカ”が付くほど釣りバカだったので(それだとバカ釣りバカになっちゃうけど)、影響された俺もそれなりにたしなんでいた。川釣りオンリーだったけどさ。
 
なので『あつ森』においても、俺のプレイスタイルはかなり釣りに寄ったものになっていると思う。割合的に、
 
釣り:6
虫とり:2
その他:2

 
↑これくらいか。一部の人が熱狂しているマイデザインについては、まだ一度もやっていない。それくらい、『あつ森』の釣りは楽しい。
 
何が楽しいかって、前述の通り季節などの条件によって釣れる魚が変わってくることだ。
 
とくに……雨の日。
 
しとしとと雨が降る陰鬱とした海には……稀に“生きた化石”と呼ばれる怪魚が現れることがあるという。
 
その日、俺は必勝の決意を胸に浜に出ていた。
 
「今日こそは絶対に、“あいつ”を釣りあげてやる……!!」
 
雨の日を狙って海に出るのは……今回で何度目だろうか。いい加減“オケラ”(釣果がゼロのこと。“ボウズ”とも言う)には飽き飽きしている。とっとと決着をつけてやるぜ!!
 

スズキさん

俺は、大きめの魚影を見つけるたびに釣り竿を振るった。
 

 
狙いの生きた化石はかなりの大物なので、生半可な大きさの魚影ではその段階で“ハズレ”となるから。
 
するとまもなく……!
 

 
「お!! キタキタ!! フィッシュオン!!」
 
さっそく目的達成か!? と色めき立っていたものの。
 

スズキ~~~ん……w
 
「なーんだ、スズキか。こいつも魚影が大きいから、よく間違えて釣れちゃうんだよね^^;」
 
そっかそっか、仕方ない仕方ない……とつぶやきつつ、スズキを優しくリリース。さあ、つぎだつぎだ。
 
するとまもなく、2匹目の大物もフィッシュオンする。
 
「おし!! 今度こそ本命だろ!!!」
 
期待を込めて見つめていると……!
 

スズキ~~~ん……www
 
「あれ。またオメーかよw いいんだよ、スズキさんはw」
 
3投目。
 

スズキ~~~ん……wwww
 
「ちっ……。連続スズキか。もういいっちゅーねんw」
 
4投目……。
 

スズキ~~~~ん……wwwww
 
いい加減、やさぐれてくる。
 
「おいおい……! もういいわ! もうスズキはいいから!! ちょっと海の底でおとなしくしてろや!!」
 
そして、5投目……。
 

スズキ~~~~~ん……wwwww
 
「うわああああああ!!! この海、鈴木(鱸)しかいねぇぇえええ!!!」
 
その後も、釣りも釣ったりスズキばっかり15匹^^;;;
 
ポケットをパンパンに膨らませるスズキの大群を見て、俺は小さくつぶやいた。
 
「さすが……全国1位の苗字だけあって、数が多いなスズキさんは……((((;゚Д゚)))」
 
おしまい。
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

 

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

▲第2回
ナゼ、かぶるのか

▲第3回
島の名前問題、勃発!

▲第4回
リセマラで星を得る話

▲第5回
初めてのお出かけ

▲第6回
冨〇義勇もどきと冒険に

▲第7回
闇夜の恐怖

▲第8回
もう輪廻転生の呪いだろ……

▲第9回
青空水族館、爆誕!

▲第10回
闘将(たたかえ)! 辮髪戦士!!

▲第11回
タランチュラ島の激闘(1)

▲第12回
タランチュラ島の激闘(2)

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)