• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第16回 またカモか!
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第16回 またカモか!

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第16回 またカモか!

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第16回 またカモか!


 

どんな住人が来ましたか?

この記事を読まれている方には釈迦に説法かと思うが、『どうぶつの森』シリーズはの楽しさのひとつは、ともに暮らす住民(どうぶつ)たちとのコミュニケーションにある。
 

 
他愛のない会話をするだけでも十分楽しいのだが、ときにはプレゼントをしてくれたり、
 

 
ときにはDIYのレシピを教えてくれたりするので、決して無下にすることはできない。
 

 
リアルなご近所づきあいと同様、隣人関係は大切にしないといけないのである。
 

猫を求めて

さて、そんな住人たちだが、順調にゲームを進めていれば、じきに5人に増えることになると思う。
 
最初にプレイヤーといっしょに移住してきた2匹と、追加で移住してくる3匹ね。
 
当面は、このメンバーで島の開拓をしていくことになると思うのだ。
 
しかし。
 
当たり前のことだが、プレイヤーによって、やってくるどうぶつはまったく違う。このランダム性こそ、『どうぶつの森』にドキドキとワクワクを振りかける格好の調味料なので、誰が来ようが甘んじて受け入れるのが正しい行動だと思う。だってどのどうぶつも、
 
「キミの島で、いっしょに暮らしたいんだ!!^^」
 
と、希望に目をキラキラさせながら移住してくるわけだし。それを拒むなんてヒドいこと、そうそうできるものではない。
 
が。
 
猫好きな俺としてはやはり、
 
「猫系のどうぶつが、たくさんやってこないかな~^^」
 
という淡い期待を抱いている。同じように犬好きの人は、
 
「住民は、犬ばかり揃えたい!」
 
と、強く思っているはずだ。
 
それなのに……! 嗚呼それなのに!!><
 

カモの島

我がルナステラ島の最初の住人に、猫系のどうぶつはいなかった。なので、つぎの移住者に期待を抱かざるを得ない。
 
「神様!!>< どうか猫を派遣してください!!」
 
そう願いながら、3匹目のどうぶつを迎え入れたところ……!
 

 
トリ~~~ん……www
 
「う……! ま、またカモが来た……」
 
じつは最初の住人にもカモがいたので、これで3匹中2匹がカモということに……。
 
しかも。
 
「つぎこそは、猫を!!!><」
 
床に頭をこすりつける勢いで祈願していたにも関わらず……。
 

 
トリ~~~ん……www
 
ぐはああああ!!! ま、またカモが来たぁぁぁああああ!!!><
 
な、なんとこれで、4匹3匹がカモという驚異のカモ率!! 俺、フォアグラが大好きで、人生で500羽分くらい食べてきたと思うけど、いまになってその呪いが発動しているのかもしれんわ……。
 
ちなみに。
 
「カモはやめろよ!! もうカモはいらんからな!!」
 
とわめきながら迎えた3匹目の移住者は……!!
 

 
コアラ~~~ん……www
 
……って、そこはネタ的にカモ引いとけよ!!!(怒)
 
それでも、我が島のカモ率が高いことには変わらない。この事実を、
 
「うちに島さぁ……カモだらけなんだよ……」
 
と同僚のたっちーに愚痴ったところ、
 
「何それウケるwww カモだらけの島、見せてよwww」
 
というので、我が鳥小屋島を見せたところ……。
 
「……ん? どこにカモいんの? 1匹も見当たらないけど?」
 
なんて、不思議なことを言うではないか。「ええ!?」と驚いて俺は言った。
 
「そんな馬鹿な!! ヒノコ、アンチョビ、ナッキー……って、みんなカモだろ!?」
 
するとたっちー、「あはははは!!」と笑いながら、衝撃的なことをのたまった。
 
「それ、ヒノコはヒクイドリ、アンチョビはスズメ、ナッキーはアヒルがモチーフだろ?www カモなんて1匹もいねえwww」
 
そして、つぎのようにトドメを刺したのである。
 
「……まあなんにしても、キサマの島がトリの楽園であることはわかったwww そこで、トリとともに暮らしてくれwww」
 
なお……。
 
唯一、我が島にいる“猫系”のどうぶつは↓この方であります……。
 

 
猫科のライオン……っていうか、完全に獅子……w
 
続く。
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

▲第2回
ナゼ、かぶるのか

▲第3回
島の名前問題、勃発!

▲第4回
リセマラで星を得る話

▲第5回
初めてのお出かけ

▲第6回
冨〇義勇もどきと冒険に

▲第7回
闇夜の恐怖

▲第8回
もう輪廻転生の呪いだろ……

▲第9回
青空水族館、爆誕!

▲第10回
闘将(たたかえ)! 辮髪戦士!!

▲第11回
タランチュラ島の激闘(1)

▲第12回
タランチュラ島の激闘(2)

▲第13回
おい! 鈴木!!

▲第14回
匠の部屋(1)

第15回
匠の部屋(2)

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)