• TOP
  • スクープ > 究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(2)
  • TOP
  • スクープ > 究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(2)

究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(2)

究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(2)

マイデザインでオシャレな着物を作る

ありものの服じゃなく、自分でデザインしたこだわりの衣装をまといたい!!
 
そんなオシャレさんの欲求を満たしてくれるのが“マイデザイン”です。服の型紙の上にみずからドットを打つことで、オンリーワンな絵や模様をプリントした服を作ることができるという、ハマってこればかりに没頭してしまう人が続出しているという魅惑のシステムなのです。
 

 
前回の記事では、マイデザインの大まかな使い方を明記しました

究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(1)

今回はそこから1歩進んで、春らしい色味の“和服・着物”をデザインしてみます!

着物をデザインするには?

順を追って説明しますので、ぜひ『あつ森』で“マイデザインPROエディタ”を開き、ご自身でもお試しになってみてください。
 
1.型紙を決める
 

 
まずは、服の型紙を決めます。今回は和服なので、“ワンピース”の中にある“ローブ”を選択してください。
 
2.大まかな色味を決める
 

 
続いて、生地の大まかな色味を決めます。ただ、マイデザインPROエディタは自由に色を調整できるので、あまり深く考えなくても大丈夫。
 
3.色を用意する
 

 
作業効率を上げるための、地味だけど効果的な方法のひとつは、頻繁に使う色をあらかじめ用意しておくことです。さらに言うと、今回の和服は春らしく桜色を基調にするのですが、微妙に色味が違う数種類の桜色を準備していくと細かな部分の色味調整がグッと楽になります。
 

 
今回は、頻繁に使う桜色系、茶色系、グレー系の色を、少しずつ色味を変えて用意しておきました。
 
4.全体の色を塗る
 

服の中でもっとも大きな面積を取る色を、“すべて塗りつぶし”を使って全体に塗布しちゃいます。絵を描くとき、最初に下地の色を全体に塗ると思いますが、アレと同じと考えてください。
 
ここまでが、ベースを作る作業です。

細かな部分をデザインする

ベースができたら、細かな箇所をデザインしていきます。
 
5.羽織部分を作る
 
今回は、着物の上に羽織をつけたデザインにしたいので、羽織部分を作ります。
 
まず、羽織の色を決めたら、“ラインツール”を使って羽織にあたる部分の枠を引いていきます。
 

 

 
茶色のラインで囲った部分が羽織になります。ここで“塗りつぶし”を選択して、
 

 
同じ色をラインの中にドバーッ!
 

 
逆側も同じ作業で塗りつぶし、さらに微妙に色味が違う茶色を選択して↓このようなラインを引いてみます。
 

 
さりげない模様がオシャレでしょう。
 
6.襟と帯をデザインする
 
ここから、細かな作業になります。
 
まず白系の色を選択し、襟の合わせ部分と帯を作っていきます。
 

 

 
和服の帯なので、位置は上のほうに。画面左の完成予想図を見ると、すでに立派な和服になっているのがわかると思います。
 
ちなみにこういった作業は、見本を見ながらやるのが圧倒的に楽です!! 脳内に曖昧に存在する和服のイメージだけだと、まずここまでそれっぽくできないので!
 
7.帯の模様をつける
 
作業はさらに緻密に。帯や帯紐などを、見本を見ながらつけていきましょう。
 

 
8.着物の模様をつける
 
さて、今回の作業のクライマックス。着物の模様描きです。
 
前回の記事で、ツールに入っているスタンプの機能を使ってハート模様のTシャツを作りましたが、
 

 
簡単な作業に徹したいなら、スタンプを使うのもオッケーです。
 
でも今回はあえて、幾何学的な模様を描いてみます。
 
と言っても作業自体は難しくなく、画面左の完成予想図を見ながら、ポチポチとドットを打つだけ。
 

 
この際、ベースの着物より若干暗め(もしくは明るめ)の色を使うと、主張しすぎない模様になって完成形がキレイになります。
 

 
↑こんな感じになりました。
 
9.裾を作る
 
続いて、着物っぽさを演出するために、足元の裾(合わせ)もデザインします。ここは、襟を作ったときに使った白系の色でチャチャっと。
 
まず、羽織を作ったときと同様にラインツールで囲んで……。
 

 
塗りつぶしで、一気に白に。
 

 
さらに、立体感を出すために、灰色で合わせ部分を成型しました。
 
10.着物の裏を作る
 
さあ、あと少し! 表が完成したらRスティックを押し込み、着物の裏側を表示させます。
 

 
この部分は羽織なので、表で使った茶色で一気に塗りつぶし!
 

 
11.袖を作る
 
いよいよ最後の作業。袖を作ります。
 
やることは着物の裏と変わらず、羽織で使った茶色を選択して全面的に塗りつぶせばオッケー。
 

 
左右どちらも実行します!
 

 
これで、ついに……!!
 

 
春物の着物、完成しました!

着替えてみよう!

せっかく作ったので、身に付けてみましょう。
 
マイデザインを立ち上げて、作ったばかりの着物を選択。
 

 
すると……!
 

 
かわいいおばあちゃん、爆誕!!w
 
意外と簡単だったでしょ??
 
マイデザイン講座、まだまだ続きます!

関連記事
【月コロ5月号特報】”コロコロ島”ガシガシ発展中! 4コマまんが付きで『あつまれ どうぶつの森』超特集!!

関連記事は下記をクリック!

大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)