TOP ニュース 【あつ森】究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(4)
ニュース

【あつ森】究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(4)

TwitterFacebookLine

新機能“フェイスペイント”を使う

 
『あつ森』の女性ユーザーを中心に大ブームとなっている“マイデザイン”。ここまで、その使い方・ノウハウをわかりやすく解説する“マイデザイン講座:初級編”を書いてきましたが、

究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(1)
究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(2)
究極のコーデは“マイデザイン” オシャレな服の作り方講座:初級編(3)

初級編は……今回でラストかな!?
 
マイデザイン自体は過去の『どうぶつの森』シリーズにもあったわけですが、この『あつ森』では新たに“フェイスペイント”という機能が搭載されています。読んで字のごとく“顔にペイントを施す”という、言ってみれば“お化粧”のシステムです。
 
今回は、使い方次第では非常にバラエティーに富んだ遊びができる“フェイスペイント”の基本と神髄(?)をお教えいたしましょう!
 

ペイントの位置を覚えること!

 
フェイスペイントは、マイデザインで行います。マイデザインPROエディタのほうじゃないのでご注意を。
 

 
キャンバスを開くとこんな感じ。
 

 
……でもこれだと、顔のどこにペイントが施されるのか、よくわかりませんね。
 
そこでXボタンを押してツールメニュー(右の2列のメニュー)にし、“プレビュー切り替え”を選択します。すると、
 

 
画面左下のプレビューが、人の顔になったのがわかると思います。その上に湿布のようなものが貼られていますが、ここがフェイスペイントが施される場所になるんです。
 
では、わかりやすく色分けしてみます。まず、向かって左側を赤に。
 

 
向かって右側を青にします。
 

 
さらに、顔の上部を黄色に。
 

 
黄色く塗った箇所の下3分の1を、さらに色分けしてみます。
 

 
眉毛のあたりを緑と黒にしてみました。この状態で保存し、顔に貼り付けてみると……!
 

 
こんな感じになります! これで、施したペイントがどこに入るのか一目瞭然ですね!
 

“透過”を使いこなそう

 
この結果を受けて、
 
「さっそく、ほっぺに赤くペイントを入れてみよう! サッカーのサポーターみたいにさ!」
 
ということで、ほっぺにあたる部分に赤の模様を入れてみました。
 

 
……でもこれ、失敗なんです。顔に反映させてみると……!
 

 
うは!!! 湿布が貼ってある!!!www
 
そうこれ、キャンバスの白地がそのまま残ってしまっている状態なんです。
 
コレを避けるためには“透過”という色(“機能”かな)を使います。いわゆる“透明”ですね。
 
画面上部の色選択でいちばん右、白に斜線が入っているのが透過です。
 

 
これを、“すべて塗りつぶし”を使ってキャンバス全体に敷き詰めます。
 

 
その状態で、先ほどと同じく赤い模様を入れて保存。
 

 
顔に付けると……!
 

 
ご覧の通り、湿布が消えました!!
 
ちなみに、透過状態で模様を描き、はみ出したところを修正するとします。
 

 
修正って、なんとなく“白”でやってしまいがちなんですが、そうすると……!
 

 
白が残ってしまう!! つまり修正も、透過でやらなきゃいけないわけですね。キチンと直すと、
 

 
違和感のない眉毛となります。
 

一度覚えれば簡単です

 
模様が入る位置と透過さえ覚えれば、フェイスペイントはほぼマスターしたと言っても過言じゃないかもしれませんよ!
 
いろいろ試してみましょう。
 
先ほどの太い眉に、不釣り合いなナルト模様をペイント。
 

 
これを顔に貼ると……!
 

 
おおおww 凛々しいwww
 
さらに、↓こんな模様を描いてみました。
 

 
雲と山……? これを顔に貼ると……!
 

 
ロマンスグレーの粋な老紳士の完成!!
 
もういっちょ、↓こんなものも作ってみました。
 

 
これを顔に貼れば……!!
 

 
サバゲーにピッタリ!? 迷彩柄フェイスペイントの完成!!
 
以上、フェイスペイント講座でした!

関連記事
【月コロ5月号特報】”コロコロ島”ガシガシ発展中! 4コマまんが付きで『あつまれ どうぶつの森』超特集!!

関連記事は下記をクリック!

大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine