TOP ニュース 今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑨『龍が如く7 光と闇の行方』!!
ニュース

今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑨『龍が如く7 光と闇の行方』!!

TwitterFacebookLine


 
ゴールデンウィーク真っただ中ですが、新型コロナウイルスの影響もあって自宅待機をしている方がほとんどのはず!
 
そこで!
 
今年のGWは……“ゲームウィーク”だ! 自宅でできる最強レジャー、テレビゲームをとことん楽しんじゃおう!!
 
ということで、コロコロオンラインの在籍ライターがオススメタイトルを厳選! 本日より約2週間にわたり、毎日更新でゲーム紹介いたします! ……しかもプレゼント付き!!
 
最後までキッチリと読んで、ぜひ応募してみてください!
 

近年のベストゲームのひとつ!

ゲームを遊んでいると、たま~にだがつぎのように思うことがある。
 
「このゲーム……もしも俺がクロスレビューを担当していたら、何点つけるかなぁ」
 
と。クロスレビューというのはゲームファンにはいわずもがな、俺の古巣であるファミ通が誇る採点システムのことで、10点を満点として4人のレビュアーが点数をつけている。
 
俺はファミ通にいた20数年間で一度もクロレビを担当しなかった……という稀有な人間のひとりなのだが、好みのゲームに出会うたびに、上記のような「何点かなぁ」という採点モードになるのである。
 
さて、そこで今回のテーマである『龍が如く7 光と闇の行方』だ。
 

 
『龍が如く』シリーズは、スピンオフも含めてすべて遊んでいるほどの大ファンなのだが、だからといって簡単に、10点満点がつけられるものでもない。
 
とくに『龍が如く7』は、アイデンティティーでもあったバトルシーンのアクションを捨て、コマンド選択式に大きく舵を切ってしまっている。
 
俺は、並の格闘ゲームでは太刀打ちできないほど作り込まれたアクションシーンが好きだったのだ。
 
ストレス発散も兼ねて、神室町のワルどもをボッコボッコにシバキ倒してやりたかったんや!!!><
 

 
最初から取り返しがつかなそうな“マイナス加点”を背負い、「あーあ……。なんでアクションを捨てたのかねぇ……」なんてブツブツ文句をたれながら遊ぶこと……数時間。
 
「……よし、わかった。よーくわかった」
 
俺はしかつめらしい顔でウンウンと頷きつつ、密かに考えていたレビューの点数を誰にともなく発表したのである。
 
「10点。コレ、間違いなく、『龍が如く』史上最高傑作だわ」
 
ハイ、あっさり10点満点www バトルシーン、こっちのほうがぜんぜん好きでしたスミマセンwww
 

 

和製オープンワールドの傑作

というわけで、近年遊んだゲームの中で間違いなくトップクラスのおもしろさを誇る『龍が如く7 光と闇の行方』を、このプレゼント企画でも大々的に推してしまいます!!
 

 
ストーリーも、キャラクターも、前述のバトルも、やり込み要素も、バランスも、すべて「すばらしい!!!」と手放しで激賞したくなる最高の出来!! いやまさか、これほどにまで作り込まれているとは思わなかったわ……。
 
もちろん、登場人物的にシリーズの流れを汲んでいるので、過去作を知っていたほうが楽しめるのは間違いない。ストーリーの要所で何度も、
 
「こ、このへんであの人が出てきたりしたら……って、やっぱ出ますよねえええアナタは!!!www」
 
↑こんな、シリーズものの映画を観ているかのような感動に遭遇したからなw 多少なりとも、予習はしておいたほうがいいのかもしれない。
 

 
でも!!
 
たとえシリーズ未プレイでも、名物キャラを知らなくても、神室町に行ったことがなくても(ゲーム内の話ね)、『龍が如く7』は触れるに値すると断言する。
 
「そんな些末なことはどうでもいいから、とにかく一度遊んでくれ!!」
 
そう強く言いたい。遊ばないと損するレベルであるよ。
 
ゲームは、横浜、大阪、神室町を舞台とした和製オープンワールドで、ドラマチックなストーリーを背景にしつつもいろいろな寄り道をし、ミニゲームを遊び、登場人物たちの物語を堪能する……という王道な造りとなっている。
 
ファンタジー世界を舞台にしたオープンワールドに二の足を踏んでいる人でも、馴染みある現代日本で遊べるコレだったら、きっとすんなりと入ってこれるに違いない。
 
ボリューム的にも、『龍が如く7 光と闇の行方』は長い休みにピッタリなので、ぜひとも手に取ってプレイしてみてほしい。きっと、
 
「……『龍が如く』の過去作も、遊んでみようかな」
 
そんな気分にさせられると思うので。
 

【ギフトカードプレゼント企画‼︎】
特集企画「今年のGWは“ゲームウィーク”!」の記事を読んでくれた読者のなかから、ゲームの購入に使える各種ギフトカードをプレゼント‼︎‼︎
 
どのハードでも楽しんでもらえるように、「ニンテンドープリペイドカード(1万円分/2名)」「プレイステーションストアカード(1万円分/1名様)」「Amazonギフト券(1万円分/1名様)」を用意したぞ‼︎
 
応募するには、16日まで毎日更新される記事のなかから、隠された合言葉を見つける必要がある‼︎ 合言葉はギフトカード1枚ごとに異なるので、お目当の合言葉を探してほしい! 合言葉の発表は1ギフトカードにつき1回あるので、チャンスは全4回‼︎ もちろん、すべてのギフトカードに応募するのもOKだ‼︎
 
さぁ、キミはどのおすすめゲームをプレイする!? 今こそ遊んで、楽しい気持ちで毎日を過ごしてほしい‼︎‼︎
 
■応募方法
(1)コロコロ公式Twitter(@corocoro_tw)をフォロー
(2)ハッシュタグ「#コロコロオンライン」と「#(※合言葉)」を入れてツイート
※一度のツイートに入れる合言葉は1つまでにしてください。1つのツイート内に2つ以上の合言葉が入っている場合は対象外とさせていただきます。
※プレゼント企画には4回とも参加可能です。
※当選者にはDMを送りますので、フォローをお願いします。
※当選者の方は、DM上で送付先などのやり取りをさせていただきます。
※本企画にご応募いただいた皆様のプライバシーを尊重し、プライバシー情報を適切に扱うためセキュリティに最大限の注意を払います。ご記入いただいた個人情報は、賞品の発送への対応、問い合わせの対応、サービス向上・製品改良のための市場調査に利用する他、当社のプライバシーポリシー(http://www.shogakukan.co.jp/privacy_policy)に従い、責任をもって収集・利用・保護にあたります。

 
■投稿期間:2020年5月17日まで
 
■当選商品:「ニンテンドープリペイドカード(1万円分/2名)」
「プレイステーションストアカード(1万円分/1名)」
「Amazonギフト券(1万円分/1名)」
 
※当選者には、コロコロコミックのTwitterアカウント(@corocoro_tw)からDMをお送りさせていただきます
※Twitterの規約で13歳未満の人は利用できないので、かならず家族に投稿をお願いしよう!

 

作品概要
『龍が如く7 光と闇の行方』
対応機種:PlayStation®4
ジャンル:ドラマティックRPG
発売日:2020年1月16日(木)
価格:8,390円(税別)
プレイ人数:1人
発売・販売:株式会社セガゲームス
CERO:D区分(17歳以上対象)

©SEGA
 

今年のGWは“ゲームウィーク”!バックナンバーはこちら!

▲おすすめその➀
『ゼルダの伝説 夢みる島』

▲おすすめその②
『あつまれ どうぶつの森』

▲おすすめその③
『The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)』

▲おすすめその④ 『妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch』

▲おすすめその⑤
『Dragon’s Dogma DARK ARISEN(ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)』

▲おすすめその⑥
『Diablo 3 Eternal Collection
(ディアブロ III エターナルコレクション)』

▲おすすめその⑦
『FINAL FANTASY VII REMAKE
(ファイナルファンタジーVII リメイク)』

▲おすすめその⑧
『聖剣伝説3トライアルズ オブ マナ』

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine