TOP ニュース 今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑧『聖剣伝説3トライアルズ オブ マナ』!!
ニュース

今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑧『聖剣伝説3トライアルズ オブ マナ』!!

TwitterFacebookLine


 
ゴールデンウィーク真っただ中ですが、新型コロナウイルスの影響もあって自宅待機をしている方がほとんどのはず!
 
そこで!
 
今年のGWは……“ゲームウィーク”だ! 自宅でできる最強レジャー、テレビゲームをとことん楽しんじゃおう!!
 
ということで、コロコロオンラインの在籍ライターがオススメタイトルを厳選! 本日より約2週間にわたり、毎日更新でゲーム紹介いたします! ……しかもプレゼント付き!!
 
最後までキッチリと読んで、ぜひ応募してみてください!
 

3D・ボイス付きで生まれ変わった名作

「えっ、『聖剣3』がリメイク!?!?!?」
 
それは“Nintendo Direct 2019.9.5″での発表だった。ニンテンドーのスーパーファミコン(※今のNintendo Switchのような存在)が全盛期の頃、筆者は小学生。
 
遊んだスーファミのRPGは数知れず。そのなかでも、『クロノ・トリガー』『ドラゴンクエスト5』と並んで思い出深いのが、1995年に発売された『聖剣伝説3』だった。
 
同作では、6人の主人公からメインとなる1人と2人の仲間を選択して、自分だけのパーティーをつくる。
 
一人ひとりの主人公は、自分の力だけでは抗いきれない悲運に立ち向かうべく祖国を旅立った身。
 
そんな三者三様の運命が絡み合うことで物語の展開が変わっていく“トライアングルストーリー”が特長とあって、「ケヴィンの次はリース、その次はデュラン……」と何度も遊んだのが思い出深い。
 

▲ケヴィン(=左)とリース(=右)。仲間に選ばなかった残りのキャラも道中で出会うことができる

 
主人公たちの物語はもちろん、選択制のクラスチェンジによって大きく変わるビジュアルとキャラクター性能、主人公によって異なる強大な敵の存在も、コントローラーを何度も握るモチベーションとなった。
 
そんな「聖剣3」が、フル3D・ボイス付きになって最新ハードでよみがえるだなんて!! しかも、原作ではクラスチェンジが3段階目までしかなかったが、リメイク版では未知なる“クラス4”が存在するという。
 
その後、何度かリリース情報が更新されたが、最も筆者の目を引いたのが、各キャラクターのクラスチェンジ後の姿だ。
 
「うわあ! 穴が開くほど凝視していた攻略本のイラストが、フル3Dになっている!!!! ……おれ、絶対リース使う! 絶対にリース使う!!!! なに、この衣装!? この……もう!!! リースッッッ!!!!」
 

主人公選びという“ぜいたくな悩み”

——それから約半年の月日が流れ、2020年4月24日の発売日を迎えた。半年前からは想像できない時世になってしまったが、楽しみにしているゲームの発売が、いかに日々を生きる希望となったことか。しみじみとした思いでパッケージを手に取り、家への帰路を急ぐ。
 
ビニール袋から鼻息荒くパッケージを取り出し、包装されたビニールを爪(つめ)でカリカリと剥がしていく。まるで小学生の頃に戻ったかのようだ。
 
本作はPlayStation®4とNintendo Switchのマルチプラットフォームになっているが、自分は寝転びながらプレイできることに魅力を感じ、Nintendo Switch版を購入した。
 

▲シリーズの象徴とも言える“マナの樹”

 
カートリッジをNintendo Switch本体に差し込む。「SQUARE ENIX」のメーカーロゴと共に「ハァーーーー(キラキラキラキラ)」という神々しい音楽が流れた瞬間、「あぁ、マナの世界だ……。この一度聞いたら忘れられない音楽も『聖剣伝説』シリーズの魅力の一つなんだよな」と、テンションが上がっていった(※音楽の表現がヘタで面目ない……)。
 

▲マナの聖域が3Dで表現されている。感動……!

 
さあ、まずは主人公選びだ。健全なるエロ心で当初はリース一択だと思っていたが(※ファンの方すみません)、いざプレイするとなると、かなり悩んだ。
 
剣使いのTHE・主人公なデュランは王道だろう。強気な美少女の魔法使い・アンジェラも華があっていい。
 
夜になると獣人の姿に変身してボコスカ敵を殴るケヴィンも爽快だ。幼い少女(※……に見えるが14歳という設定)がモーニングスターで戦うというギャップがユニークなシャルロットは回復役に重宝する。
 
ダガー使いのホークアイは流麗な動きがかっこいい。リースはオールラウンダーだし、おまけにビジュアルがどストライクだ。
 

▲デュラン

 

▲アンジェラ

 

▲ケヴィン

 

▲シャルロット

 

▲ホークアイ

 

▲リース

 
カレーにするかラーメンにするか、それとも和食か中華か、はたまたイタリアンかフレンチか。キャラクター選びには、そんな楽しさがあるが、迷って迷って仕方がないので、スーファミ版で最初にプレイしたメンバーを選ぶことにした。
 
主人公にケヴィン、仲間にシャルロットとホークアイだ!
 

▲2周目はリース・デュラン・アンジェラでいく!!!!

 

空中攻撃と回避の追加でバトルがめちゃくちゃおもしろい

前置きが長くなってしまったが、ここからようやくプレイである。……おぉ、ケヴィンが喋っている! あー、この「てにをは」のないたどたどしい喋り方、イメージ通り!! 表情も豊かでいい。そして、戦闘モーションがめちゃめちゃかっこいい!!!!
 
「リメイク版は気になっているけど、全然情報を知らないんだよね」という人にまず伝えたいのは、多彩になった戦闘アクションだ。
 
本作では、ジャンプと回避行動ができるようになった。ジャンプ中に攻撃・回避をすることも可能で、飛んでいる敵を空中攻撃すると、地面に落ちて攻撃をたたみ掛けることができる。バトルの幅が格段に広がっているのだ。
 

▲空中攻撃。弱・強攻撃を組み合わせての連打が可能

 
戦闘モーションもかっこよく、ケヴィンの空中からのかかと落としなんて、惚れ惚れするほどだ。そんなわけで、戦闘が楽しいったらありゃしない。目に入った敵は片っ端から倒している。
 
ボス戦も3Dになったことで、迫力満点だ。あのボスやあの敵は、一体どんな風に表現されているのだろうかと考えるだけでワクワクする。
 

▲精霊の神々しい姿にうっとり

 
一方、フル3Dになったことで、街を探索するのを面倒に思う人もいるかもしれない。
 
自分もその傾向があるが、画面右上に表示されるマップが非常にわかりやすくつくられており、武器屋・防具屋・道具屋・次の目的地などが、一目で判断できるようになっている。
 
かといって、街の様子が簡素かといえばそんなことはなく、ちょっとした段差や路地の行き止まりに宝箱やアイテムが落ちており、探索する楽しみがある。
 

▲目的地はマップに「★」マークで表示される

 
音楽もいい。序盤に登場する黄金の街道で流れる「トゥットル、トゥル、トゥットル、トゥル、トゥットル、トゥル、トゥ〜〜〜🎵」(※プレイしている人には絶対伝わるはず!!)という弾むような音楽が、冒険するプレイヤーの心を高揚させてくれる。
 
作中の音楽は、当時の作曲家・菊田裕樹氏監修のもとアレンジされているとあって、サントラまで購入していたファンとしては、こんなにもうれしいことはない。
 

▲美しい風景と音楽が調和する。上記は夜になる直前の夕焼け

 
スーファミ版をプレイしたことのある人にとっては、「ニキータ、めちゃくちゃ顔デカイな!」「その移動方法は健在なのね!」などのツッコミどころも含めて、リファインされた数々の魅力を堪能できることだろう。
 
原作をプレイしたことがない人にとっては、最新ハードで表現を新たにした名作を楽しむ絶好のチャンス。
 
いわゆる“思い出補正”抜きにかーーーなり楽しんでいるので、家で過ごす時間の選択肢にぜひ加えてほしい!!
 

【ギフトカードプレゼント企画‼︎】
特集企画「今年のGWは“ゲームウィーク”!」の記事を読んでくれた読者のなかから、ゲームの購入に使える各種ギフトカードをプレゼント‼︎‼︎
 
どのハードでも楽しんでもらえるように、「ニンテンドープリペイドカード(1万円分/2名)」「プレイステーションストアカード(1万円分/1名様)」「Amazonギフト券(1万円分/1名様)」を用意したぞ‼︎
 
応募するには、16日まで毎日更新される記事のなかから、隠された合言葉を見つける必要がある‼︎ 合言葉はギフトカード1枚ごとに異なるので、お目当の合言葉を探してほしい! 合言葉の発表は1ギフトカードにつき1回あるので、チャンスは全4回‼︎ もちろん、すべてのギフトカードに応募するのもOKだ‼︎
 
さぁ、キミはどのおすすめゲームをプレイする!? 今こそ遊んで、楽しい気持ちで毎日を過ごしてほしい‼︎‼︎
 
■応募方法
(1)コロコロ公式Twitter(@corocoro_tw)をフォロー
(2)ハッシュタグ「#コロコロオンライン」と「#(※合言葉)」を入れてツイート
※一度のツイートに入れる合言葉は1つまでにしてください。1つのツイート内に2つ以上の合言葉が入っている場合は対象外とさせていただきます。
※プレゼント企画には4回とも参加可能です。
※当選者にはDMを送りますので、フォローをお願いします。
※当選者の方は、DM上で送付先などのやり取りをさせていただきます。
※本企画にご応募いただいた皆様のプライバシーを尊重し、プライバシー情報を適切に扱うためセキュリティに最大限の注意を払います。ご記入いただいた個人情報は、賞品の発送への対応、問い合わせの対応、サービス向上・製品改良のための市場調査に利用する他、当社のプライバシーポリシー(http://www.shogakukan.co.jp/privacy_policy)に従い、責任をもって収集・利用・保護にあたります。

 
■投稿期間:2020年5月17日まで
 
■当選商品:「ニンテンドープリペイドカード(1万円分/2名)」
「プレイステーションストアカード(1万円分/1名)」
「Amazonギフト券(1万円分/1名)」
 
※当選者には、コロコロコミックのTwitterアカウント(@corocoro_tw)からDMをお送りさせていただきます
※Twitterの規約で13歳未満の人は利用できないので、かならず家族に投稿をお願いしよう!

 

作品概要
『聖剣伝説3トライアルズ オブ マナ』
■発売日:2020年4月24日
■希望小売価格:5,980円+税(パッケージ版/ダウンロード版)、17,980円+税(聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ コレクターズ エディション)
■公式サイト:https://www.jp.square-enix.com/seiken3_tom/

© 1995, 2020 SQUARE ENIX CO.,LTD.
 

今年のGWは“ゲームウィーク”!バックナンバーはこちら!

▲おすすめその➀
『ゼルダの伝説 夢みる島』

▲おすすめその②
『あつまれ どうぶつの森』

▲おすすめその③
『The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)』

▲おすすめその④ 『妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch』

▲おすすめその⑤
『Dragon’s Dogma DARK ARISEN(ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)』

▲おすすめその⑥
『Diablo 3 Eternal Collection
(ディアブロ III エターナルコレクション)』

▲おすすめその⑦
『FINAL FANTASY VII REMAKE
(ファイナルファンタジーVII リメイク)』

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine