• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×Nうら うらちゃん♪が語る関東地区大会DAY2~5~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×Nうら うらちゃん♪が語る関東地区大会DAY2~5~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×Nうら うらちゃん♪が語る関東地区大会DAY2~5~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×Nうら うらちゃん♪ 第5回】

あとばる×Nうら うらちゃん♪ 対談もいよいよ今回がラスト。
 
最後は「第5回 スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会で注目しているライバルチームや意気込みなどについて聞いてみたぞ。
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」関東地区大会 DAY2

 
Nうら うらちゃん♪選手が所属するどんぐりーずが優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY2」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
Nうら うらちゃん♪
正確なエイムと相手のフイを突く立ち回りで、鮮やかに敵を倒す『スプラトゥーン』屈指のブラスター使い。「第5回スプラトゥーン甲子園」関東地区大会DAY2でもホットブラスターカスタムをメインで使用。塗り勝負のナワバリにおいてブラスターは不利とされながらも、ここ一番でしっかりとキルを取る見事な活躍でチームを優勝に導いた。本番での勝負強さにも定評があり、全国決勝大会でも大いに活躍が期待できるプレーヤーだ。

 

全国決勝大会での気になるライバルチームは?

――あとばる選手からNうら選手に聞いてみたいことはありますか?
あとばる:エリアの環境でブラスターってどうなんですか?
Nうら:ノヴァブラスターとラピッドブラスターベッチューはイカスフィアがあるし、スプラッシュボムとトーピードも優秀なので、このふたつはそこそこいけるんじゃないかなと思うんですけど、ホットブラスターはそんなに射程も機動力もないし、塗れないしみたいな。本当にマイナス要素しかなくて、自分ひとりじゃどうしようもないブキなんで、ガチマッチはちょっと厳しいかなとは思っていますね。
あとばる:やっぱブラスターは厳しいんですね。
Nうら:ガチマッチは厳しいですね。対抗戦は味方との連携があるので、それだったら全然いけると思っていますけど。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY2  7:06:50より引用)

 
あとばる:そうですね。チームプレーができる対抗戦はある意味、どんなブキでも使い道はありますもんね。
Nうら:やっぱりガチマッチって、ひとりでどうにかしないといけない試合がけっこうあるじゃないですか。そうなると、無敵のスペシャルとかサブとかが強くないときついなってのはすごく感じますね。
あとばる:なるほど。ありがとうございます。
 
――全国でライバルとなるチームのことも聞きたいんですけど、Nうら選手が特に注目していたり、警戒しているチームはありますか?
Nうら:けっこういるんですけど、Crown Huntはオフラインでもバンバン当ててくるくらい、かなり落ち着いたチャージャーがいるので嫌ですね。
 


▲北海道地区大会 DAY2 を制したCrown Hunt。大会前からその実力が高く評価されていたチームで、チャージャー使いのべるりぃ選手のプレーにも注目だ。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会 DAY2  6:22:00より引用)

 
Nうら:あと、オンライン・冬を優勝した“たぴおかよもぎあいす”もチャージャーが怖いし、キャンピングシェルターもめちゃめちゃ上手い人なので警戒していますね。
 


▲強豪が揃ったオンライン大会・冬を制した”たぴおかよもぎあいす”。最強のキャンピングシェルター使いとも評されるyomo(よもさーん)選手など、凄腕のプレーヤー4人が揃う。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 オンライン大会 冬  2:22:48より引用)

 
――やっぱりチャージャー編成のチームをとくに警戒する?
Nうら:そうですね。チャージャーで自分たちが自由に動けなくなるのがきついですね。
 

今年の甲子園は史上最高のハイレベルな戦いに!

――今大会は去年と比べて全体的なプレーヤーのレベルが上がっているように思いますけど、そのあたりはおふたりは感じますか?
Nうら:めちゃめちゃ感じますね。やっぱり前回NPB(※)があった影響なのか、みんな気合の入り方が全然違うなと。全国に出たいのはもちろんあるけど、NPBに向けても気合が入ってるのかなと。
※2019年に初開催された「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」のこと。今年は第2回目となる「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 2020」が開催予定であったが、新型コロナウイスルの影響により、インタビュー後の4月9日に中止が発表された。残念だが、また新たな形での開催を期待したいところだ。
 
――この後のNPBに向けてのアピールというような?
Nうら:それに向けて頑張っているなってのもありますね。今回、NPBがドラフト制になったじゃないですか。それも大きいのかなと。チーム制だとやっぱり有名なチームが強いじゃないですか。うまいのわかっているし。
 でも、ドラフトにしたらいろんなプレーヤーの組み合わせが見られて、ずっとやってきたチームの連携じゃなくて、いったん平均的になってから始められるってのがやっぱり面白いですよね。そこから連携をどれだけ上げてくるか、どんなブキを持ってくるのかって面白さがある。
 
――あとばる選手はどうですか? やっぱりレベルの高さは実感しました?
あとばる:溜まっていた経験値を一気に使ってレベルアップしたというか。やっぱり最初の頃って器用な人がポンポン上がってくるんですよ。ゲームの核をつくのがうまいって言うんですかね。ただ、もう『スプラトゥーン2』も2年以上経って戦略とかも成熟してきた中で、いろいろな経験値を蓄えた人たちが出てきたのがいまなのかなと。ホント、みんな一気に強くなりますね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY2  7:13:30より引用)

 
――定番の立ち回りといった情報は溢れていますからね。うまい人のプレー動画も山ほどありますし。
あとばる:というので本当に経験値を高めやすい場所が増えてくるといいますか。そこから入ってきた若い人なんかはぐんぐん吸収して、発売から2年後くらいにこういう状況ですよね。名前はそんなに知られていないけどめちゃうまい人がやっぱり出てきます。
 今年の大会は『1』のときも含めて、これまででもっともハイレベルだったんじゃないですか。見ていて面白い試合が本当に多かったですね。
 
――実際、若い世代の台頭は目覚ましいものがありました。
あとばる:そうですね。だからこそNPBはすごく楽しみですよね。
 
――あとばる選手も応募するんですか?
あとばる:僕はもう北海道大会で負けたときにホテルの中で悔し涙を流しながら応募したんです。選ばれなかったらちょっと恥ずかしいですけど(笑)。
 
――では、最後にNうら選手に全国決勝大会……新型コロナウイルスの影響で無期限延期になってしまったんですけど、大会自体は行われるとは思うので、意気込みをお願いできればと思います。
Nうら:最近、あまり練習できていないんですけど、半年間くらいかけて鍛えてきたチームなので、けっこう思いが強いというか。ずっと同じメンバーでこのチームで頑張ろうってやってきたので、その結果が実るよう、優勝に向けて頑張りたいです。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY2  7:35:01より引用)

 
――あとは大会日が決まってくれればという感じですよね。
Nうら:期限が決まってからの追い上げですかね。
 
――大会日が決まらない中でモチベーションを保つのも難しいですよね。
Nうら:難しいですね。僕たちも練習の頻度が落ちちゃって。相手を探してもなかなか見つからないんですよ。エリアの対抗戦とかはあるんですけど、ナワバリの募集がなかなかなくて。いつ開催されるのかわからない中で練習していくというのもけっこうしんどくて、精神的に来る場面もけっこうありますね。
 
――そうですよね。まだ地区大会があるならそこに出ようって人たちが練習相手になりますけど、現状ナワバリを練習しなきゃってチームが9チーム+オンライン甲子園・春の予選通過チームしかいないわけですもんね。
Nうら:そうなんですよね。なかなか難しいですよね。
 あと、今回は無観客になる可能性もあるじゃないですか。自分としてはそれは悲しいんですよね。個人的にはお客さんがいたほうが気持ち的にも盛り上がって実力を出しやすいタイプなので、無観客だとちょっと嫌だなあと。
 
――なるほど。観客入りで開催しますとなってくれれば一番いいんですけど。
Nうら:そうですね。早く終息してもらって、できれば通常通りに開催されてほしいですね。
 

【今回のまとめ】
・どんぐりーずの全国決勝大会はチャージャー入りチームへの対策が優勝のカギ!?
・今回の甲子園は『1』のときも含めて、これまででもっともハイレベル!
・全国決勝大会が無事に開催されることを願おう!

 
次回は新たなプレーヤーが対談に参戦! いったい誰が登場するのかお楽しみに!
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は5/19(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)