• TOP
  • スクープ > 今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑰『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』!!
  • TOP
  • スクープ > 今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑰『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』!!

今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑰『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』!!

今年のGWは“ゲームウィーク”! おすすめその⑰『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』!!


 
ゴールデンウィーク真っただ中ですが、新型コロナウイルスの影響もあって自宅待機をしている方がほとんどのはず!
 
そこで!
 
今年のGWは……“ゲームウィーク”だ! 自宅でできる最強レジャー、テレビゲームをとことん楽しんじゃおう!!
 
ということで、コロコロオンラインの在籍ライターがオススメタイトルを厳選! 本日より約2週間にわたり、毎日更新でゲーム紹介いたします! ……しかもプレゼント付き!!
 
最後までキッチリと読んで、ぜひ応募してみてください!
 

最後はストレス発散ゲーを!

じつに2週間以上にわたって続いた緊急特集“今年のGWは“ゲームウィーク”も……今回の記事がラストになります!!
 
これまで、『あつまれ どうぶつの森』や『ファイナルファンタジーVII リメイク』、『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』といった話題作はもちろん、『龍が如く7』、『妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch』、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』など、コロコロオンラインの在籍ライターがとくに推したいゲームを熱量たっぷりに紹介して参りました。
 
そんな特集の最後に、ワタクシめが「コレしかない!!」とご紹介するのは……セガのNintendo Switch用ソフト『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』であります!!
 

 
これまでは、長く続く自宅待機や休業・休校のあいだに、ゆっくりじっくりと遊べるものを……という視点でソフト選びをしてきましたけど、最後は……ガチャガチャドンドンパンパンパンッ!!
 
てな具合にボタンを叩いてストレス発散ができるリズムアクションゲームを紹介したいと思っていたのです!! で、いまいちばんハマっている音ゲーがNintendo Switch用の『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』だったので、
 
「やっぱりコレだよな!!!」
 
となったわけですw
 

音ゲーは、快楽に直結する

『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』がどんなゲームなのかについては……とくに説明する必要を感じないwww
 
だって音ゲーって、誤解を恐れずに言えばアーケードの大型筐体モノは別にしてゲーム性が完成されていて、画面の導きに従っていかにリズムよくボタンを叩くか……ってことに集約されるから。
 

 
おにぎりの写真を見せて、「おわかりかと思いますが、これはご飯のカタマリです」と言うようなものだよな(ちょっと違う気もする)。
 
『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』も、基本的な遊び方は音ゲーの伝統にのっとっている。
 
軽快で耳障りのいい曲に乗せて、〇、×、□、△、ときにはLボタンやRボタンや、連打、さらには同時推しの指示も飛んでくるので、リズムに合わせて指定通りのボタンを押す。要は、これのくり返しである。
 

 
言ってみれば、もっとも原始的かつゲーム的で、ビデオゲームがもたらす快楽に直結した遊び方と言える。
 

 
とんでもなくプレイがハマったときのカタルシス、ズレたことに焦ってその後の操作が壊滅したときに絶望感……。それらすべてをひっくるめ、あらゆる贅肉をそぎ落として、
 
「ゲームって、楽しいでしょ!」
 
と、直接脳に訴えかけてくるようなおもしろさが、音ゲーにはある。そしてもちろん、最新作の『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』は、現時点で家庭でできる音ゲーの最高峰であろう。
 

 

専用コントローラーもある!

さて、このゲームの楽しさは、日本一のゲームコントローラーメーカー、ホリが受注生産していることで話題の専用コントローラーで遊ぶことで、一段と飛躍する。
 

 
全長:約655mm
奥行き:約270mm
高さ:約70mm(ボタンの高さは含めない)
質量:約3.5kg
ケーブル長:約3.0m
 
という堂々たる仕様で、迫力も、操作感、そして所有感もアーケードゲームそのものw いままさに筐体からコントローラー部分だけをむしり取ってきたような存在感がある。
 
もちろん、専用コントローラーがなくても十分に楽しめるので、あくまでも参考に(高価だしね)。でもきっと、『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』にハマってしまったら、
 
「専用コントローラー、欲しいぃぃいいい!!!」
 
ってなると思うけど。このへんの感情も、音ゲーならではなんだよなーw
 
というわけで、ストレス発散とともに指先の運動にはもってこいの『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』を最後に紹介させていただきました!
 


 
さて、この特集はプレゼント付きで行ってきたわけですが、本来それは前回の記事で終了の予定だったのです。
 
でも、最後の記事にそれがないのもな……ってことで急遽、追加することにいたしました!!
 
ラスト、Amazonギフトカードをゲットするための合言葉は……!
 
#おまけ
 
です!! 応募要項に従って、ドシドシ応募してね!
 

【ギフトカードプレゼント企画‼︎】
特集企画「今年のGWは“ゲームウィーク”!」の記事を読んでくれた読者のなかから、ゲームの購入に使える各種ギフトカードをプレゼント‼︎‼︎
 
どのハードでも楽しんでもらえるように、「ニンテンドープリペイドカード(1万円分/2名)」「プレイステーションストアカード(1万円分/1名様)」「Amazonギフト券(1万円分/1名様)」を用意したぞ‼︎
 
応募するには、16日まで毎日更新される記事のなかから、隠された合言葉を見つける必要がある‼︎ 合言葉はギフトカード1枚ごとに異なるので、お目当の合言葉を探してほしい! 合言葉の発表は1ギフトカードにつき1回あるので、チャンスは全4回‼︎ もちろん、すべてのギフトカードに応募するのもOKだ‼︎
 
さぁ、キミはどのおすすめゲームをプレイする!? 今こそ遊んで、楽しい気持ちで毎日を過ごしてほしい‼︎‼︎
 
■応募方法
(1)コロコロ公式Twitter(@corocoro_tw)をフォロー
(2)ハッシュタグ「#コロコロオンライン」と「#(※合言葉)」を入れてツイート
※一度のツイートに入れる合言葉は1つまでにしてください。1つのツイート内に2つ以上の合言葉が入っている場合は対象外とさせていただきます。
※プレゼント企画には4回とも参加可能です。
※当選者にはDMを送りますので、フォローをお願いします。
※当選者の方は、DM上で送付先などのやり取りをさせていただきます。
※本企画にご応募いただいた皆様のプライバシーを尊重し、プライバシー情報を適切に扱うためセキュリティに最大限の注意を払います。ご記入いただいた個人情報は、賞品の発送への対応、問い合わせの対応、サービス向上・製品改良のための市場調査に利用する他、当社のプライバシーポリシー(http://www.shogakukan.co.jp/privacy_policy)に従い、責任をもって収集・利用・保護にあたります。

 
■投稿期間:2020年5月17日まで
 
■当選商品:「ニンテンドープリペイドカード(1万円分/2名)」
「プレイステーションストアカード(1万円分/1名)」
「Amazonギフト券(1万円分/1名)」
 
※当選者には、コロコロコミックのTwitterアカウント(@corocoro_tw)からDMをお送りさせていただきます
※Twitterの規約で13歳未満の人は利用できないので、かならず家族に投稿をお願いしよう!

商品概要
『初音ミク Project DIVA MEGA39’s』
■対応機種:Nintendo Switch
■発売日:2020年2月13日
■価格:パッケージ/ダウンロード 通常版:5990円(税別)/限定版:9990円(税別)
■公式サイト:https://miku.sega.jp/mega39s/

© SEGA
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

今年のGWは“ゲームウィーク”!バックナンバーはこちら!

▲おすすめその➀
『ゼルダの伝説 夢みる島』

▲おすすめその②
『あつまれ どうぶつの森』

▲おすすめその③
『The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)』

▲おすすめその④ 『妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch』

▲おすすめその⑤
『Dragon’s Dogma DARK ARISEN(ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)』

▲おすすめその⑥
『Diablo 3 Eternal Collection
(ディアブロ III エターナルコレクション)』

▲おすすめその⑦
『FINAL FANTASY VII REMAKE
(ファイナルファンタジーVII リメイク)』

▲おすすめその⑧
『聖剣伝説3トライアルズ オブ マナ』

▲おすすめその⑨
『龍が如く7 光と闇の行方』

▲おすすめその⑩
『ウィッチャー3 ワイルドハント
コンプリートエディション

▲おすすめその⑪
『モンスターハンターワールド
アイスボーン』

▲おすすめその⑫『テラリア』

▲おすすめその⑬『レッド・デッド・リデンプション2』

▲おすすめその⑭『侍道外伝 KATANAKAMI(刀神)』

▲おすすめその⑮『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』

▲おすすめその⑯『moon』

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)