• TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第63回 レアな生き物を追え!(1)
  • TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第63回 レアな生き物を追え!(1)

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第63回 レアな生き物を追え!(1)

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第63回 レアな生き物を追え!(1)


 

図鑑を埋めるために

 
『どうぶつの森』シリーズを長く楽しむうえで、最強のモチベーションになっているのが“図鑑のコンプリート”であることは、おそらく全地球人が認めるところであろう。
 
……ええ!? そんなことない!!?
 
「僕がいちばん力を入れているのは、花の交配ですけど」
 
ですって!?
 
「いやいや、私はマイデザインだけどww オリジナルの服作りが最高に楽しい!!www」
 
って、あんたはどこのたっちー先生ですか!?(※知らない人は、大塚角満のあつ森攻略ブログを見よう!w)
 
そういうワガママを言われると話が進まないので、ここはひとつ、
 
「でも、よく考えたらやっぱ図鑑だったわ!! もう、昆虫と魚のことしか考えられない!!!」
 
ってことにしてもらって、議事を進行したいと思います。
 

充実の博物館

 
『あつ森』も当然ながらシリーズの流れを踏襲していて、たくさんの魚と虫がゲーム中に登場する。それらを捕まえることにより、ふたつの恩恵……というか、ヨロコビがもたらされるのである。
 
ひとつは、フータが運営する“博物館”の充実だ。
 
俺は『あつ森』が発売された3月20日から欠かさずログインして虫と魚を追い回しているおかげで、博物館の展示品もかな~~~り充実してきていると思う。いくつか写真で紹介すると、
 

 
もっとも充実しているのは、やっぱり魚ゾーンかな? 展示コーナーが多いし、魚の種類によって見せ方が工夫されているので小一時間ここでウロウロしていても飽きないというねw
 
それもあってか、
 

 

 
住民がしょっちゅう、ここに見学に来ているんだけど、特定のどうぶつに挨拶がしたかったり、落とし物を届けたりしたいときに水族館に紛れ込まれると、見つけるのがクッソたいへんで吐きそうになるんだよ!!w
 
でも、ここにどうぶつが来ていると、
 

 
お気に入りの子とデートしている風の写真が撮れたりするので、たまらなく楽しいですw
 
続いて、昆虫コーナー。
 

 
一見、土の匂いが漂う地味な展示ルームって感じだけど……昆虫コーナーの見せ場は何といっても↓ここなのだ!!
 

 
チョウチョの温室!!
 
「お、俺、こんなに寄贈したっけ……?」
 
と疑念が湧くほど無数のチョウが飛び交っていて、フータみたいな虫嫌いな人は失神必至の地獄展示!!w 一方、俺のような虫好きにとっては極楽浄土もかくやというすばらしい展示になっているので、そういう奇特な方は「まずはチョウの充実を!」をモットーに昆虫採集に励まれることをオススメします。
 
最後は、化石コーナー。
 
ここの見どころは……なんといっても、↓ここに尽きる!!
 

 
迫力~~~~ん……!!!w
 
大白亜の時代に、我が物顔で地球を闊歩していた超巨大生物たちの骨格を一望できるこのスポットが、化石コーナー唯一にして最大のポイントだ。ここ、知らない人もいると思うので、化石コーナーに行ったらぜひ立ち寄ってほしい。
 

捕獲の条件

 
とまあ、これが『あつ森』で採集をする上でのひとつ目のヨロコビ。もうひとつが、冒頭で書いた“図鑑のコンプリート”なのであるよ。
 
新規の生き物を採集すると以下のようなセリフが出るが、
 

 
この瞬間、スマホの中に入っている図鑑にデータが登録される。すると、登録された生き物の詳細は、図鑑にアクセスすることでいつでも見ることができるって寸法だ。
 

 

 
上のスクショにある通り、生き物は採集できる季節や時間が設定されているので、タイミングを逃すとエライことになる。それについて詳しく書いた日記もあるので、ぜひバックナンバーを読んでほしい。
 

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第46回 4月、最後の激闘(前編)
【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第47回 4月、最後の激闘(中編)
【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第48回 4月、最後の激闘(後編)

 
しかも。
 
モノによっては、季節や時間という縛りではなく、捕獲するには“特定の条件”を満たさないといけないものもおりまして……。
 
ちょっと長くなりそうなので、詳細は次回ということで!
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

▲第2回
ナゼ、かぶるのか

▲第3回
島の名前問題、勃発!

▲第4回
リセマラで星を得る話

▲第5回
初めてのお出かけ

▲第6回
冨〇義勇もどきと冒険に

▲第7回
闇夜の恐怖

▲第8回
もう輪廻転生の呪いだろ……

▲第9回
青空水族館、爆誕!

▲第10回
闘将(たたかえ)! 辮髪戦士!!

▲第11回
タランチュラ島の激闘(1)

▲第12回
タランチュラ島の激闘(2)

▲第13回
おい! 鈴木!!

▲第14回
匠の部屋(1)

第15回
匠の部屋(2)

第16回
またカモか!

第17回
この春を忘れぬために(1)

第18回
この春を忘れぬために(2)

第19回
店に並ぶ人

第20回
空を見上げる人

第21回
空を見上げる人、その後

第22回
カブで資産運用を!

第23回
カブは腐るか食い時か

▲第24回
タランチュラ、一攫千金

▲第25回
風来の釣り人

▲第26回
初めての釣り大会

▲第27回
スゴいのが、いる(1)

▲第28回
スゴいのが、いる(2)

▲第29回
幻聴が、聞こえる

▲第30回
スゴいヤツのその後

▲第31回
“あいつ”がやってくる

▲第32回
あつ森キャピタルゲイン

▲第33回
金の風船、飛んだ

▲第34回
スパークが来る!?

▲第35回
アナタは……誰?

▲第36回
巨獣濃度を下げろ!

▲第37回
かわいい子゛はいねがぁ~(切実)

▲第38回
どうぶつ探し

▲第39回
ロドリー、駄目パイロット説

▲第40回
角満の部屋を大公開

▲第41回
ともだち探し、ドツボにハマる

▲第42回
ともだち探し、ついに決着!

▲第43回
住民全員、集合だッ!!

▲第44回
出会いと別れ

▲第45回
ベアード、島に馴染み出す

▲第46回
4月、最後の激闘(前編)

▲第47回
4月、最後の激闘(中編)

▲第48回
4月、最後の激闘(完結編)

▲第49回
流れ星を見たら「〇〇〇!!」

▲第50回
祝!あつ森日記、連載50回!

▲第51回
橋をケチれ!

▲第52回
50日目の誓い

▲第53回
流浪のノルマン(1)

▲第54回
流浪のノルマン(2)

▲第55回
とたけけを招聘せよ!

▲第56回
島の評判を上げろ!

▲第57回
とたけけライブと最大の失敗

▲第58回
ヨナグニサンの思い出

▲第59回
キャンプサイト、人事部説

▲第60回
“かぶきち”を招聘せよ!(前編)

▲第61回
“かぶきち”を招聘せよ!(後編)

▲第62回
そのノルマンは、ウチの

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)