• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第65回 レアな生き物を追え!(3)
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第65回 レアな生き物を追え!(3)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第65回 レアな生き物を追え!(3)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第65回 レアな生き物を追え!(3)


 

ハエの捕まえ方

 
いつも、毒にも薬にもならない『あつ森』な日常を綴っている“角満島開拓日誌”ですがね。
 
「たまには皆さんの役に立つことを……!!」
 
という献身的な思いのもと、今回の記事を記します。テーマは……!
 
「ハエの捕まえ方!!www」
 
「うええええええ!!? イラネぇぇええええ!!!www」
 
なんて言わないで。
 
キチンと……“毒にも薬にもならない注意事項”をつらつらと書かせていただきますので^^;
 

アリ、ノミに続いて……w

 
前回の日記で、“あつ森界の3大どうでもいい虫”と(俺に)呼ばれる3種のうち、“アリ”と“ノミ”の捕まえ方を書いた。
 

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第64回 レアな生き物を追え!(2)

 
その最後に控えるのが、今回のテーマの“ハエ”である。
 
“アレキサンドラトリバネアゲハ”
 
とか、
 
“オオムラサキ”
 
なんていう魅惑の固有名詞と比べると……とんでもないガッカリ感だなハエwww ヨロコビもありがたみもピクリとも感じないわwww
 
それでも、図鑑コンプリートのためには捕まえねばならない。それがあつ森ライフのツライところよ。
 

ゴミぶくろの罠

 
でも最初に書いてしまうが、3大どうでもいい虫の中で、じつはハエを捕まえるのがいちばんたいへんだった。いや、やり方を知ってしまえば簡単なんだけど……その方法を勘違いしていたんだよねぇ。
 
反面教師としていただくために、詳しく説明しよう。
 
『あつ森』を始めたばかりのころ、同僚のたっちー先生に、ハエに関するこんな意見をいただいたことがある。
 
「おいwww 家の外にゴミを放置していたら、ハエが湧いたぞwww 図鑑を埋めるなら、やっておいたほうがいいでwww」
 
俺は腹を抱えて笑いながら、「なるほどなるほど!w」と手を叩いた。
 
「そうかそうか!www 確かにハエは、ゴミに飛んでくるもんなwww そういう細かいところ、妙に凝ってるんだよこのゲームwww」
 
「じゃあさっそくやってみるよ!」とたっちー先生に返し、俺は……↓こんなものを作ったのである。
 

 

ゴミ~~~ん……www
 
そう、DIYのレシピにある“ゴミぶくろ”だ。『あつ森』でゴミと言ったら、やっぱコレだよね!!
 
そしてたっちーの進言に従い、家の外にゴミぶくろを放置し始めた。
 

 
うーーーん、この風景は……いかにも島の評価が下がりそうな光景だなオイwww しかも昨今の半透明ビニール袋じゃなく、昭和の香りがする真っ黒な“ザ・ゴミぶくろ”!! 黒い袋のカタマリが置かれているだけで、なんでこんなに生活感がにじみ出てくるんだろうw
 
正直、1秒でも早く撤去したい。
 
ハエが発生したら速攻で捕まえて、ゴミぶくろごと博物館のフータに寄贈してやるぞ。
 
「ハエ、早く湧かないかなぁ……。ハエはえ蠅……
 
ベルゼバブにでもなった気分で、待つこと数日。
 
おかしなことにゴミぶくろは微動だにせず、ナゼか清潔感をキープしたままハエのハの字も湧いてこないではないか。
 
「おっかしいな。ハエって、そんなに時間がかかるものなのかな」
 
そこで調べてみたところ……ハエは卵から成虫になるまで2週間ほどかかるという。
 
「『あつ森』の攻略サイトじゃなく、リアルなハエについて調べたのかよ!www
 
と笑われるかもしれないが、攻略サイトじゃおもしろくないだろ。
 
その結果、
 
「ハエが湧くには、時間が必要だったか」
 
このように判断して待つことに決めたのだが、
 
「エサとなるゴミは、少ないよりも多いほうがいいだろうな」
 
至極もっともなことをつぶやいて、DIYでゴミぶくろを増産することにした。
 

 
そして--。
 
「家のまわりに大量のゴミがあるとモーニングショーあたりが取材に来てしまうかもしれないので、人里離れた場所に置くことにしよう」
 
ってことで、丘の上にゴミぶくろを移動。
 

 
※当時の写真が見当たらなかったので、再現VTRとなります!w
 
そこにポイポイとゴミぶくろを追加していった。
 

 
「うーん……! 足らん!! もう一声!!www」
 

 
ずずーーーん
 
うず高く積まれたゴミの山。さあこれで、ブンブンワンワンと大量のハエが発生してくれるだろうな^^
 
それから……1週間
 
ゴミぶくろは清潔なまま、山に放置され続けた。ハエなど湧く気配もなく……。
 
「おかしい……」
 
さすがに「むむむ?」と思った俺は、情報の発信源であるたっちーに連絡をした。
 
「ゴミぶくろを放置しているのに、ハエが発生しないんだけど!」
 
と。すると……!
 
「え?? ゴミぶくろ??w そんなのあんの??w そうじゃなく、釣りで釣れるあきカンとかタイヤがあるやろ?w それを放置しとくだけやでwww」
 
それ早く言ってよぉん!!!><
 
いたずらにゴミぶくろで景観を汚しただけで、なんの効果も得られなかった俺……w たっちーに言われた通り、タイヤやらながぐつやらを放置したら速攻で……!
 

 
ハエは捕れましたとさ……w
 
おしまい……。
 
★ちなみに、くさったカブにもハエは寄ってきますよ!w
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

▲第2回
ナゼ、かぶるのか

▲第3回
島の名前問題、勃発!

▲第4回
リセマラで星を得る話

▲第5回
初めてのお出かけ

▲第6回
冨〇義勇もどきと冒険に

▲第7回
闇夜の恐怖

▲第8回
もう輪廻転生の呪いだろ……

▲第9回
青空水族館、爆誕!

▲第10回
闘将(たたかえ)! 辮髪戦士!!

▲第11回
タランチュラ島の激闘(1)

▲第12回
タランチュラ島の激闘(2)

▲第13回
おい! 鈴木!!

▲第14回
匠の部屋(1)

第15回
匠の部屋(2)

第16回
またカモか!

第17回
この春を忘れぬために(1)

第18回
この春を忘れぬために(2)

第19回
店に並ぶ人

第20回
空を見上げる人

第21回
空を見上げる人、その後

第22回
カブで資産運用を!

第23回
カブは腐るか食い時か

▲第24回
タランチュラ、一攫千金

▲第25回
風来の釣り人

▲第26回
初めての釣り大会

▲第27回
スゴいのが、いる(1)

▲第28回
スゴいのが、いる(2)

▲第29回
幻聴が、聞こえる

▲第30回
スゴいヤツのその後

▲第31回
“あいつ”がやってくる

▲第32回
あつ森キャピタルゲイン

▲第33回
金の風船、飛んだ

▲第34回
スパークが来る!?

▲第35回
アナタは……誰?

▲第36回
巨獣濃度を下げろ!

▲第37回
かわいい子゛はいねがぁ~(切実)

▲第38回
どうぶつ探し

▲第39回
ロドリー、駄目パイロット説

▲第40回
角満の部屋を大公開

▲第41回
ともだち探し、ドツボにハマる

▲第42回
ともだち探し、ついに決着!

▲第43回
住民全員、集合だッ!!

▲第44回
出会いと別れ

▲第45回
ベアード、島に馴染み出す

▲第46回
4月、最後の激闘(前編)

▲第47回
4月、最後の激闘(中編)

▲第48回
4月、最後の激闘(完結編)

▲第49回
流れ星を見たら「〇〇〇!!」

▲第50回
祝!あつ森日記、連載50回!

▲第51回
橋をケチれ!

▲第52回
50日目の誓い

▲第53回
流浪のノルマン(1)

▲第54回
流浪のノルマン(2)

▲第55回
とたけけを招聘せよ!

▲第56回
島の評判を上げろ!

▲第57回
とたけけライブと最大の失敗

▲第58回
ヨナグニサンの思い出

▲第59回
キャンプサイト、人事部説

▲第60回
“かぶきち”を招聘せよ!(前編)

▲第61回
“かぶきち”を招聘せよ!(後編)

▲第62回
そのノルマンは、ウチの

▲第63回
レアな生き物を追え!(1)

▲第64回
レアな生き物を追え!(2)

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)