• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×Atが語る北海道地区大会DAY1~2~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×Atが語る北海道地区大会DAY1~2~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×Atが語る北海道地区大会DAY1~2~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×At 第2回】

あとばる×At対談の第2回目。
 
今回はナワバリでパブロを使うときのポイントから最近のガチマッチでのトレンドブキ、さらに北海道地区大会DAY1の話までバラエティ豊かな内容でお届けするぞ!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」北海道地区大会 DAY1

 
At選手が所属する四神乱舞が優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
At/アト
2年連続で「スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会」を優勝した四神乱舞のリーダー。非常に高い練度を持つ『スプラトゥーン』屈指のフデ使いで、とくにここ一番での勝負強さはピカイチ。今回の「第5回スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会DAY1」ではパブロをメインに使用。地区大会の中でもとくに強豪チームが数多く集まった大激戦区だったが、チームに勝利を呼び込む決定的な仕事をたびたび行うなど、大車輪の活躍で優勝に大きく貢献。昨年よりも進化したそのプレイングは全国大会でも注目だ!

 

ナワバリでフデを使う際に意識すること

――今回の甲子園もそうですけど、At選手はナワバリでフデを使うときはどういうことを意識して動いているんですか?
At:パブロとホクサイでちょっと違いますけど、どちらも前線で生き残るというのは意識していますね。
 
――なるべく前線でヘイトを引きつけて粘るというような。
At:ヘイトを引きつけて、倒せるものは倒して、倒せないものは味方にカバーしてもらう。自分が敵を引きつける時間が長いほど、他の3人がよりナワバリを塗りやすくなるので。
 
――パブロ入りのチームっていま多いですけど、あとばる選手は対パブロではどういうことを意識してプレーされています?
あとばる:基本的に意識していても抜けられちゃうブキだと思っているので。自陣に入ったパブロをみんなでしっかり抑えたほうがいいのか、それとも自陣のパブロを放置して、逆にこっち側が敵陣を荒らした方がいいのかってのはけっこう状況で判断してはいたんですけど。
 最終的に一番楽なのは相手がイカスフィアを吐いた瞬間に囲んで叩いて、そもそも抜けもさせないってのが一番いいなってので、けっこうチームでラインを低めに揃えたりはしていましたね。
 
――以前、「パブロがいるチームはすごく嫌」ということも言ってましたけど、そのあたりは変わらず?
あとばる:嫌ですね。うまく対応しようとしても、気づいたらシャーっと抜けているんですよ。みんな上手いので。なので、対策はなかなか難しいですよ。だから、(チームメイトの)西澤さんがパブロを持ったりはしていましたね。やられて嫌ならやっちまえみたいな感じで。
 
At:西澤さんがパブロ使うようになったのはそういう経緯だったんだ。
 
あとばる:まあ、そもそも強いしってのもありますし。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会 DAY1 4:06:09より引用)

 
――カラマリはわりとラインを綺麗にコントロールしているチームなので、そこを乱されると厳しくなる?
あとばる:そうですね。抜けられるという行為に対して弱くて、パブロとかL3リールガンのイカスフィアとか、キャンピングシェルターとか。ただ、L3のイカスフィアってけっこうわかりやすいんですよ。カーリングボムが流れてったなとかでわかるんです。
 だからまだ対応しやすいんですけど、パブロって基本的にあまり音がしない。メインでのシャーでいかれてしまうので、気付いたら抜けられているみたいな状況がチームとしては多くて。どうにも苦手意識はありますね。
 
――最近のエリアの戦い方のトレンドってなにかあったりします?
At:最近はデュアルスイーパーが増えてきついなって。
 
――デュアルが増えたのはどういう理由なんですか?
At:擬似確がもともとあったというのもあるんですけど、なんでですかね。急に。
 
あとばる:もともとブキ性能としてのポテンシャル自体はあったんだけど、みんなが使う理由って大会でこのブキが優勝したからという感じなんですよ。やっぱりデュアルスイーパー入りの編成が上位になってきて、みんなポロポロ使い始めたという感じだと思うんですよね。
 
――なるほど。優勝したことで「けっこう強いんじゃん」となってみんな使い始めていると。
あとばる:ちょっと使ってみようか、というので増えてきてるかなと。
 
――じゃあ、いまはデュアルスイーパーがトレンドなんですね。
あとばる:あとは竹筒銃とか。やっぱり擬似確のブキが多いですね。それにメタを張るためにシェルターが出てきていたり。
 

強豪チームが揃い、プレッシャーもあった北海道地区大会

――ここからは甲子園の話を伺って行きたいんですけど、今回の北海道地区大会DAY1は連覇がかかっている状態でしたけど、けっこうプレッシャーはありましたか?
At:ありましたね。
 
――やっぱり前回の王者と言われますもんね。
At:あと、大会前に出場チームが発表されるじゃないですか。それで、かなりの強豪チームがDAY1にずらずらと並んでいて、「これ勝てるかな」ってみんなで言いながら。
 
――そうですよね。North OctopusやBBVTokyo、Pixio MonsterなどDAY1は強豪と言われるチームが多かったですよね。その中でもとくに警戒していたチームはありました?
At:私たちはPixio Monsterを一番警戒していました。練習試合でナワバリの対抗戦をやるんですけど、勝率がだいぶ悪かったんです。フデもダイナモローラーに弱くて、キャンピングシェルターにもそんなに強くないので相性が悪くてすごく負けていたんですけど、大会のここぞというときに勝てて正直びっくりしました。
 


▲Pixio Monsterは2019年に結成されたプロチーム。ダイナモローラーとキャンピングシェルターを編成に入れているのが特徴で、今大会でも優勝候補のひとつと予想されていた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会 DAY1 3:49:48より引用)

 
――大会当日のPixio Monsterとの試合前のインタビューで「相手がめちゃくちゃ強いのはわかっている」と言っていましたけど、実際に勝率が悪かったんですね。
At:そうですね。勝率がぶっちぎりで悪かったです。
 
――そのチームに本番で勝てたのは勝負強さの現れですね。先ほど大会前はプレッシャーもあったという話なんですけど、当日はけっこう緊張もしましたか。
At:試合になると緊張はなかったですね。一応、去年も出ていたので、そこはもう慣れています。
 
――2年連続で北海道地区大会に優勝したわけですけど、もともと北海道しか申し込んでいないんですか?
At:そうですね。北海道しか申し込んでいないです。ダメだったらもうダメだね、みたいな。
 
――そうなんですね。それで去年も今年も見事に当選して優勝という。
At:はい。嬉しい限りです。
 
――その甲子園を4回戦から振り返って行きたいんですけど、北の親衛隊が相手でステージがザトウマーケットでした。ザトウマーケットというのはチームとしては得意なステージだったのでしょうか。
At:いや、あまり得意じゃなかったですね。「ザトウはどうしよう」ってけっこう言っていました。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会 DAY1 4:06:05より引用)

 
――ただ、展開としては序盤に相手のオールダウンをとって、終盤にもオールダウンをとってとわりと安定したというか、そこまで危ないシーンもなく勝ったのかなという試合でした。
At:はい。ザトウマーケットは練習のときも何回も議論をしていたので、それが実ったのはあるのかなと。
 
――次の準々決勝がメンたくとのバッテラストリートでした。このステージはどうだったんですか?
At:バッテラストリートは普通です。そんなに悪くないなと。
 
――ここでぎゃんぐ選手がN-ZAP85を出しましたけど、N-ZAP85を採用した理由は?
At:N-ZAP85かシャープマーカーネオかでずっと迷っていたんですけど、バッテラストリートはけっこう対面状況になりやすいので、やっぱりインクアーマーが欲しいなという話になって。
 自分のパーマネントパブロもインクアーマーがあるんですけど、ひとつじゃ足りない……まあ、足りないってことはないけど2枚あった方がということで。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 北海道地区大会 DAY1 4:59:48より引用)

 
――インクアーマーはどういうタイミングで使うようにしていますか?
At:味方のスペシャルに合わせるという出し方もしますけど、基本的には溜まったらガンガン回していく形ですね。パーマネントパブロはけっこうすぐに溜まるので。
 
――この試合はけっこう接戦になったんですけど、四神乱舞は倒されても相打ちに持っていっていたり、すぐカバーが入ったりで人数不利になる場面が少ない印象でした。チームとしてのカバーの意識や個々の対面力は皆さん自信がある方なんですか?
At:人によってですかね。ぎゃんぐさんとかはカバーとか得意なんですよ。周りを見ているタイプなので。らすくさんとかは対面に自信がある。なので、人によってですかね。
 

【今回のまとめ】
・フデは前線でどれだけ生き残れるかが重要!
・練習試合ではPixio Monsterへの勝率は低かった!
・最近のエリアはデュアルスイーパーが人気!

 
次回も引き続き、あとばる選手とAt選手の対談をお届け!
 
北海道地区大会DAY1の大一番となったPixio Monsterとの試合をふたりに振り返ってもらうぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は6/9(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)