• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第73回 100万ベルの女
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第73回 100万ベルの女

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第73回 100万ベルの女

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第73回 100万ベルの女


 

カブは、エスカレートする

 
最近、俺と同僚のたっちーのあいだで流行っているのが“カブの売買”である。
 

 
過去、この日記でも何度か書いてきたが、日曜の午前中にウリが行商にくるカブを大量に買い占め、一獲千金の高値で売り抜けていかにウハウハになるか……という、ヒリヒリのチキンレースをやって楽しんでいるのだ。
 

 
こういったお金(ベルだけど)がらみのレースを始めると、すぐにエスカレートするからオトナってイヤねぇ。
 
我々も当初は、
 
「日曜日や!! 今回は300カブ買ったで!!」
 
「なんの!! 俺は……500カブもいっちまったぜ……w」
 
「ホンマか!? ヤバでそれ!!!
 
「手が震えてるわ……」
 
なんてかわいい会話をしていたんだけど、すぐにエクストリームな状態に。
 
「今回は1000カブでカンベンしといた」
 
「少ないな。俺は1700カブだ」
 

 
というギャンブル狂のマヒした脳ミソとなり、売買価格は跳ね上がっていったのである。
 

ギャンブル脳の恐怖

 
これ、何が恐ろしいかって、買値よりちょっと値上がりしたくらいでは「絶対に売らねえ」となるところ(苦笑)。
 
ふつうの脳ミソだったら、100ベルで買ったものが130ベルくらいに上がったとき、
 
「あ、悪くない! 売っちゃおうかなぁ」
 
と逡巡が発生するものだが、ギャンブル脳だとこうはならない
 
絶対に↓このようになる。
 
はあ?? たったの1.3倍???ww はんwww そんなオッズで勝負するわけねーだろwww 最低でも、2倍になってから声掛けてねーwww」
 
ってな。もう、書いてるだけで腹が立ってきた(自分のことだろ)。
 
なので、互いの日課となっているカブ価の確認は、なかなかの修羅場だ。
 
「おい!! もう木曜日だけど、カブ価が80まで下がってるぞ!!! オメーのところは!!?」(俺)
 
「なんやその地獄価格は!!! ウチは……あああああ!!! 65ベル!!!? 170ベルのときに売ろうと思ったのに、キサマが止めるからや!!!(怒)」(たっちー)
 
こんな感じ。カブ取引にハマると、
 
「1ベルでも高いときにッ!!!」
 
という損得勘定をむき出しにした醜い本性があぶり出されるので、皆さんも注意されたほうがいいですよ……w
 

100万ベルの女

 
そんな、5月のある日。たっちーが、↓こんなメッセージを送ってきた。
 
「お、おい……w とんでもないことになったで……w」
 
俺は予感した。
 
これは……カブに関する話だな!? ももももしや!! たっちーの島のカブ価が大暴騰しているのでは!!?
 
俺もかつて一度だけ、カブ価が400ベルを超えるというストップ高に見舞われて、キャピタルゲイン(ざっくりと、株の儲けのこと)で大儲けしたことがあった。
 

 
まあ、その成功体験があるがゆえに、いまのギャンブル脳が生成されてしまったわけだけど(苦笑)。
 
これと同じような現象が、たっちーの島で起こったのか!? 勢い込んで、俺は聞いた。
 
カブだな!? カブで何かがあったんだな!?」
 
すると思った通り、たっちーはこう応える。
 
「せ、せや。カブや。で、でも……w」
 
歯切れが悪いな。
 
その日は……月曜日。カブ価が暴落したとしても、まだ売買は始まったばかりだ。いくらでも取り戻せるんだから、そんなに言いよどまなくても……。
 
「ど、どうした? カブで何かあったのか?」
 
再度たずねると、たっちーは意外なことをのたまった。
 
「じつは、わしの親友の女子も『あつ森』をやってて、カブを買ったらしいんだけど」
 
「う、うん」
 
その買い方が……あまりにもヒドいんや!!ww 見ろ、このスクショを!!!」
 
送られてきたスクリーンショットを開けてみると……w
 

 
カブ~~~~ん……www
 
!!!?! な、なんだこの、海岸を埋め尽くすカブは!!www これ、完全に島を占拠にきた外来植物じゃねえか!!!www」
 
たっちーが、げんなりとした口調で言う。
 
「なんと……100万ベル以上注ぎ込んだらしい……www どんな金銭感覚してんねん……www」
 
俺たちが10万ベル前後でギャーギャー騒いでいたのが恥ずかしくなる、男らしい(女性だけど)買いっぷり。でもこれ……大丈夫なのか??www
 
この話には、衝撃の結末がある。
 
それは、次回!!
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

▲第2回
ナゼ、かぶるのか

▲第3回
島の名前問題、勃発!

▲第4回
リセマラで星を得る話

▲第5回
初めてのお出かけ

▲第6回
冨〇義勇もどきと冒険に

▲第7回
闇夜の恐怖

▲第8回
もう輪廻転生の呪いだろ……

▲第9回
青空水族館、爆誕!

▲第10回
闘将(たたかえ)! 辮髪戦士!!

▲第11回
タランチュラ島の激闘(1)

▲第12回
タランチュラ島の激闘(2)

▲第13回
おい! 鈴木!!

▲第14回
匠の部屋(1)

第15回
匠の部屋(2)

第16回
またカモか!

第17回
この春を忘れぬために(1)

第18回
この春を忘れぬために(2)

第19回
店に並ぶ人

第20回
空を見上げる人

第21回
空を見上げる人、その後

第22回
カブで資産運用を!

第23回
カブは腐るか食い時か

▲第24回
タランチュラ、一攫千金

▲第25回
風来の釣り人

▲第26回
初めての釣り大会

▲第27回
スゴいのが、いる(1)

▲第28回
スゴいのが、いる(2)

▲第29回
幻聴が、聞こえる

▲第30回
スゴいヤツのその後

▲第31回
“あいつ”がやってくる

▲第32回
あつ森キャピタルゲイン

▲第33回
金の風船、飛んだ

▲第34回
スパークが来る!?

▲第35回
アナタは……誰?

▲第36回
巨獣濃度を下げろ!

▲第37回
かわいい子゛はいねがぁ~(切実)

▲第38回
どうぶつ探し

▲第39回
ロドリー、駄目パイロット説

▲第40回
角満の部屋を大公開

▲第41回
ともだち探し、ドツボにハマる

▲第42回
ともだち探し、ついに決着!

▲第43回
住民全員、集合だッ!!

▲第44回
出会いと別れ

▲第45回
ベアード、島に馴染み出す

▲第46回
4月、最後の激闘(前編)

▲第47回
4月、最後の激闘(中編)

▲第48回
4月、最後の激闘(完結編)

▲第49回
流れ星を見たら「〇〇〇!!」

▲第50回
祝!あつ森日記、連載50回!

▲第51回
橋をケチれ!

▲第52回
50日目の誓い

▲第53回
流浪のノルマン(1)

▲第54回
流浪のノルマン(2)

▲第55回
とたけけを招聘せよ!

▲第56回
島の評判を上げろ!

▲第57回
とたけけライブと最大の失敗

▲第58回
ヨナグニサンの思い出

▲第59回
キャンプサイト、人事部説

▲第60回
“かぶきち”を招聘せよ!(前編)

▲第61回
“かぶきち”を招聘せよ!(後編)

▲第62回
そのノルマンは、ウチの

▲第63回
レアな生き物を追え!(1)

▲第64回
レアな生き物を追え!(2)

▲第65回
レアな生き物を追え!(2)

▲第66回
旅立ちのベアード(1)

▲第67回
旅立ちのベアード(2)

▲第68回
アネモネとの戦い(1)

▲第69回
アネモネとの戦い(2)

▲第70回
植物品種改良区、爆誕

▲第71回
植物品種改良区の現在

▲第72回
品種改良区、崩壊す

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)