• TOP
  • スクープ > 〈オトナゲーム〉『The Last of Us Part II』発売前レビュー これは“The Last of Us”というジャンルのゲームだ!!
  • TOP
  • スクープ > 〈オトナゲーム〉『The Last of Us Part II』発売前レビュー これは“The Last of Us”というジャンルのゲームだ!!

〈オトナゲーム〉『The Last of Us Part II』発売前レビュー これは“The Last of Us”というジャンルのゲームだ!!

〈オトナゲーム〉『The Last of Us Part II』発売前レビュー これは“The Last of Us”というジャンルのゲームだ!!

※この記事には18歳以上のみが対象のゲーム情報が含まれています。対象年齢に満たない方には、プレイをお控えいただく表現が含まれたゲームであることをご理解いただき、記事閲覧の可否を決定ください。
 

結晶化したおもしろさ

映画館に映画を観に行くとき、密かに楽しみにしていることがある。
 
映画の中身は……当たり前として。
 
じつは上映前に矢継ぎ早に紹介される“予告編”が、子どものころから大好きなのだ。
 
2~3時間に及ぶ映像を、わずか数分に圧縮したおもしろさの結晶。息つくヒマもないほど目まぐるしく展開する映像はある意味、その日のお目当ての映画本編よりもワクワクの瞬発力が上で、しかもそれが5本も6本も流れるもんだからこちらの興奮も止まらなくなる。
 
昂ぶりがピークに達した俺は、
 
「つぎは、コレを観に来よう!」
 
「いや、その前にあっちだな!」

 
なんて、その日のメインディッシュも忘れてアレコレを夢想を始めてしまう。でも、そうやって実際に観に行った映画で、予告編を超える驚きや感動を与えてくれた作品て、ほんのひと握りしかないんだけど。
 
やっぱり予告編は、“最高のシーンを圧縮したからこそ”のおもしろさなのだ。それを2時間にも3時間にも広げてしまったら要素が薄まって、ダシの入っていない味噌汁みたいなボヤけた味になるのは自明の理なのである。
 
なんでこんなことを書き始めたのか?
 
じつは、“映画は予告編こそおもしろい”という持論を根底から覆す、驚くべき映像コンテンツに出会ってしまったからだ。
 
その話題作はずいぶん前から、さまざまな形のプロモーション映像が公式サイトやメディア上で公開されていた。そう、映画で言う予告編である。
 
成熟期を迎えたプレイステーション4の能力を限界以上に引き出し、超美麗な映像と演出を惜しみなく前面に押し出す快作。起伏と意外性に富む世界観と物語は前作を遥かにしのぎ、プレイヤーに呼吸を忘れさせるほどの展開を約束する--。
 
予告編の数々は、そう主張していた。実際、震えるほどの迫力と美しさは“圧倒的”以外のナニモノでもなかった。
 
でも……これは予告編だ。過度に期待しすぎると製品版で必ずや肩透かしを喰らい、
 
「ま……こんなもんだよな^^;」
 
そんな物悲しい感慨を覚えさせられるに決まっているのだ。
 
「期待はするけど、ほどほどに、ね」
 
一連のPVを観終わったあと、俺は自虐的にそうつぶやいたのである。
 
そして--。
 
“その作品”のレビュー用バージョンをお借りし、20時間ほどプレイしたところで「ふぅ」と息をついて立ち止まった。
 
物語は……中盤くらいだろうか。まだまだ二転三転……いや、10回も20回も転がるような展開が待っている気がする。ぜんぜん、底が見えない。このまま潜り続けた深淵の先には……何が待っているんだろう?
 
プレイを始めたばかりのときに覚えた、ドキドキが収まらない。ダレた瞬間なんて、1秒たりともなかった。
 
その、究極に作り込まれたゲーム世界に薄ら寒いものを覚えながらも、俺はひとつの“事実”に気付く。
 
このゲームは……映画の予告編に見る結晶化したおもしろさが、物語の冒頭からエンディングに至るまでの数十時間にわたって“ずっと”続く奇跡のような作品だということに。
 
そのゲームとは……そう。
 
6月19日にソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売されるプレイステーション4用ソフト『The Last of Us Part II』である。
 

目をつむっている場合じゃない

俺がプレイステーション3用ソフト『The Last of Us』をプレイしたのは……もう7年も前のこと。ストーリー重視のゲームで、そんな前に遊んだ内容なんて基本的には忘れてしまうものだけど……『The Last of Us』に関しては、脳にこびりついて離れない光景がいくつもいくつもある。
 
ぶつかり合う、ジョエルとエリー。
 
物語のカギを握ると目された人物も容赦なく死んでしまう、過酷で残酷な“リアルな”光景。
 
そして……疲れ果てた先に待っていた、微かな光--。
 
何とも言えない余韻を残したエンディングは、プレイヤーによってさまざまな解釈がなされた。長編映画を観終わった映画ファンが居酒屋に駆け込み、興奮冷めやらぬ口調で己の分析をぶつけ合うかのように。
 
でも……なんにしても、ジョエルとエリーの旅は終わったんだ。このままジャクソンの地で、慎ましくも平和な日々を過ごしてくれるに違いない--。俺も含め、“そう思いたい”人が大半だったんじゃないかと思う。
 
それから……5年の月日が流れたところから、『The Last of Us Part II』の物語は始まる。
 

 
ジャクソンの地に満ちるのは……平和とは程遠い不穏な気配。おいおい……5年経ってもよくなるどころか、状況は悪くなってるんじゃ……。
 
そんな、そこはかとない不安をプレイヤーに植え付けたところで……ジョエルとエリーの物語は流転し、抗いようのない濁流に飲み込まれていく。もちろん、プレイヤーもいっしょに、だ。
 

 
誤解を恐れずに言えば、『The Last of Us Part II』はさまざまな物議を生み出すだろう。きめ細かなストーリーに引き込まれ、巧みな人物描写に感情移入してしまうことで、プレイヤーそれぞれに違う感情を抱かせることは間違いないから。俺はまだ最後までプレイしていないけど、すでにこの段階で、
 
「誰かと解釈をぶつけ合いたいんだけど!!!」
 
ってモードになっているしね。
 

 
正直……洗いざらいここに書いて、読者の反応を見てみたい。でもそういったゲームだからこそ、それぞれの手と目でクライマックスまでたどり着いて、登場人物たちの人生を見届けてやってほしいとも思う。
 
ホラーな展開が苦手な人は、覚悟を持って臨まないといけないかもしれない。
 
凄惨な表現がダメな人は、目を覆いたくなるシーンが多いかもしれない。
 
でもそれ以上に、目を見開かされる超展開が待っていることをお約束する。それは決して、見たことを後悔させないものだということも。
 
最後に、ひとつだけ言えること。
 
これは、ホラーゲームではない。
 
“The Last of Us”というジャンルのゲームなのだ。
 
唯一無二の傑作を、ぜひ体験してみてほしい。
 
テキスト:大塚角満
 

商品概要
『The Last of Us Part II』

■対応機種:PlayStation®4、 PlayStation®4 Pro
■発売予定日:2020年6月19日(金)
■価格
Blu-ray Disc™版:希望小売価格:6,900円+税
ダウンロード版:販売価格 7,590円(税込)
■CERO:Z(18才以上のみ対象)
■商品内容:『The Last of Us Part II』ゲーム本編
 
『The Last of Us Part II スペシャルエディション』

■対応機種:PlayStation®4、 PlayStation®4 Pro
■発売予定日:2020年6月19日(金)
■価格
Blu-ray Disc™版:希望小売価格:8,900円+税
■商品内容
『The Last of Us Part II』ゲーム本編
48ページのミニアートブック(Dark Horse 社制作)
スチールブックケース
PlayStation®4用ダイナミックテーマ
アバター6種類のセット
デジタルサウンドトラック
デジタルミニアートブック(Dark Horse 社制作)
※これらは特典です。スペシャルエディションのプロダクトコードは2023年5月28日までにご使用ください。
 
『The Last of Us Part II コレクターズエディション』

■対応機種:PlayStation®4、 PlayStation®4 Pro
■発売予定日:2020年6月19日(金)
■価格
Blu-ray Disc™版:希望小売価格:17,900円+税
■商品内容
『The Last of Us Part II』ゲーム本編
48ページのミニアートブック(Dark Horse 社制作)
スチールブックケース
12インチ「エリー」スタチュー
リトグラフのアートプリント
エリーのブレスレット(レプリカ)
エナメル製ピンバッジ6種類のセット
ステッカー5種類のセット
PlayStation®4用ダイナミックテーマ
アバター6種類のセット
デジタルサウンドトラック
デジタルミニアートブック(Dark Horse 社制作)
※これらは特典です。コレクターズエディションのプロダクトコードは2023年5月28日までにご使用ください。
 
『The Last of Us Part II デジタルデラックス版』

■対応機種:PlayStation®4、 PlayStation®4 Pro
■発売予定日:2020年6月19日(金)
■価格
ダウンロード版:販売価格:8,690円(税込)
■商品内容
『The Last of Us Part II』ゲーム本編
PlayStation®4用ダイナミックテーマ
アバター6種類のセット
デジタルサウンドトラック
デジタルミニアートブック(Dark Horse 社制作)
 
■Blu-ray Disc™版早期購入特典
初回生産分は早期購入特典として、以下のアイテムのプロダクトコードが入手できます。
「装弾数増加」エリーが持っているピストルの装弾数を増やすアップグレードを解除します
「工作サバイバルガイド」工作サバイバルガイドを解除して、新たな作り方やアップグレードを利用できるようにします
※作り方・技能・アップグレードの解除には「部品」が必要です。
パッケージ内に同梱されるプロダクトコードをPlayStation™Storeで使用して入手します。プロダクトコードは2021年2月20日までにご使用ください。プロダクトコードのご利用にはPlayStation™Networkのアカウントとインターネット接続が必要です。

 
■ダウンロード版予約特典
『The Last of Us Part II』を予約すると、エリーのタトゥーをモデルにしたPSNアバターを入手できます。アバターが入手できるのは『The Last of Us Part II』の事前予約期間のみですのでご注意ください。
アバターは予約購入の決済が完了後、すぐに設定しご使用いただけます。
事前予約すると、アバターに加えて本作の発売時に以下の予約特典を入手できます。
「装弾数増加」エリーが持っているピストルの装弾数を増やすアップグレードを解除します
「工作サバイバルガイド」工作サバイバルガイドを解除して、新たな作り方やアップグレードを利用できるようにします
※作り方・技能・アップグレードの解除には「部品」が必要です。
 
■公式サイト:https://www.playstation.com/ja-jp/games/the-last-of-us-part-ii-ps4/

注意:このソフトウェアには、暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。
※18歳未満の方には販売しておりません。

©Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Naughty Dog,LLC.

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)