TOP ニュース さらなる拡張性を追求したフレームアームズ! プラモデル「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」レビュー!
ニュース

さらなる拡張性を追求したフレームアームズ! プラモデル「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」レビュー!

TwitterFacebookLine

より拡張性を高めた「SA-16 スティレット」がキット化!

ホビーメーカー壽屋(コトブキヤ)が手掛けるオリジナルロボットメカニック商品「フレームアームズ(FA)」の最新キット「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」が好評発売中!
 
今回はその魅力を紹介していくぞ!
 

フレームアームズとは?
フレームアームズはコトブキヤが提案するオリジナルロボットメカニック商品。中核となる共通素体(フレーム)に外装(アーマー)を装着することによって、様々なデザインのロボットを簡単に組み上げることができ、さらに共通素体・外装の組み換えにより無限のバリエーションを造ることが出来る。素体は、幅広い可動範囲と耐久性の高い可動機構の両立を実現し、様々なタイプのロボットに対応できる汎用性の高いデザインとなっている。外装部品はプラモデルと同様の仕様で塗装や改造を行えば、まさに「自分だけ」の機体を造り上げることが出来る。

 

「SA-16 スティレット:RE」と「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」の相違点

まずは「SA-16 スティレット :RE」と「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」の違いについて語っていこう。※以下の掲載写真は素組のものになります。

▲SA-16
スティレット:RE
▲SA-16Ex
スティレット〈装備拡張試験型〉

まず目に入ってくるのがカラーリングの違い。「SA-16 スティレット :RE」の青を基調したものから、ミリタリー調の「ライトグレー」&「ダークグレー」基調のと成形色となった。
 
従来のスティレットが華麗なアクロバット飛行で敵を撃つ戦闘機なら、〈装備拡張試験型〉はテスト機として改修された機能性重視の戦闘機的な印象に見えるだろう。

▲SA-16
スティレット:RE
▲SA-16Ex
スティレット〈装備拡張試験型〉

よりシンプルに、より拡張性を広げた「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」は各所にハードポイントが付け加えられている。これによってフレームアームズの楽しみの一つであるミキシングビルドがさらに充実したキットとなっている。
 

▲フロントアーマーの接続口
▲肩のハードポイント
▲脚部のハードポイント
▲リアアーマー、大腿部のハードポイント
▲背部は新たに接続パーツがついている。

また、キットにはボーナスパーツとしてブースターとスタビライザーパーツがついてくるので、従来のスティレットと同じように組むこともできる。
 

 
付属の武装は60mmガトリングガン、2連装ミサイルランチャーではなく、腕部に装着されたシェイパーカノン/イオンレーザーカッター×2とオプションとしてサブマシンガン×2。
 
シェイパーカノン/イオンレーザーカッターは銃口の差込口を付け替えることで、レーザーブレードの発振を再現できるぞ。
 

▲シェイパーカノン/イオンレーザーカッター
※台座は別売です。

そして、オプション武装のサブマシンガンは組み換えることで火力重視モード、精密射撃モードにすることができる。組み換えて持たせるだけで、ポージングの幅が広がる。
 

▲ダブル・サブマシンガン
▲火力重視モード
▲精密射撃モード

塗装&可動範囲

素組から塗装をするだけでプラモデルはその見栄えが変わる。今回の「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」は成形色に近い色合いで塗装してみた。

そして、気になる可動範囲だが、フレームアームズは素体(アーキテクト)の可動範囲が広く、細身のスティレットはその可動範囲を十分活かすことができる。例えば、パッケージの片膝立ちも再現することが可能だ。
 

 
膝関節は二重関節となっており約160度曲げることができ、両膝を曲げることで正座姿勢も取れるぞ。
 

※台座は別売です。

そして、肩の可動域は上下への腕振り、横への展開はもちろん、肩を寄せたり、開いたりすることもできる。拳を振りかぶったり、腰に回したりとより躍動感のあるポージングができるぞ。
 

 

※台座は別売です。

ミキシングビルドに挑戦!

「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」にコトブキヤから発売されているオプションキット「M.S.Gモデリングサポートグッズ」などでミキシングビルドに挑戦!
 
テーマは“寄せ集めの突貫機”! 少ない物資を知恵と技術でまとめた一度きりの出撃武装というコンセプトだ。※塗装済みです。
 

※台座は別売です。

「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」を主体として、右脚部は「SA-16 スティレット:RE」の装甲を装着。左肩はフレームアームズ・ガール向けのパーツ「M.S.G ドレスアップパーツ サイドマント」で左腕を覆う。「凄い武器がマントからのぞいている」感じがマニアックでたまらない。
 
他にも右肩、脚部には「M.S.G へヴィウェポンユニット19 ソリッドラプター」のパーツを使用し、フロントアーマーに「M.S.G メカサプライ13 ラジエートフィンA」の小型ラジエートフィンを装着。
 

※台座は別売です。

背部のバックパックは「M.S.G メカサプライ04 プロペラントタンク〈丸〉」に大型のラジエートフィン、そして、「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」と「SA-16 スティレット:RE」のブースターを装着。他にもソリッドラプターのジェットエンジンやプロペラントタンクを装備。
 

 
そして、左腕を「M.S.G ヘヴィウェポンユニット04 グレイヴアームズ」で代用。
 

 

使用したキット
SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉
SA-16 スティレット:RE
M.S.G ドレスアップパーツ サイドマント
M.S.G へヴィウェポンユニット19 ソリッドラプター
M.S.G メカサプライ13 ラジエートフィンA
M.S.G メカサプライ04 プロペラントタンク〈丸〉
M.S.G ヘヴィウェポンユニット04 グレイヴアームズ

 
腕を武器に付け替えたり、マントを装着したりと「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」は自分の思い描いた機体コンセプトの欲求に応えてくれるキットと言えるだろう。
 
また、「ミキシングビルドをしてみたい」という人にオススメだ。ハードポイントが多いため、複雑な処理をしなくてもオプションパーツをつけるだけで「自分だけの機体」を組み立てることができる。
 
また、コトブキヤ直営店舗(立川、秋葉原、日本橋)、コトブキヤオンラインショップで「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」を購入すると、コトブキヤショップ限定特典『デコマス色分け再現 特別成型色ランナー』が2枚ついてくる。キットとは別の成形色でさらなる個性を引き出せる。
※ご予約いただいた方には、必ず特典をお付けいたします。※特典付アイコンや限定特典の表記が商品ページから無くなりますと、配布終了となりますのでご注意ください。
 
そして、「SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉」と「M.S.G(モデリングサポートグッズ)」を使ったミキシングコンテストが7月に開催!


レギュレーションを守って、キミだけの機体を作ってエントリーしてくれ! 
 

『スティレット×M.S.Gミキシングコンテスト スティレット装備拡張プラン試験』の詳細はこちら!
https://stylet-mixing-contest.kotobukiya.co.jp/

 

商品概要
SA-16Ex スティレット〈装備拡張試験型〉
 
■好評発売中!
■価格:4,950 円(税込)
■仕様:プラモデル
■スケール:1/100
■原型/設計:丸家 裕之介
■サイズ:全高 約160mm
コトブキヤオンラインショップ販売ページ

© KOTOBUKIYA
BASE FRAME ARMS DESIGN by TAKAYUKI YANASE

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine