• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第103回 虫取り大会のその後
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第103回 虫取り大会のその後

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第103回 虫取り大会のその後

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第103回 虫取り大会のその後

虫写真注意!

週末にお伝えした通り、6月27日は『あつ森』では初となる“ムシとり大会”でありました。
 

制限時間3分で、どれだけたくさんの虫を捕まえられるか……を競うイベントで、数に応じて主催者のレックスからポイントが付与され、10ポイントごとに非売品の虫グッズがプレゼントされる……という虫好きにはタマラナイ催しとなったのである。
 
かく言う俺も、小学生のころから、脚がたくさん生えた生き物は何でも好きです愛していますという筋金入りの節足愛好家である。
 
愛読書は昆虫図鑑で、小学3年生くらいまでは毎日図鑑の虫たちをノートに描き写し、それを片手に山や川にいって虫採集をしてくる……という生活を送っていた。
 
結果、夏になると家のあちこちにカタツムリが詰まった瓶、アマガエルやアカガエルの水槽、コオロギの箱、カマキリの枝……なんてものが大量に持ち込まれ、オフクロを幾度となく絶叫させたものだ。
 
しかも“カマキリの枝”なんて、デカいカマキリを“載せていた”だけのシロモノなので、部屋に設置した数分後にはカマキリの姿なんて跡形もなく消えていたんだけど(苦笑)。枝から脱走したカマキリが、夕食時の食卓に天井からボトリと参上したときは、さすがの俺も若干ビックリしたけどな。
 
ちなみに、俺の虫好き(というか生き物全般好きなんだが)はオトナになっても変わらず、いまだにちょっと珍しい虫やら動物を見ると条件反射的に写真に収めてしまっている。
 
以下“虫写真注意”なのだが、ここ最近のベストショットは、『あつ森』にも出てくる“ショウリョウバッタ”を発見し、
 
「うお!!! 近年稀に見るデカさ!!!www」
 
と驚いて、嬉々として撮影した↓この1枚だ。

ムシ~~~ん……www

しかもこれ、大自然の中で撮影した写真ではなく、100万都市のさいたま新都心駅バス停で撮ったものだ。バッタさんの存在感も脚の開きも完璧な1枚www 永久保存版だなwww
 

ムカデとゴキブリ

さて、『あつ森』での“第1回”虫取り大会は6月27日に終了したわけだが、このイベントは夏の期間中は定期的に開催されるので、
 
「今回、ぜんぜん景品を集められなかった><」
 
という人も、取り返すチャンスはいくらでもあるので気にしなくていい。↓こんなに実施されますから。
 

虫取り大会のスケジュール

・6月の第4土曜日(実施済)
・7月の第4土曜日
・8月の第4土曜日
・9月の第4土曜日
 
暑い虫の季節は、毎月行われるってわけだ!
 
ちなみに、俺の結果はどうだったのか?
 
じつは……すでに、最後の記念品(金の虫トロフィー)がもらえる300ポイントも突破していて、第1回大会ですべてをやり尽くしてしまったのだよ!!w
 

当然、10ポイントと引き換えにレックスが手渡ししてくれる景品も6月27日の午前中にはコンプリートしていて、イベントの後半は同じものを何個も何個もダブりでもらっていたわ(苦笑)。
 
でも……いいのだ!! 俺にはダブりでたくさんもらいたいいくつかのアイテムがあったから!!
 
俺が欲しかったレックスお手製の景品は、以下の4つでありました。
 
・アリづか
・おもちゃのゴキブリ
・おもちゃのムカデ
・クモのす
 
これですよコレコレ!!w
 
というのも、自宅の2階をどんなコンセプトでレイアウトするのか、ずっと悩んでいたんだけど、
 
「このクモの巣やらおもちゃの虫を使ったら……ステキな“廃墟風ルーム”が作れるのでは!?w」
 
とピンと来て、イベント後半はコレら目当てで虫を捕りまくっていたのである。
 
その結果……どんな部屋ができたのかというと!!!w
 

うは!!!!www 絶対住みたくねぇぇええええ!!!www
 
できたできたwww スカイリムとかでガイコツやミイラが転がっている、地下の廃墟風の部屋www 惜しむらくは、あと10匹くらいゴキブリとムカデがいるといいんだけど……それは、7月の大会でがんばってゲットするしかないなー!!w
 

3つ目の観光スポット

なお、“アリづか”はどうなったのか?
 
じつは以前、カモメのジョニーから“ピラミッド”をもらったことがあって、
 
「こいつを使った景勝地を作りたいなぁ……」
 
と長らく考えていたのよ。でも、ピラミッド以外にそれっぽいアイテムを持っていなくて、開発がペンディング(棚上げ)になっていたんだけど……アリづかを大量に手に入れたことにより、ついに工事に着手したのだ!!
 

 
島の高台に砂を敷き詰めて……そこにアリづかとくさったカブ(リアルにアリを発生させるためにねw)、そのほかのアイテムを設置して……。
 

 
ピラミッドも置いた結果……↓このような観光スポットができました!!w
 

 
おおおお!!ww 砂漠にピラミッドと砂の城、そしてアリづかがよく似合うぅぅぅううう!!!ww
 
これで、古墳、自由の女神に続く3つめの観光地ができたぞww ルナステラ島にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!!w
 
続く。
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

  『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo
 
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!
 

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)