TOP ニュース アニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」の「タチコマ」がフィギュアになって登場! あの可愛さとカッコよさをアニメのままに再現だ!
ニュース

アニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」の「タチコマ」がフィギュアになって登場! あの可愛さとカッコよさをアニメのままに再現だ!

TwitterFacebookLine

Netflixオリジナルアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」の「タチコマ」と「草薙 素子」がまさかのフィギュア化! アニメの新型「タチコマ」の設計に基づき各種ギミックを搭載した、リアルなフィギュアになっているぞ。株式会社メガハウスが2021年1月頃に発売を予定し、現在予約受け付け中だ!

 

「タチコマ」ってどんなキャラクター?

Netflixオリジナルアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」は、士郎 正宗氏の原作コミック「攻殻機動隊」の3Dアニメ。持続可能な戦争(サスティナブル・ウォー)がもたらした新たな人種「ポストヒューマン」をめぐる、草薙素子率いる「公安9課」の戦いを描いたSF作品だ。

 

そんなアニメ「攻殻機動隊」シリーズには人気の看板キャラクターがいる。それが今回フィギュアになった「タチコマ」と呼ばれるロボットだ。「タチコマ」は搭乗者の考えている通りに動くことから思想戦車ともよばれるAI搭載のロボット。その戦闘能力の高さからは想像できない可愛らしい言動でとても人気だ。

 

アニメを再現! フィギュアの「タチコマ」は多数のギミックを搭載!

アニメの「タチコマ」に基づいて設計されたフィギュアだから、実際にアニメのシーンを再現できるぞ。例えば脚部のパーツを入れ替えて歩行モードと走行モードの変形を再現したり、背面ポッドが開閉して「草薙素子」フィギュアを中に入れたり自由自在! 他にもガトリングやグレネードの武装を換装できるなどロマンにあふれたフィギュアなんだ。

 

▲歩行モードの「タチコマ」
▲走行モードの「タチコマ」
▲足を自由に動かせるから、いろんなポーズができる。
▲背面ポッドはまさかの開閉ギミック付き
▲背面ポッドに「草薙 素子」フィギュアを乗せることも可能だ!

 

ファン必見のフィギュア『ヴァリアブルアクション Hi-SPEC 攻殻機動隊 SAC_2045 タチコマ&草薙素子』でアニメの好きなシーンを再現しよう!

 

【商品概要】
『ヴァリアブルアクション Hi-SPEC 攻殻機動隊 SAC_2045 タチコマ&草薙素子』
■価格:16,800円(税込)
■商品内容:彩色済み完成品フィギュア(タチコマ、草薙素子)、台座、差し替え武装パーツ各種
■商品素材:ABS、POM、ダイキャスト
■商品サイズ:タチコマ全長 約110mm/草薙素子 全長約85mm
■販売ルート:全国のホビーショップ、量販店、オンラインショップ
■発売月:2021年1月予定

■商品ページはこちら

■『攻殻機動隊 SAC_2045』公式サイトはこちら

※ 商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※ 最新の情報はメガハウスの商品情報ページ「メガホビ」をご確認ください。

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine