TOP ニュース 「新人コミック大賞(児童部門)」レジェンド審査員の先生方から、次期審査員の先生方へのバトンメッセージ【むぎわらしんたろう・曽山一寿・松本しげのぶ・村瀬範行】
ニュース

「新人コミック大賞(児童部門)」レジェンド審査員の先生方から、次期審査員の先生方へのバトンメッセージ【むぎわらしんたろう・曽山一寿・松本しげのぶ・村瀬範行】

TwitterFacebookLine

むぎわらしんたろう先生から3先生へのメッセージ


まずは審査員の皆さま、沢田先生、しんぼ先生、樫本先生、長期にわたり本当にお疲れ様でした。
 
後から、審査員にくわえていただいたのに、あたたかかく向かえてくださって、漫画の話をたくさんできて、幸せでした!
 
みなさんの受賞者に対する言葉は、自分にも刺激になりました!!
 

曽山一寿先生からのメッセージ


第87回新人コミック大賞から審査員を務めさせていただくことになりました曽山一寿です。
 
実はこの審査員のお仕事、引き受けるべきかどうか、かなり悩みました。
 
理由は僕がギャグ漫画家だからです。
 
ギャグ漫画家はずっとふざけ続けないといけない。
 
真面目に審査をしたり、漫画の描き方などを真面目に教えたりすると、僕の漫画を読者が読んだ時に笑えなくなるのではないか、そういう恐怖がずっとありました。
 
(それが理由でコロコロ漫画大学校などで子ども達に漫画を教える企画などは全て断っていました)
 
ですが、新人コミック大賞に応募してくる方々は、ほとんどがコロコロを卒業した人たちです。
 
少なくとも15歳以上の方が多いと思うので、大人に向けてならば真面目に審査をしても大丈夫かなと思い、審査員を引き受ける事にしました。
 
やるからには誠心誠意、審査をさせていただきます。
 
少しでも未来のコロコロコミックのために貢献できたらこんなにうれしい事はありません。
 
歴代の素晴らしい審査員の方々、僕にとっての神様、沢田ユキオ先生、コロコロのスーパースター、樫本学ヴ先生、新年会でお会いすると必ず僕の首をしめてくれる、のむらしんぼ先生、コロコロのレジェンドな先生方から託された審査員という大仕事を精一杯頑張ろうと思います!
 
むぎわらしんたろう先生、先生と一緒に審査員ができて光栄です!
 
松本しげのぶ先生、村瀬範行先生、僕が一番ライバル視してるアンタ達と審査員を始められてオラァ幸せだよ!!
 
新人コミック大賞に投稿してくださる作家のみなさん、僕の目玉が飛び出るようなすごい漫画をお待ちしてます!!
 
「俺の漫画が絶対一番面白い!!」って気持ちを原稿にぶつけてくださいね!!!
 

松本しげのぶ先生からのメッセージ


この度審査員になることになりました、松本しげのぶです。
 
まだこの賞が藤子不二雄賞であった頃、僕は受賞し、それはそれは感動で震えたのを思い出します。
 
その賞の審査員になるなんて。汗
 
抱負を申し上げる前に……。
 
今まで務められていた樫本先生、沢田先生、しんぼ先生。連載中の忙しい中審査お疲れさまでした。
 
先輩先生にお言葉をと言われましたので、個人的に受けた恩の感謝からお伝えします。
 
樫本先生は、一見ゆるい感じでおられるのですが、作品に対してはすごくストイック。
 
著作品の学級王ヤマザキ、コロッケ。
 
内容のクオリティや見やすさ、解りやすさなど、児童マンガとはこうあるべきだと作品で語ってくれました。
 
僕らコロコロ漫画家の目標です。
 
とにかく樫本先生の目にとまるような漫画家にならねばと連載が始まった時に僕は意気込んでいました。
 
そのデュエルマスターズの連載中にスランプになった時、一体この壁をどう乗り越えればいいのか解らず、編集に伝え樫本先生と対談させていただいたことがあるのですが、色々話を聞くなか、樫本先生は僕の事もライバル視してくださっていて…もう目標達成した!…と僕はそれだけで嬉しくスランプにも立ち向かい乗り越える事ができたのです。
 
沢田先生は、コロコロの父のようで、全ての作家に優しい言葉をかけてくださった。人見知りの激しい僕が先生方の輪に溶け込めたのも沢田先生のおかげです。
 
著作品のスーパーマリオくん。
 
僕はデュエルマスターズの連載時も昔と変わらず先生の作品を楽しく読んでいました、ある日、僕の息子が小学校2年生の時に、コロコロコミックを初めて手に取って読んだのですが、真っ先に沢田先生のマリオくんを読み始め大笑いしたのです。
 
僕のマンガは読みもしませんでした(泣)。
 
何か大切な事を忘れていた、稲妻をうけたような衝撃を受け、即刻沢田先生に連絡をして、その旨を伝えました。
 
漫画を初めて読む子供が理解できる漫画。
 
憧れです。
 
しんぼ先生は、僕が小学校の時から大好きだった先生です。小学校の時、コロコロの漫画家で作家の名前を初めて覚えたのは、藤子不二雄先生と、のむらしんぼ先生でした。
 
とどろけ一番とつるピカハゲ丸、コロコロで僕が漫画を書く時に、自然とその影響が出ています。子供の時何も考えず先生の作品を楽しんでいましたので染み込んでいるのです。
 
先生にも僕がスランプの時に対談をお願いしてコロコロの歴史やコロコロとはいかなるものかを聞かせていただきました。
 
しんぼ先生の歩んできた漫画道は凄くて、僕の乗り越える壁がちっぽけなものに感じました。コロコロで漫画を描けることに誇りを持てました。
 
この偉大な先生方の後、どこまでできるか不安ですが、精一杯頑張ろうと思います。
 
これから漫画家を目指す皆さんへ。
 
漫画家の道は険しいものですが面白いものさえ描けばいいとてもシンプルな世界です。
 
まずは自分が面白いと思うものを追求してください。
枠にとらわれない自由な発想で!!
 
漫画界、コロコロを盛り上げるため、いっしょに頑張りましょう!
 

村瀬範行先生からのメッセージ


<樫本先生>
変わらぬムラッセ呼び、ありがとうございカス! 児童漫画への愛情が溢れる樫本先生からバトンを引き継ぐことに、とても重圧を感じます。児童漫画をケーシ(軽視)するヤツらをギャフンと言わしてくれそうな応募者を、ケッして見落とさないよう全力を尽くします!
 
<沢田先生>
ちゃんとしてる沢田先生の漫画が大好きです! 沢田先生のようにぼくもちゃんとありたいと思ってます! ちゃんとしてる応募作品はむちゃくちゃ甘くしよう思ってます! 橋渡し的な役目……心に沁みます。できるかぎりのことはしていきたいと思いました。ていうか新年会は沢田先生もいるじゃないですか! 後ろに付くので勉強させてください。
 
<しんぼ先生>
子どもの心をずっとなくさずにいるしんぼ先生。児童漫画の応募作品でしんぼ先生に拾い上げてもらえた作家も多いことと思います。ぼくにできるかわわかりませんが、応募作品のそういった部分も見つけてあげられたらなと思います。
 
<むぎわら先生>
樫本先生のお言葉と同じですが、審査員をご一緒させていただけることを大変光栄に思います。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いしたします。ミュージアムで審査会しますか? 行きます。
 
<審査員を務めるにあたっての意気込み>
自分は編集さんや先輩作家さんなどいろんな人からいろんなことを学んでここまで描けるようになりました。ですので、現段階で描けてる人への評価はもちろんのこと、技術はまだでも面白い発想をしている方への評価もしていきたいと思っています。
 
<未来の作家へアドバイス>
知り合いの子どもをとっつかまえて自分の作品を見せましょう。その子たちがどこで楽しんでいるのかを見逃さず反映させましょう。修正の時間を節約できるので早めにデジタルを導入するといいと思います。
 

「第87回小学館新人コミック大賞」応募作品を募集中!!

むぎわらしんたろう先生、曽山一寿先生、村瀬範行先生、松本しげのぶ先生が審査員を務める「第87回小学館新人コミック大賞」は、2020年9月15日(火)が締め切りだ!
 
大賞受賞者には、副賞として賞金200万円のほかにも液晶タブレットなどを贈答! さらに、全ての応募作品に添削をして原稿返却時に同封!! アドバイスを生かして、次回作につなげられるんだ! 応募者特典や応募形式は、下記リンクから確認しよう!! 目指せ、未来のコロコロ作家!!!!
 
https://shincomi.shogakukan.co.jp
 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

第86回小学館新人コミック大賞(児童部門) 受賞者&審査員によるオンライン座談会【樫本学ヴ・沢田ユキオ・のむらしんぼ・むぎわらしんたろう】

「第86回新人コミック大賞(児童部門)」受賞者インタビュー 審査員&秋本じゃけぇ編集長からのメッセージも!