• TOP
  • スクープ > 【デュエプレ×ロックマンエグゼ】コラボ記念! 開発者クロスインタビュー!! 後編
  • TOP
  • スクープ > 【デュエプレ×ロックマンエグゼ】コラボ記念! 開発者クロスインタビュー!! 後編
デュエル・マスターズ

【デュエプレ×ロックマンエグゼ】コラボ記念! 開発者クロスインタビュー!! 後編

再びデュエマ×エグゼが共演(ネット)する!

 
好評配信中のスマートフォンアプリ『デュエル・マスターズ プレイス』で夢のコラボが実現!
 
カプコンの大人気ゲームシリーズ『ロックマンエグゼ』とのコラボイベントが7月28日(火)に開催!
 
ロックマンがデュエプレ(アプリ)の世界にプラグイン!? ロックマンとのデュエルに、イベント期間中の限定報酬、そして、あの最強のネットナビの姿……と気になりまくりのイベントとなっている。
 
※7月17日予定のコラボ発表記事など。
 
『デュエル・マスターズ』と『ロックマンエグゼ』は2005年に公開された劇場版でのコラボし、数々のコラボが実現した。そして、15年の時を経て、今回はネットの世界で共演を果たす。
 
今回はデュエプレ×ロックマンエグゼコラボを記念して、当時のコロコロコミックで『ロックマンエグゼ』シリーズの最新情報を届けてくれた江口名人と『デュエル・マスターズ プレイス』のディレクター、トモさんとのクロスインタビューをお届け。

江口名人:
ロックマンエグゼシリーズの名人兼シナリオ担当。
これまで様々なロックマンシリーズの制作に携わる。
只今、来るべき健康診断に向けダイエット中。
トモさん:
デュエル・マスターズ プレイスのディレクター。
デュエプレをより盛り上げるために日々闘い続けている。
最近は待っているのはボードゲーム集め。

——前回も少し出ました2005年当時のエピソードをお聞きできればと思います。ゲーム、ホビー、イベントと展開した『ロックマンエグゼ』ですが、コロコロコミックで連載されていたまんが『ロックマンエグゼ』(作:鷹岬諒)との関わりはいかがでしたか?

▲『ロックマンエグゼ』(作:鷹岬諒)

江口名人:まんがは鷹岬先生がいつもロックマンと熱斗たちをカッコよく、ときにはジーンとくるいいお話など毎回描いていただきました。
 
毎回ネームのチェックをさせていただいて、大きくキャラクターの世界観からずれることはないかのチェックはさせていただいてたんですけど、正直そんな修正するところもなくって、本当に誰よりも先に鷹岬先生のまんがを読んでいる感じでしたね。
 
——最初の読者的な感じでしょうか?
 
江口名人:そうです(笑)
 
また、コロコロコミックは毎月新しいお話ができるんですけど、ゲームは当時のペースで言ったら一年に一回しか出せない。なので、「こっちも、いいお話があるのに!」、「こっちが発信できるのは半年後……」」とすごい刺激というか負けてられないと思いつつ、毎回うらやましく思っていましたね。
 
——今回のコラボを記念して、コロコロオンライン上で鷹岬先生の『ロックマンエグゼ』の厳選エピソードを掲載しています。そこで、江口名人のまんが『ロックマンエグゼ』の注目ポイントを教えてください!
 
江口名人:そうですね。まずはやっぱりロックマンと熱斗くんの友情や兄弟愛という二人の関係性という部分に注目してもらいたいです。そして、ロックマンとフォルテのライバル関係、ココがやっぱり見どころかなと思います。
 
そして、“人間とナビとの関わり”という部分。世界観に深く触れるエピソードも描いていただいているので、そこも一つの見どころかなと思います。
 
——-ありがとうございます。他にコロコロコミックで印象に残っていることはありますでしょうか?
 
コロコロコミックでいうと、やっぱりボスキャラコンテストですね。一番強く印象に残っています。

▲平成13年月刊コロコロコミック7月号で行われたボスキャラコンテスト。ここから、ゲートマンをはじめ、キングマンやレーザーマン、コスモマン、サーカスマンなど数々のオリジナルネットナビが登場した

すごい数の応募があって全部目を通すと、これが全部面白いんです。なので、本当に選ぶのがすごい大変だった。
 
同時に「これはすごい!」と思いましたね。僕が子どもの頃には無印のロックマンのボスキャラコンテストをやっていたので、それが今度は選ぶ側で参加できてすごい、毎回すごい楽しみにしていました。
 
——特に印象に残っているボスキャラはありますでしょうか?
 
江口名人:難しいですね……。でも、“一番印象に”という意味では最初に選ばれたゲートマンですかね。

▲『ロックマンエグゼ2』に登場したネットナビ、ゲートマン。

——ちなみにゲートマンのオペレーターが“名人”なのですが、江口名人がモデルなのでしょうか?
 
江口名人:一応…はい! 一応モデルなんですけれども、「あまり社員が表に出すぎるのはどうか?」ということで、最初はマスクしていたんですよ。
 
——そうですね。ロックマンのフェイスガードみたいなマスクをしていました。

▲『ロックマンエグゼ 2』初登場時の名人。赤いマスクをつけて、白衣をキッチリ着ていた。

江口名人:そうなんですよ。ただ、メディアにもイベントにもコロコロコミックさんにも出させていただくようになって、だいぶチーム内のガードが下がってきてですね、マスク取ってもらえてちょっと男前に描いてもらえたんです(笑)

▲『ロックマンエグゼ 5』の名人。マスクを外し、白衣も羽織る姿に。

——ゲームの名人はシリーズごとに使用ナビが違い、姿も変化しているのも印象的でした。名人の服装などはやはりナビに合わせて変化していたのでしょうか?
 
江口名人:そうですね。ナビが先に決まってから、そのシリーズの名人のデザインを決めるっていう流れでした。
 
『ロックマンエグゼ4』の時は使用ナビのケンドーマンに合わせて、ジャージ着て竹刀持ってましたね(笑)
 
ですが、ボスキャラコンテストで受賞したナビを使うので複数採用されるようになると、どれかに特化した姿にはしにくくなりました。なので、どのナビを使っても大丈夫なように、フラットな感じにはなっていきました。
 
——ありがとうございます。では、続いての質問ですが、『ロックマンエグゼ』のキャラクターやナビたちの中には、歴代ロックマンシリーズのキャラクターたちがモチーフになっていると思います。そのデザインの決定やどのキャラクターを使うかのお話をお願いします。
 
江口名人:『ロックマン』シリーズは大元の『ロックマン』から始まり、『ロックマンX』シリーズもあったり、『ロックマンDASH』シリーズがあったりと、ものすごい数のキャラクターがいます。これはもう“ロックマンコンテンツ”としてはものすごい武器なので、魅力的なキャラクターをエグゼに登場させる、というのは当然ひとつありました。
 
『ロックマンエグゼ』の世界は、時系列と言いますか、時空の並びでは実は無印のロックマン、“ロボットのロックマン”とパラレルに存在するイメージなんです。
 
その大元のロックマンがライト博士を中心にロボット工学が発展した世界。そしてエグゼはネットワークが発達した世界で「ロックマンはどんな姿になるのか?」とイメージを作っていきました。
 
——なるほど。私的なことなのですが、『ロックマンエグゼ』から入って他のシリーズを遊んだ時、「エグゼのナビが出てる!」と逆転現象のような発見があってワクワクしました。
 
江口名人:ありがとうございます。関わっていたスタッフが歴代のロックマンに関わっていたスタッフがすごく多く、「あの作品からこのキャラクターもってこよーよ!」とかありました。
 
——魅力的なキャラクターが多いロックマンシリーズですが、エグゼに登場には基準などがあったのでしょうか?
 
江口名人:色々あります。まず各シリーズにどのキャラクターを登場させるかというところで、『ロックマンエグゼ』の重要な要素となる属性の設定があります。火属性とか水属性とか。
 
そのあたりのバランスを取って、そのナンバリングに登場する属性のナビ、ロックマンの変身するスタイル(スタイルチェンジやソウルユニゾン)などを比べて、「水属性のナビが必要だ」となったときに、「過去作から持ってこれる水属性のキャラクターは誰だろう?」みたいな感じで、ゲーム的な設計から抽出するものもあります。
 
中には、開発からの強いプッシュで出てくるキャラクターもいました。ほとんどはゲームデザインから選ばれた感じですね。
 
——ちなみに開発チームの要望で登場したキャラクターあるいはナビはなんですか?
 
江口名人:代表的なところではガッツマンです。

▲初代『ロックマン』のボスキャラクターの1体であり、『ロックマンエグゼ』では大山デカオのネットナビとして1から登場。4でのトーナメントレッドサンではソウルユニゾン、ガッツソウルも登場した。

——また、『ロックマンエグゼ』はこれまでのロックマンシリーズとは違ったRPG要素やバトルシステムも新鮮でした。特にプログラムアドバンス(※1)を知った時は、バトルがさらに面白くなったと思います。
 
※1:特定のバトルチップを組み合わせることで発動する特殊な攻撃。
 
江口名人:そこはやはりカードゲームなので、例えば、ポーカーのロイヤルストレートフラッシュみたいな感じですね。なので、アルファベットを揃えたり、特定の組み合わせですごい大技が出せるっていうのは最初から設定されていました。
 
——その中でも江口名人のお気に入りのプログラムアドバンスとかってありますか?
 
江口名人:そうですね。派手でカッコいいプログラムアドバンスはたくさんありますが、やはり基本中の基本である、キャノン3枚を組み合わせた「ゼータキャノン」ですね。あれを初めてみたとき、すっごい嬉しかったっていうのを覚えてます。

▲『ロックマンエグゼ』シリーズでは1〜3で登場したプログラムアドバンス。キャノンA,B,Cのようにアルファベットを揃えると……
▲「ゼータキャノン1」に変化! 5秒かんインビジブルになってキャノン撃ちほうだいの強力な攻撃だ。
▲『ロックマンエグゼ3 BLACK』では名人からこんなアドバイスも聞けるぞ。

——エグゼに関して詳しく色々と聞かせていただいてありがとうございました。それでは最後に今回のコラボを楽しみにしているプレイヤーの方々にメッセージをお願いします!
 

トモ:『デュエル・マスターズ プレイス』でどういう風にロックマンエグゼが登場するのか、そして、プレイヤーとどう関わり、実際のゲームではどんな活躍をするのか、楽しみに待っていただけたらと思います。
 
特に基本はカードゲームなので、「ロックマンが登場することによって、カードゲームとして一番楽しいのは何なんだろうか?」っていうところに力を入れました。ロックマンと触れ合え、フォルテともある程度絡めるような要素も用意しております。さらにゲーム内では、プレイヤーの見た目を変えることができるスキンがあり、今回のイベントではロックマン、フォルテのスキンが登場します。
 
あと“ちょっとしたコラボ演出”とかもあるので、そこを見つけていただけると『ロックマンエグゼ』と『デュエル・マスターズ』を両方遊んでいた世代の方々も楽しんでいただけるかと思います。ぜひデュエプレ×ロックマンエグゼコラボイベント、楽しみにしていてください。
 

 
江口名人:『ロックマンエグゼ』がお久しぶりの方も、はじめましての方もいらっしゃると思います。デュエル・マスターズのアプリ『デュエル・マスターズ プレイス』という舞台で、再びロックマンが活躍できる場をいただきました。
 
お久しぶりの方は、デュエマの世界でどんな活躍をするのか? そして、はじめましての方は、ロックマンていうものに興味を持っていただけるとすごく嬉しいです。ロックマンキャラクターたちが、デュエルマスターズの世界を、より楽しくしてくるよう活躍してくれると思いますので、ぜひ楽しんでいただきたいなと思います。
 
——ありがとうございました。『デュエル・マスターズ プレイス』×『ロックマンエグゼ』コラボイベントは7月28日(火)開催予定! その時はみんなも一緒にプラグイン!
 

アプリ概要
タイトル:『DUEL MASTERS PLAY’S(デュエル・マスターズ プレイス)』
ジャンル:対戦型カードゲーム
配信先:App store/Google Play
好評配信中!
価 格:基本プレイ無料(アイテム課金制)
公式サイト:
https://dmps.takaratomy.co.jp
DUEL MASTERS PLAY’S(デュエル・マスターズ プレイス)公式Twitter:
https://twitter.com/dmps_info
DUEL MASTERS PLAY’S(デュエル・マスターズ プレイス)公式LINE:
https://line.me/R/ti/p/%40723prcyu
配信ページ:
App Store :
apps.apple.com/jp/app/デュエル-マスターズ-プレイス/id1478829750
Google Play :
play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.takaratomy.duelmastersplays

© 2019 Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids © TOMY ©DeNA
🄫CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)