• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×たいじが“カラマリ VS GGBoyZ”の激闘を振り返る!~2~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×たいじが“カラマリ VS GGBoyZ”の激闘を振り返る!~2~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×たいじが“カラマリ VS GGBoyZ”の激闘を振り返る!~2~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×たいじ 第2回】

あとばる選手×たいじ選手の対談第2回目!
 
今回はたいじ選手が『スプラトゥーン』をプレーするようになったきっかけやGGBoyZ結成の経緯、さらにカラマリとGGBoyZのこれまでの激闘についても聞いてみたぞ。
 
「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会

 
NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目
https://www.openrec.tv/live/o7z4m19olzl
 
NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会2日目
https://www.openrec.tv/live/ykz0xvkn0zw
 
あとばる選手所属のカラマリと、たいじ選手所属するGGBoyZが激突した「第4回スプラトゥーン甲子園」と「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の試合は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
たいじ
「スプラトゥーン甲子園」とE3で開催された世界大会をそれぞれ2連覇するなど、スプラトゥーン界でも桁外れの実績を持つ最強チーム・GGBoyZのリーダー。初代『スプラトゥーン』の頃から凄腕プレーヤーとして名を馳せ、数々の大会で活躍。そのあまりの強さから「スプラの王」との異名を取るほど。とくに大舞台では驚異的な勝負強さを発揮しており、今年開催された「第5回スプラトゥーン甲子園 関東地区大会DAY1」でも安定感抜群のプレイングでチームの優勝に貢献。「スプラトゥーン甲子園」3連覇という偉業達成にも注目が高まる。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/Yaritaiji

 

「俺のほうがうまいんじゃね?」が
動画を投稿するきっかけ

――たいじさん選手が『スプラトゥーン』をプレーするようになったのは、もともとは奥様のためにWiiUと『スプラトゥーン』を買ったのがきっかけだそうですね。
たいじ:そうですね。僕、もともと任天堂のゲームってほとんどやったことがなくて。本当に子供の頃にやった64のスマブラ以来くらいだったんですよ。DSとかも持っていなかったし。それで初代の『スプラトゥーン』って発売前からけっこう話題になっていましたよね。CMとかも多かったし。
 それで、妻が「欲しい」というから買ったんですけど、そうすると当然、僕もちょっと触るじゃないですか。そしたらすごくハマって、妻のために買ったはずなのに俺専用機みたいになってしまって(笑)。結果的に俺がハマりすぎたので、もう1台、妻用の分もWiiUを買って2人でやっていました。
 
――めちゃくちゃハマったんですね。
たいじ:仕事帰りにずっとやっていて。休日はもう寝る間も惜しんでずっとやっている感じでしたね。
 
――プレー動画をニコニコ動画にアップしてみようと思ったきっかけはなんだったんですか?
たいじ:もともとニコニコでは『バイオハザード5』というゲームの動画を上げていたんですけど、『スプラトゥーン』をやってみたら全然負けなしで行っていたんですよ。それで他の方が上げている動画もいろいろと見たんですけど、「これ俺の方がうまいんじゃね?」と思って。それで自分で動画を撮って上げたという感じですね。
 
――そうしたらその動画が話題になってという。
たいじ:そうですね。たまたま話題になって。
 
――その後、『1』でさまざまな大会で活躍して、『2』が発売される2017年にGGBoyZを結成するわけですけど、これはたいじ選手がスポンサー契約を結んで、新しくチームを立ち上げたんですか。
たいじ:そうですね。GGBoyZはOPENREC.tvがCyberZからスポンサードを受けて作ったんですけど、もともとは違うところからプロとして契約しないかと誘われていたんです。でも既存のチームに入ると、その名前を背負わなきゃいけないじゃないですか。
 それが嫌で、既存のチーム名を背負いたくないと無駄に思っていて。それで、そのときはOPENREC.tvでも配信をやっていたので、思い切ってOPENREC.tvの方に「あまり縛りを受けたくないから、プロチームとか作れないですか?」と僕が言ったのがきっかけですね。
 


▲(「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会 4:19:07より引用)

 
――その時点でダイナモン選手をチームに入れることは決めていたんですか。
たいじ:決めていましたね。最初にプロチームを作ることをOPENREC.tvの人と話したときに、「ダイナモンは誘いたい」ってことはもう伝えていました。
 
――ダイナモン選手を絶対に欲しいと思った理由は?
たいじ:No Kids(『1』でたいじ選手が所属していたチーム)のときにずっと一緒のチームでやっていましたし、仲も良かったし。ダイナモンは『1』の頃から甲子園の常連だっのもありますし、なんといってもプレーヤーとして『スプラトゥーン』の理解がすごいんですね。それで絶対に必要だなと思って。
 そういう『スプラトゥーン』を理解している人がいると他に誰を誘った方がいいとかもわかるので、まずはダイナモンという感じで誘いました。
 
――ダイナモン選手はすぐOKしてくれましたか?
たいじ:そうですね。すぐにOKと言ってくれましたね。
 
――えとな選手、やまみっちー選手は2人で話し合って選んだんですか?
たいじ:そうです。僕とダイナモンで話し合って、確かダイナモンがえとなを誘って、俺がやまみっちーを誘ったはずですね。
 
――ふたりに声をかけたのはどういう理由だったんですか?
たいじ:やまみっちーは、単純にそのときの環境がシューターが強かったからですね。自分もシューターでしたし、2』でもシューターは腐らないなと思って誘いました。えとなはシューターが2枚いるので、もうひとりはマルチウエポナー的な感じの器用な人を入れたいと思って選びました。
 


▲(「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会 20:42より引用)

 

カラマリとGGBoyZの
激闘を振り返る!

――こうしてGGBoyZが結成されて、第3回甲子園のオンライン大会の決勝でカラマリと激突したわけですけど……。
たいじ:この試合は熱かったので、すごく覚えていますね。
 
――改めてこの試合を振り返っていかがですか。
あとばる:自分としては、あんま思い出したくない試合なんですよね。1本目のタチウオパーキングで、最後にたいじさんが投げたボムを僕が踏んで負けたんですよ。見えなかったんですね。動画に僕のそのときの音声が残っていますけど、もうすごい「ボム踏んだ!」って死にそうな声してて(笑)。
 
――この試合からGGBoyZとカラマリは”因縁のライバル”という見方をされるようにもなりました。
たいじ:この試合が本当に熱かったから。僕らも相当喜んでいたし、九州地区大会で負けてのオンラインでの勝ち上がりだったので、すごくテンションが上がっていたので、めっちゃ覚えていますね。これまでの甲子園の中でもかなり上の方にくるくらい、この試合はマジで嬉しかった。
 
だって僕は泣いていなかったけど、やまみっちー、えとなとか泣いていたし。
 
――GGBoyZ側としても当然、カラマリというチームが強いのはわかっていましたもんね。
たいじ:そうですね。オンラインってレベルがすごく高くて、そこを勝ち上がるのって本当に難しい。
 
――第4回のオンライン甲子園でカラマリが勝ち上がったのも相当凄かったですよね。
たいじ:凄かったでしょ、あれ。
 
あとばる:あれは嬉しかった。
 
たいじ:Twitterのトレンドもカラマリで埋まっていたから。
 
あとばる:負けても勝ってもトレンドに入るという(笑)。
 
――おふたりのチームはやっぱり注目度が高いですよね。
あとばる:GGBoyZもE3の世界大会のときにトレンドに入っていましたもんね。
 
たいじ:そうですね。基本、優勝したらトレンドに入る。
 
――その第4回の甲子園はお互いに全国決勝大会に進んで、ここで再度激突しました。
たいじ:確か2回戦で当たったんだっけ。
 
あとばる:そうですね。1本目のバッテラストリートは自分たちが終始押された感じで負けて、2本目のスメシーワールドがわりと競った感じでしたね。
 
たいじ:そうだ。最後に西澤さんが抜けたけど、間に合わずみたいな感じだった。
 
あとばる:そうです。
 
たいじ:やっぱりカラマリは人気があるので、試合をやると歓声がすごいんですよね。普段だと僕らがキルされたらちょっとため息混じりの声が聞こえたりするんですけど、カラマリとやるとカラマリのファンの方々がすごく盛り上がってくれるんです。それがお互いぶつかる感じがあって、やっていてすごく面白いですね。
 


▲カラマリとGGBoyZが全国の舞台で激突! 両チームのファンも含め大きな盛り上がりを見せた試合となった。
(「第4回スプラトゥーン甲子園」闘会議2019 DAY2 全国決勝大会 4:07:18より引用)

 
――あとばる選手はGGBoyZとの試合は特別な意識があったりしますか?
あとばる:もちろんありますね。お互いに知っているメンバーだからってのもありますけど、最初のオンラインからずっと負けてしまっているチームなので、ちょっとライバル視というか、意識はもちろん持っていますね。
 
――打倒GGBoyZというところは当然意識している。
あとばる:そうですね。GGBoyZが来たら負けたくないってのは、チーム全員あると思います。
 
たいじ:たぶんGGBoyZ側もみんなそう思っていますね。やっぱりお互いプロでやっていたので、負けたくないってのもあって。GGBoyZのファンの人も「カラマリには勝ってくれ」みたいな感じで言ってくるんですね。そういうライバル視的なのはファンも含めてお互いにしていると思うんです。
 
――2019年のNPBの大会でもGGBoyZとカラマリの対戦がありました。初日のリーグ戦ではカラマリがGGBoyZに勝ってパ・リーグ優勝、2日目クライマックスシリーズ(以降、CS)では逆にGGBoyZがカラマリを下して日本シリーズに進出という形でしたが、GGBoyZとしてはリーグ戦で負けたあと、翌日のCSに向けてチームとしてどのような話しをしましたか。
たいじ:この大会は日本一が1番の目標だったので、とりあえず2位でリーグは抜けてCSに進出できたので、あまり気にせずに次の試合を考えようという話はしました。
もちろんカラマリに負けたのは悔しいし、反省すべきところもあるんですけど、あまり落ち込んだりせずにCSを向かえることができました。
 
――カラマリ側としては念願のタイトル獲得みたいなところもあったと思います。
あとばる:あのときはやっとGGBoyZに勝てたという感じでしたね。
 


▲(NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2 本大会1日目 7:54:32より引用)

 
――CSに向けてチームとしてはどんな話をしたんですか?
あとばる:CSは最初にリーグ2位と3位のチームが試合をして、その勝者とリーグ1位の僕らが試合をするというトーナメントになっていたじゃないですか。となってくると、すでに1試合やっているGGBoyZはエンジンかかっているだろうし、僕らは全然触れていない状態で試合することになるので、「そこは意識してやろうね」とは言っていたんですけど……案の定、負けましたね。
 
たいじ:そうなんですよね。甲子園とかでもそうなんですけど、やっぱり最初に1戦やると温まるんですよね。勝てたらそのままの勢いで行けるので、そういう面でちょっと有利になるかもしれない。
 
――実際、その辺は、あとばる選手としてもちょっと難しかった印象はありました?
あとばる:いや、結局は地力の差が出た感じだと思いますね。温まっている、温まっていないも多少はあると思うんですけど、リーグ戦で勝てたのはこっちが上振れたからで、2日目のCSは甲子園2連覇というGGBoyZのもともとの強さが出たかなという感じはしますね。
 

【今回のまとめ】
・たいじ選手が『スプラトゥーン』をプレーしたのは奥様がきっかけ!
・第3回甲子園のオンライン大会の決勝はふたりにとっても記憶に残る試合!
・カラマリとGGBoyZはお互いに負けたくないと意識するライバル同士!

 
次回も引き続き、あとばる選手とたいじ選手の対談をお届け!
 
新たにれんぞーん選手を助っ人に加えて挑んだ「第5回スプラトゥーン甲子園 関東地区大会 DAY1」の試合について聞いていくぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は7/21(火)更新!!