• TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第124回 さよならのアデレード(2)
  • TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第124回 さよならのアデレード(2)

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第124回 さよならのアデレード(2)

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第124回 さよならのアデレード(2)

マジメなコアラ

いまや島で3番目の古参メンバーとなった、コアラの“アデレード”から引っ越しの打診をされた……と前回の日記で書いた。
 

関連記事
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第123回 さよならのアデレード(1)

 
正直、ルックス的には、コアラはそれほど好きなどうぶつではない。『あつ森』でも、リアルでも。なので、いまから4ヵ月前の3月28日に、5番目の住人(ヒノコ・アーサー→アンチョビ→ナッキー→アデレードの順だった)としてコアラが現れたとき、俺の落胆は小さくなかった。
 

甲斐甲斐しく部屋の掃除をする“正統派コアラ”のアデレードを見て、俺はシミジミと思ったものだ。
 
「モロにコアラだな……。アデレードって名前だから、オーストラリア系だとは思ったが……。だったらウォンバットか、タスマニアデビルでよかったのに……」
 
アデレードのマジメを絵にしたような性格も、当初は何の面白みも感じなかった。
 
学級委員長か!!!
 
と、何度呆れて突っ込んだことか……w
 

彼女はどこまで行っても、マジメ一徹だった。
 
特徴的などうぶつたちの中にあって、“いい子”であることはややもすると没個性にもつながりかねないが、それも……徹底して貫けば立派な個性になることを教えてくれたのは、誰あろう、アデレードだったのではあるまいか。
 
リアクションを教えるときも……控えめ。
 

4月12日の誕生日のときはさすがに弾けていたけど、
 

それ以外のときはつねに1歩引いたポジションにいて、ニコニコしながらほかのどうぶつの動きを見守っていた……という感じだった。
 
そう、まさに学級委員長だったのだ。ルナステラ島の、アデレードは。
 

さらば! コアラの学級委員長

そんな、いまではしっかりと自分の定位置をつかんだアデレードが引っ越しの打診をしてきて、俺は言下に却下した……という話を前回書いた。
 
引っ越しを回避したときは、さすがにちょっとホッとしたよ。
 
ふうw まさかアデレードに引っ越しの相談をされるとは思ってもみなかったわw あぶねーあぶねーw まだここにいてもらわにゃ困るよw
 
ってね。
 
これで、この話は終わるはずだった。アデレードも、そんな話をしたことは忘れたと思っていたのに……。
 
なんと、その日の夕方のこと。
 
再びアデレードがフキダシを出しながら歩いているのを見かけたので、俺は気安く話し掛けた。
 
今度こそ、口癖とか俺のニックネームに関する相談だろうなw
 
そう思いながら。
 
ところが……。
 
悩めるコアラの学級委員長は、再度俺に↓こんな相談をしてきたのである。
 

え………………。
 
ま、また、引っ越しの打診……?
 
おおお、同じどうぶつが続けざまに「出て行きたい!」なんて言うことがあるの……!? ア、アデレードの引っ越し話は、もう終わっていたんじゃないのか……!?
 
これには驚いた。引っ越しフラグは完全に消えたと思っていたので、青天の霹靂もいいところであったよ……。
 
思い返すと、1回目の引っ越しフラグを断ったあと、俺はゲームをセーブせずにNintendo Switchの電源を落としたような気がする(スクショが入ったSDカードを抜くために、たびたび電源を落としているのです)。なのでアデレードの「島を出たい」という想いはくすぶり続けていて、再び俺に直談判してきたのでは……。
 
さすがに2回も続けざまに相談されると、こちらの気持ちも揺らぐ。
 
そうかそうか……。そんなにこの島を出たいのか……><
 
学級委員長がいなくなるのは、誇張ではなく寂しいことだ。それは間違いないんだけど……!
 
ここは……やっぱり本人の想いを尊重しよう。三顧の礼じゃないけど、2回もそう言われたら、強引に引き留めることはできないわ。
 
俺は……古参のアデレードの願いを聞き入れた。
 

「ううう……><」
 
うなだれる俺に、アデレードはやっぱりマジメに声を掛けるのであった。
 

それから数時間後。
 
再び『あつ森』を起動した俺は、何事もなかったかのように歩いているアデレードを見つけて、またまた声を掛けてみた。すると……。
 

あ……!
 
これ、もしかしたら、またもや引っ越しフラグは回収されず、すべてなかったことになってる系じゃね???w
 
そんなことを予感させるアデレードのあいさつだったが、話を続けると……。
 

そっか。そうだよな。やっぱり……旅立つんだよなーーー!!><
 
3度目の奇跡は起こらず、翌々日の早朝に“コアラの学級委員長”はルナステラ島から巣立っていった。
 
……またな、委員長!! いつかまたこの島に凱旋してくれよな!!><
 
さあ、いつまでも感傷に浸ってるわけにはいかないぞ。
 
旧アデレード邸に……ステキなどうぶつを招かねば!!
 
続く。

 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)