• TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第131回 天敵“サソリ”を捕獲せよ!(3)
  • TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第131回 天敵“サソリ”を捕獲せよ!(3)

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第131回 天敵“サソリ”を捕獲せよ!(3)

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第131回 天敵“サソリ”を捕獲せよ!(3)

連載130日突破!

本題とは関係ないけど、『あつまれ どうぶつの森』の発売日から書き続けているこの日記“角満島開拓日誌”の連続連載回数130を超えておりましたな!
 
いやあ、こいつはスゴい。
 
平日だけ更新……だったらまだわかるけど、土日も祝日も休まずに記事投下だからな。
 
俺の脳裏にうっすらと、我が愛する広島カープの衣笠さん、大相撲の青葉城といった、連続出場の鉄人の顔がチラつき出す。彼らと比べると130回なんてずっとずっと少ない数字だけど、発売初日から“長文の”(ここはぜひ強調したい)プレイ日記毎日更新できるだけのゲームにハマることは奇跡のように稀なので、この出会いは大切にしていきたいと思うわ。おそらく向こう10年くらいは、同じことはできないと思うしw
 

サソリ話の続きです

さて。
 
連日にわたって天敵“サソリ”との戦いについて書いていたんだった。
 

 

関連記事
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第129回 天敵“サソリ”を捕獲せよ!(1)
関連記事
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第130回 天敵“サソリ”を捕獲せよ!(2)

 
この黒い暗殺者が出現した5月以降、俺の夜のパトロールは、
 
や、やるか、やられるかだッ!!
 
という、冷や汗と緊張感に満ちた、最凶死刑囚と戦っているときのバキたちみたいになってしまったよ。
 
俺がサソリに刺され、生死の境を彷徨った回数は……余裕で20回以上だろう。先日も書いたけどひと晩で4回刺されたことがあるし、このあいだも数えてみたら、
 
あ……。いまので“1週間連続サソリ刺され”を達成したわ……
 
という、冒頭の日記連続更新の話じゃないけど、密かにそんな記録も作っていたのでありました(苦笑)。
 

捕獲の必勝法

そうやって刺されに刺され、救急搬送が続いていた俺がサソリに一矢報いることができたのは……なんと7月に入ってからだ。つまり、じつに3ヵ月ものあいだ、一方的にやられまくっていたことになる。
 
俺がサソリに刺される原因は、1も2もなく“間合いがつかめない”ことにあった。
 
距離の間合い”もそうだし、“呼吸の間合い”もそう。
 
サソリに出会っても、どの距離、どのタイミングで虫あみを振っていいのかわからず、最終的には、
 
さささ、サソリ出ちゃぁぁあああ!!!>< ははは、早くアミを!!!>< いいいい、いますぐ振らないとッ!!!!
 
↑こんな感じでパニックに陥って、
 

ぶっちゅん!!!www
 
一撃必殺の犠牲になっていたのである。
 
そんなある日。
 
俺は、サソリと同様に捕獲ができなくて悩んでいた“ヘラクレスオオカブト”を、あっさり捕えることに成功する。
 

コツは、ソロ~りソロりと狂言師の歩法のようにゆっくりと近づき、間合いに入ったら一気に虫あみを振る……というもの。このとき、個人的にポイントと思ったのは、
 
こちらの気配や殺気を限界まで消し去る
 
ということで、さすがのレア虫も“”には反応できないんだなぁ……と確信したのである。そして……俺は閃いたのだ。
 
こ、この技を使えば……!!
 
俺の脳ミソの中で、黒いゴキブリのような生き物が尻尾をシャキーンと振り上げた。それを見て、「うおおおお!!!」と吠える。 
 
これでイケる!! 戦える!!! 気配を消して、にっくきサソリを捕まえてやるぞぉぉぉおおおお!!!
 

積年の恨みを

サソリに出会うのは、簡単だった。
 
夜の8時過ぎ。
 
虫あみを持ってウロウロしていたら……いた!! カラータイヤの向こうで、尻尾を振り上げてる!!!
 

俺の虫あみに、サソリは気付いている。ここでいつものように、
 
さささ、サソリきちゃぁああああ!!><
 
と騒いでしまうと……ヤツの思う壺だ。……違う。落ち着くんだ俺。パニックになってはいけない。平静を保て。だ。になるんだ!!
 
俺は、心を無にすることに務めた。
 
無だよ。俺はいま、何も考えていない
 
何も考えていない”と考えている時点で無には程遠いが(苦笑)、ヘラクレスオオカブト戦で身に付けた“狂言歩法”で、じりじりとサソリとの距離を詰めていく。
 

ジリ……ジリ……
 
虫あみは手に持ったままだったが、サソリはその場に留まって威嚇するだけで襲い掛かってはこない。どうやら奴らは、“虫あみを手にした状態で激しく動くモノ”に反応するらしく(たぶん)、狂言歩法の俺には襲い掛かれないようだ。
 
緊張しつつ、さらに距離を縮める。
 

ジ゙リ……ジリ……!
 
こ、この距離だったら……! いま虫あみを振るえば、捕獲できるに違いない!!
 
よ、よし……! いくぞ!! 3ヵ月の恨みを、一気に晴らすときがきたッ!!
 
いっけえええええ!!!!
 
虫あみをブン回すと……!!
 

あッ!!!!
 
夏の夜空に、48歳おっさんの叫びが吸い込まれる。つ、ついに……! あの天敵を!!!
 

やったーーーー!!!www サソリ、捕獲したぞぉぉおおおお!!!www
 
はい、ようやく目的を達成しました!w 黒い暗殺者を逮捕することに成功いたしました!!w
 
我ながら、サソリのことだけで3回も日記を更新するとは思ってもみなかったけど(苦笑)、皆さんの昆虫採集ライフの一助になれれば幸いです!w
 
続く!

 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)