TOP ニュース 7夜連続!コロコロオンライン 真夏のホラーゲーム徹底特集③『パラサイト・イヴ』〜FFⅦとハリウッドの融合
ニュース

7夜連続!コロコロオンライン 真夏のホラーゲーム徹底特集③『パラサイト・イヴ』〜FFⅦとハリウッドの融合

TwitterFacebookLine


「FFⅦとハリウッドの融合 スクウェアUSA発、シネマティックRPG」——これは、1998年に発売されたプレイステーション用ソフト『パラサイト・イヴ』の帯に書かれていたキャッチコピーだ!
 
同作は『ファイナルファンタジーVII』と同じく野村哲也氏がキャラクターデザインを務めたほかにも、『ファイナルファンタジー』シリーズの生みの親である坂口博信氏がプロデューサーとして制作を指揮。脚本や企画は『ファイナルファンタジー7』のイベントデザインを手掛けた時田貴司氏、音楽は『キングダムハーツ』シリーズや『ファイナルファンタジーXV』などで知られる下村陽子氏などが参加している。
 
さらに、著名なハリウッド映画の制作に参加したスタッフがCGを担当するなど、さながら映画のような当時最先端の美麗なムービーが話題を呼んだ! 原作は、瀬名秀明氏による同名小説。97年には小説の映画化もされている。
 

▲凛々しいアヤの姿に見惚れたプレイヤーも多いだろう
 

20年の時を超えてなお色あせない名作

『パラサイト・イヴ』は時代が求めた作品だった。1998年前後といえば、 “貞子”で知られる映画『リング』などのジャパニーズホラーが隆盛を極めた時代。加えて、前年に大ヒットを記録した『ファイナルファンタジーVII』の野村哲也氏がキャラクターデザインを務めるとあれば、同作が注目されないはずがなかった。
 
どこか妖しげな色気をまとった同作に、当時中学生だった筆者の心はわしづかみにされた。時代を超えて、今なお輝くこの名作を、コロコロオンラインの読者にもどうかプレイしてほしい!!!!
 


 
主人公は、アヤ・ブレア。ニューヨーク市警第17分署の警察官だ。クリスマス・イヴの夜、オペラを観劇するところから物語は始まる。
 

▲ドレスアップしたアヤ。ドレスのスリットがセクシーだ!
 

▲新進オペラ女優のメリッサ・ピアス。美しい歌声を披露するが……
 

▲突如、共演者や観客の体が燃え始める。人体発火事件の始まりだ
 

▲映画のような美しいカメラワークと構図のムービー
 
アヤが舞台上のメリッサに銃口を向けて近寄る。すると、メリッサは人格が変わったかのような口調でアヤに語り掛ける。
 
「やはり、おまえだけは発火しないようだ」
「おまえも目覚めはじめているはず」
「おまえの細胞の奥から聞こえてくるはずだ」
「目覚めよと呼ぶ声が」
 
メリッサが言及しているのは、“ミトコンドリア”による覚醒だ。人間に寄生(パラサイト)して自己増殖する細胞のことで、作中では、このミトコンドリアをめぐる謎が物語の鍵となる。
 

▲メリッサを追って、劇場の楽屋スペースへと移動するアヤの前に1匹のネズミが……
 

▲ミトコンドリアのはたらきによって、ネズミのなかの細胞が攻撃的な形に変異
 

▲すると、ネズミがおどろおどろしい姿に変形。バトルのスタートだ!
 

▲バトルは銃を使った遠隔攻撃と打撃武器による近接攻撃に分かれる。銃弾をうまく節約しながらゲームを進めよう
 
メリッサを追い詰めたアヤ。しかし、ピアノを弾く彼女の指が、全身が美しくも恐ろしい形へと歪(ゆが)んでいく。
 

 
そして、表示される名前が“メリッサ”から“Eve(イヴ)”へと変わった。人類の始まりを謳うアダムとイヴの神話にちなんだ名前。そう、新たなる生命体が誕生した瞬間だ。
 

▲Eveの目覚めの瞬間
 

▲人間に“寄生”していたミトコンドリアの“解放”。その言葉の意味するものは……?
 


 

謎が謎を呼ぶ展開に引き込まれる

アヤの言葉を借りるなら、これは「悪夢のような6日間」の始まり。実在するビルや博物館など、1日ごとにステージを変えては物語の核心に迫っていく。いつもは人で賑わっていたであろう場所を探索するのも、どこか薄気味悪く感じられるのは映画のような演出があってこそ!
 
ミトコンドリアの解放とは? なぜアヤの体だけが燃えなかったのか? 徐々に“力”に目覚めていくアヤはどうなるのか? 謎が謎を呼ぶ展開に、コントローラーを握る手が離せない! アクティブタイムバトルを踏襲した、息を呑むバトルも楽しんでくれ! ジャパニーズホラーの全盛期にゲームとして世に放たれた傑作を、ぜひ体感してほしい。
 

▲武器や防具の強化システムがクセになる。性能を付け替えてオリジナルの装備をつくろう
 

▲当時プレイしたことがある人も、ぜひ改めて遊んでほしい。シナリオをより奥深く堪能できるはずだ
 

▲物語の続きは、ぜひキミの目で確かめてみてくれ!
 
なお、同作は99年に続編『パラサイト・イヴ2』、2010年に『ザ・サードバースデー』がリリースされているので、未プレイの人はこちらも併せてチェックしよう!! キミの夏がより楽しく、そして涼しげなものになれば幸いだ。
 

コロコロホラーゲーム特集記事は
下記の画像をクリック!!

 

作品概要
『パラサイト・イヴ』(ゲームアーカイブス)
■配信日:2010年11月4日
■価格:628円(税込み)
■ジャンル:シネマティックRPG
■フォーマット:PS3®
        PS Vita
        PS Vita TV
        PSP®
        [PSP-1000シリーズ/PSP-2000シリーズ/PSP-3000シリーズ/PSP-N1000(PSP®go)シリーズ]
■公式サイト
https://www.jp.square-enix.com/game/detail/pe/

 
 
©1998 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved./原作:瀬名秀明『パラサイト・イヴ』(角川ホラー文庫刊) CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
 
 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine