• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第140回 初めての花火大会(2)
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第140回 初めての花火大会(2)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第140回 初めての花火大会(2)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第140回 初めての花火大会(2)


 

夏祭りの準備をしよう

 
 『あつ森』における、記念すべき1回目の花火大会は、8月2日に開催された。これを皮切りに8月の毎週日曜日に花火&夏祭りが実施されるわけだが、やはり1回目はテンションの上がり方が違う。俺は、
 
 「1回目から、完璧な大会をしてしまおう!!」
 
 と必要以上に気合を入れて、前回の日記で書いた通りオリジナルの花火デザインの作成と、
 

関連記事
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第139回 初めての花火大会(1)

 
 “あること”を実施しようと島中を駆けずり回り出したのである。
 
 こういうイベント事は、形から入らねばいけない。
 
 まずは……自分も着飾らないとな!!
 
 ひさしぶりに仕立て屋のエイブルシスターズに入った俺は、アレコレとアイテムを物色し始めた。
 

 
 そして、
 
 「夏祭りと言えば、やっぱりコレだよね!!w」
 
 ってことで、その日のお召し物を決定! ↓こんな感じで“夏祭りコーデ”を固めてみました!
 

 
 ゆかたん半島~~~……www
 
 おおおおお!!www どっからどう見ても、祭りで浮かれる親戚のにいちゃんって感じ!!w
 
 さっそく、広場にくり出してみよう。
 

 
 おお!! 粋だね!!! いなせだね!!! つねきちのインチキ屋台と並ぶと、夏祭り感がグッと上昇するなぁ~~~w 長野の渋温泉とか似合いそうw
 
 でも、俺の準備はこれだけじゃないのだ。むしろ……ここからが勝負である。
 
 じつは先ほど、エイブルシスターズにおいて、俺は試着室を出たり入ったりしながら大量の浴衣&着流しを購入していたのだよ。
 
 「お? 今後の夏祭りで、別の浴衣に着替えるため?? いなせだね~!!」
 
 と思われた方、そうじゃないんです。俺が転売業者なみにそれらの衣装を大量購入した狙いは……↓これにあったのだ!!w
 

 
 えーっと、アセロラは女子だから……。
 

 
 女性用の“あさがおのゆかた”をどうぞ~~~^^
 
 続けて……あ、アポロがいる! お~い、アポロ~~~!!
 

 
 男子のアポロには、シブい着流しを進呈!! 続けて、
 

 
 メープルに……。
 

 
 かぶきち!! さらには……!
 

 
 ヴァネッサも!!
 
 俺が何をやっているのか……もうおわかりですね!!
 
 ……そうです!! 住民全員に夏祭り用の衣装(浴衣と着流しね)をプレゼントして、花火大会をそれっぽい和装で楽しもうと思ったわけ!!w 金はかかったけど、雰囲気を盛り上げる施策って重要だからな!
 

広場に来ないどうぶつたちは?

 
 花火大会の開始が近づくにつれて、島の広場に続々とどうぶつたちが集まってきた。
 
 あまりにも賑やかで素敵な風景だったので、記念にパチリ。
 


 
 うおおおお!!www みんな、俺が贈呈した和装に着替えてくれてるぞ!!ww 夏祭り感、高まって参りましたッ!!!
 
 しかし、待てど暮らせど広場に近寄ってくるのはヒノコ、キッズ、アップル、アセロラ、ヴァネッサの5名だけで、残る1ごう、メープル、ナッキー、アポロ、かぶきちは、どこをほっつき歩いているのか姿が見えない。
 
 「む?? もうすぐ花火が打ちあがるよ!? 他の連中は、どこで何を!?」
 
 慌てて、電気がついていたかぶきちの家に行くと……!
 

 
 着替えだけはしてくれていたが、なんとも要領を得ない返答……。他の4名も同じような感じで、いまいる場所から動く気はなさそうであった。
 
 これを見て、俺はいきなり現実的な思考になった。
 
 「あ、わかった。おそらく、広場に入れるどうぶつの数が決まっているんだ。いまはつねきちとしずえも来ちゃっているから、住民は5名が限界……」
 
 そこまで考えたところで、プルプルと首を振る。
 
 「……いや、違う。広場に来ない5名は、それぞれお気に入りのスポットがあって、そこから花火鑑賞をしたいんだな^^ なーんだ、そうか^^ そうに決まってる^^」
 
 思考を“現実”から“メルヘン”のほうに180度ひっくり返しつつ、俺は花火が打ち上がるのをいまかいまかと待ち続けたのであった。
 
 以下、次回!
 
  大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)