• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第145回 どうぶつ流出の危機!?
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第145回 どうぶつ流出の危機!?

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第145回 どうぶつ流出の危機!?

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第145回 どうぶつ流出の危機!?


 

引っ越しを止めろ!

 
 前回の続き。一応w
 

関連記事
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第144回 7月のいちばん長い日

 
 ルナステラ島の7月28日は、あつ森史上最高ってくらいイベントが盛りだくさんの日で、やってもやっても新規の事象が起こってさすがの俺も目が回ってしまうほどだった。ざっと挙げてみると、
 
・キャンプサイトにお客
・レックスさんご来島
・オオシャコガイ発見
・フーコ襲来
・流星群発生
・蚊に刺される
・引っ越しイベント
 
 ↑こんな感じで、まさに分刻みのスケジュールで業務をこなさねばいかなくなったのである。
 
 そして、その記事の最後でちょっとだけ触れたのだが、この忙しいさなかに住民から引っ越しの打診までされてしまって、腹が立つやら悲しいやらで若干ながら精神が恐慌を来してしまったよ。
 
 しかも、そんなことを言ってきたのが……!
 


 
 我が島きってのアイドル、子熊のメープルちゃんだったもんだから、2重の意味で、
 
 「ぐはあああああ!!! 大ショック!!!><」
 
 このようなことになり、年甲斐もなく、
 
 「いーんだいーんだ、俺なんて……><」
 
 と、壁に穴が開くほどグリグリと指でホジくり返し、局地的いじけまくり男と化していったのであった。
 

引っ越しの歴史

 
 それにしても、この引っ越しイベントってのは切ない。
 
 いやもちろん、お気に入りのキャラにこんなことを言われたら、言下に、
 
 「ダメッ!!!!」
 
 と拒否して、そのまま島に閉じ込めておけばいいんだけど。
 
 そしてもちろん、メープルの申し出に対しても、俺は1秒の逡巡もなく、
 


 
 「何をバカなことを言ってんの!!! 世界にはこの島しかないんですよ!! 出て行ったところで漂流して、海のモズク……じゃなかった、藻屑になるのがオチなんですッ!!!」
 
 カモメのジョニーのようなことを言って「却下!」を突き付けたのである。
 
 しかしだからと言って、気分が晴れるものでもない。
 
 メープルが、この島を出て行きたいと一瞬でも思った事実は覆らないのだ。……そう、彼女は「どっちでもいい」と思っている。ルナステラ島は唯一絶対の存在ではなく、いつ引っ越してもいい賃貸アパートみたいなものだと考えているに違いないんだよ!!!>< 要するに、腰掛けなのだ。メープルにしてみたら、
 
 「ルナステラ島を踏み台に、もっと美しく発展した、ステキな島に移住したいものだベア^^」
 
 こんな計算をしているに違いないのである!!>< いーやそうだ!! そうに決まってるッ!!><
 
 このへん、だいぶこじらせて余計なことまで考えている感じだが、お気に入りどうぶつの引っ越しの打診は、ここまでメンタルにダメージを与える禁断の魔技みたいなものなのである。
 
 ルナステラ島ではこれまで、7匹のどうぶつが引っ越しの相談をしてきている。そのメンバーと結果をざっと書き出してみると、
 
・ノルマン(引っ越し)
・ベアード(引っ越し)
・かぶきち(残留)
・アーサー(引っ越し)
・サントス(引っ越し)
・アデレード(残留)
・アデレード(引っ越し)
・メープル(残留)
 
 こんな感じで、最終的に残留を要請したのはかぶきちとメープルだけなことがわかる。
 

 
 そう、俺はできることなら住民はグルグルとメンバーチェンジし、新たな出会いを創出したいと考えているのだ。『あつ森』はこれまでのシリーズ作品と比べると住民の定着度が高く、ローテーションの頻度が少ないように感じがするので、この引っ越しイベントはなるべく利用し、島に新しい風(新規のどうぶつな)を吹かせたいなぁ~~~……と願ってやまないのである。
 
 しかし……!!
 
 それにしたって、メープルはないわ!!><
 
 「つぎにメンバーチェンジをしてもらうのは、誰だろうな……」
 
 そんなことを考えながら、今日の日記はスパッと終わるw
 
      大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)