• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記角満島開拓日誌 第147回オオクワガタを捕まえろ!(2)
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記角満島開拓日誌 第147回オオクワガタを捕まえろ!(2)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記角満島開拓日誌 第147回オオクワガタを捕まえろ!(2)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記角満島開拓日誌 第147回オオクワガタを捕まえろ!(2)


 

ノコギリクワガタとの関係

 
 前回の日記で、節足愛好家・レックス君に“キング・オブ・クワガタ”ことオオクワガタの模型製作をお願いすることにした……と書いた。
 

関連記事
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第146回 オオクワガタを捕まえろ!(1)

 
 今回はその続きとなる。
 
 しかし、オオクワガタを1匹捕まえたくらいで脊髄反射を起こし、
 
 「うおおおお!!! つつつ、つぎの昆虫模型はオオクワガタで決まり!! ウッドボール!!!
 
 と、いにしえのファミ通的に喜んでも話は始まらないのだ。
 
 模型の依頼には、同じ昆虫が3匹必要なのである。
 
 なので、オオクワガタを模型にしたかったらどうしても、昆虫100匹中に1匹いればいいほう(※当社比)というくらいレアなコイツを、あと2匹捕獲しなければいけないのだ!!
 
 そしてこの日から、俺は夜叉のようにまなじりを吊り上げた“オオクワガタハンター”に変身した。
 
 なあに、俺は無印『モンハン』の時代から狩りだけは得意なのだ。いざとなったら……自慢のガンランスの竜撃砲で、すべてを灰燼に帰してやるわッ!!!(ゲームが違うぞ)
 
 それにしても……オオクワガタは、いない。
 
 現実世界でも“黒いダイヤ”なんて言われ、その稀少性の高さから高値取引までされる稀有な昆虫なのである。これで『あつ森』の中だけアブラゼミのごとくウジャウジャ湧いてしまったら、精神衛生的にも生物学的にも問題が出てくるであろう。なのでひたすら、虫あみを構えてクワガタっぽい虫を捕まえるわけだけど……。
 
 「あ!! いいい、いた!! オオクワガタだ!!!
 
 と喜び勇んで捕まえたところでそれはたいがいノコギリクワガタ。“ギラファ”ですらない、ゲーム的に表現すれば“コモン”のノコギリクワガタである。それでもめげずに、昆虫採集を続けるわけだが……。
 
 「あ!! オオクワ……!! ……って、またノコか」
 
 「おお!! 今度こそオオクワ……じゃなかった。ノコだった」
 
 「き、キタ!! これはオオクワだ……って、これもノコじゃねえか!!」
 
 という、ノコギリクワガタの無間地獄に陥るのが関の山。とくに深夜の昆虫採集だと、老眼にはすべてのクワガタがオオクワガタに見えるので(苦笑)、喜びからの地獄落下がハンパないのである。ホント、歳は取りたくないわ……。
 

3匹目を捕まえて

 
 それでも、気合を振り絞ること……1週間ほど。ついに↓このような僥倖に出くわした。
 

 
 !!!!! 右上の木にとまっているのは……今度こそオオクワガタに見えるんだけど!!?
 
 「……と見せかけて、またノコなのでは」
 
 という一抹の不安を抱いたまま、それでも慎重に捕まえたところ……!
 

 
 ドヤ1秒前のテイクバック……!w からの~……!!
 

 
 やっぱりオオクワガタだったぁぁああああ!!!www
 
 いいねいいね!!! やっとキタね!!!www
 
 さあさあ、これで残るはあと1匹!! 合計3匹になったら晴れて、レックス君に模型を依頼できるんだよ!!
 
 そして、勢いとは恐ろしいもので。
 
 2匹目を捕獲した翌日のこと。またもや……!!!
 

 
 おおおおおお……!!! あれはまさしくオオクワガタのシルエット!!!
 
 これももちろん、捕獲のプロの俺にかかれば……!!
 

 
 デタぁぁぁああああ!!!www 3匹目のオオクワガタゲットぉぉぉおおおお!!!www
 
 ハイ!! なんとかいけました!!
 
 俺、うれしさのあまり、速攻で同僚のたっちー先生に、
 
 「は、早く島を開けて!!! たいへんなことになったで!!!」
 
 と打電。
 
 「な、なんだなんだ!! 何が起こったんや!!?
 
 大いに慌てて島を開けてくれたたっちー先生の“とみおか島”に乗り込み、
 

 デデーーーーーン!!!www
 
 オオクワガタを見せびらかして満足し、無言で帰島したのでありました。
 
 さあさあ、あとはレックスの登場を待って、オオクワガタの模型を依頼するだけだ。
 
 その模様は……引っ張って、次回に続く!
 
          大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)