• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第148回 オオクワガタを捕まえろ!(3)
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第148回 オオクワガタを捕まえろ!(3)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第148回 オオクワガタを捕まえろ!(3)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第148回 オオクワガタを捕まえろ!(3)


 

模型の依頼だ!

 
 2回にわたってお伝えしてきた“オオクワガタ物語”ですが、いよいよ今回が完結編です。ここまでのストーリーをお読みでない方は、ぜひ下のリンクからバックナンバーをチェックしていただけると!
 

関連記事
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第146回 オオクワガタを捕まえろ!(1)
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第147回オオクワガタを捕まえろ!(2)

 
 苦労して3匹のオオクワガタを捕獲した俺。あとはレックスがやって来るのを待つばかりであった。
 

 
 この……愛しの君を待望しているときの待ち時間って、嫌いじゃない。想像は無限に膨れ上がり、やがて訪れる歓喜の瞬間を華やかにするための装飾品となる。
 
 オオクワガタは……“幻の黒ダイヤ”と呼ばれるほど、希少で貴重な昆虫だ。それを3匹も手渡されたらレックスの語彙力が暴走を起こして、ドストエフスキーの長編小説のような難解で読みにくい長文発言をくり出してくるに違いないぞ!!
 
 そして数日の時間が流れ、我がルナステラ島に待望のレックス君が来島したのである。
 

レックスの賛辞は?

 
 その日、俺は島民への挨拶や島の見回りを後回しにして、真っ先にレックスに話し掛けた。模型の依頼は、朝だろうが夜だろうが制約はないのだが、
 
 「1秒でも早くッ!!! 我がオオクワガタをレックス君にッ!!!!><
 
 という押し売り根性があふれ出して、家に出たところでレックスを捕獲したのであった。
 
 そして予定通り、ドキドキクワクワとしながらオオクワガタの模型を依頼する。
 

 
 さあさあ、このあとだ。ここからオオクワガタへの賛辞、最上級の形容詞、二つ名、そして文学的表現を嵐のように叩きつけ、レックスは“オオクワガタ愛”を炸裂させるはずなのである。
 
 いやあ、これは身構えないと。
 
 もしかしたら1ページに納まらず、10ページくらいの大長編になるかもしれんぞ……!!
 
 と、ところが……。
 

 
 「あ、あれ……?」
 
 待てど暮らせど、オオクワガタに対する愛がほとばしらない。特別視している虫に対しては必ずや、中二病全開の表現が捧げられるのに。
 
 たとえば、アレキサンドラトリバネアゲハのときは↓こんな感じであった。
 

 
 また、オオクワガタと同じ甲虫のヘラクレスオオカブトのときも、
 

 
 “漆黒の神の大角”という、まるで満に捧げるかのような二つ名を贈っている。
 
 それなのに……!
 
 “格”においてはヘラクレスオオカブトをもしのぐと思われるオオクワガタに、何の反応もないとは。これでは、
 


 
 甲虫界の二等兵とも言えるニジイロクワガタと変わらないやんけ!!
 
 でも……まだわからんぞ。
 
 レックスは虫模型の発送を約束するとき、お気に入りのモノに対しては“作品名”まで献上するのである。
 
 ↓このように。
 


 
 よくまあ、これほど厨二な単語を羅列できるもんだ^^; 俺はゲームのシナリオも手掛けているので、そっち方面に関しては一家言持っているんだけど……ちょっとレックスにはかないそうもない。住んでる世界が違うわ。
 
 となれば、期待するのがオオクワガタ模型の作品名なんだけど……!
 
 発送の約束をするとき、レックスはつぎのようにのたまった。
 

 
 (゚∀゚) 作品ができたら郵送するよ~。ほげ~^^
 
 ……じゃねえよ!!!www まったくやる気が感じられねえ!!!ww こっちはオオクワガタを預けてんだぞ!!! もっと気合入れてくれやぁぁあああ!!!><
 

オオクワガタ模型、完成!

 
 そして、待つこと1日。
 
 あっさりと、オオクワガタの模型は届けられた。
 
 レックスの態度を振り返るに、ヘラクレスオオカブトやアレキサンドラトリバネアゲハのような、巨大な模型を期待してはいけないのかもしれない。
 
 いや、でも……!!
 
 そこはやっぱり、オオクワガタなのだ! キング・オブ・クワガタなんだよ!! レックスがつれない態度だったのも、
 
 「ま、まさかオオクワガタを依頼されるとは……!!!」
 
 と心臓が止まるほど驚いて、うまく感情を表すことができなかっただけかもしれないし!!
 
 では、見てみよう。
 
 大きさがよくわかるように、自慢のヘラクレスオオカブトの模型と並べて……。
 
 ……それ!!
 

 
 ちょり~ん……w

 
 ちょりりり~~~ん……ww
 
 ……って、オオクワガタ、小っせええええぇぇぇぇえええ!!!!!www
 
 今日の結論。
 
 レックスの態度と模型の大きさは、比例する。
 
 なんだよチクショウ……w
 
          大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)