TOP ニュース 100枚目の『ポケふた』が東京都・町田市に設置! フシギダネ・ヒトカゲなどオリジナルデザインのマンホールがここに
ニュース

100枚目の『ポケふた』が東京都・町田市に設置! フシギダネ・ヒトカゲなどオリジナルデザインのマンホールがここに

TwitterFacebookLine


 
全国各地に設置されているポケモンマンホール『ポケふた』の100枚目が、東京都・町田市に設置!
 

『ポケふた』がついに100枚突破!

2018年12月に始まり、これまで全国各地に設置されてきたポケモンマンホール『ポケふた』
 
ついに、100枚目となる『ポケふた』が、東京都・町田市に設置されたぞ!
 


▲緑あふれる町田市・芹ヶ谷公園に設置される6枚の『ポケふた』には、フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメなどのポケモンたちが、楽しそうに遊ぶ姿が描かれている。

 
また、設置される『ポケふた』は、順次、位置情報ゲーム『Pokemon GO』のポケストップになる予定だ。
 


▲町田市『ポケふた』お披露目式では、今回設置される6枚のマンホールが大集合。

 
100枚を突破した『ポケふた』は、今後も引き続きいろいろな場所設置予定とのこと。もしかしたら、キミの町にも『ポケふた』が……? 続報をお楽しみに!
 

関連記事はこちら!

福島県初! 「ラッキー」のポケモンマンホール『ポケふた』が県内9か所に設置決定!

 

『ポケふた』概要
2018年12月に鹿児島県指宿市に「イーブイ」のマンホールが設置されたのを皮切りに、これまで8道県に97枚の『ポケふた』が設置され、多くの方が『ポケふた』巡りを楽しんでおられます(枚数は町田市の『ポケふた』を含んでいません)。
今後も、各地の魅力と一匹一匹のポケモンの魅力を国内外に同時に発信することを目指し、引き続きいろいろな場所に『ポケふた』が設置される予定です。
 
■『ポケふた』公式サイト:https://local.pokemon.jp/manhole/

『ポケふた』製造について
ポケふたのほとんどは鋳物であり、佐賀県の工場で、職人技とも言える手作業にて丁寧に色が付けられています。
鋳物は砂を固めた型に溶けた鉄を流し込み製造されるため、印刷物などと違って表現できるラインの太さや角度、色数などには制約があり、1枚ずつ、0.1ミリ単位での調整を繰り返した末、ようやく完成し世に出ていきます。
その分、鉄のかたまりとして完成したマンホール蓋が醸し出す迫力は、画面でご覧いただいているものとは、まったく異なります。
1枚1枚、職人の技術や想いが息づくポケふたを、ぜひ実物でお楽しみください。

(C)2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine