• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第160回 モモコ登場!キャラ被り3人娘の運命は(1)
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第160回 モモコ登場!キャラ被り3人娘の運命は(1)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第160回 モモコ登場!キャラ被り3人娘の運命は(1)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第160回 モモコ登場!キャラ被り3人娘の運命は(1)


 

ついにリスがキタ!!!

 
 それは……8月の半ばのことじゃったあ(日本昔話風)。
 
 ふだん、代り映えのしないしずえの島内放送が、その日はバラ色に彩られていた気がしたよ。
 

 
 うおおおおお!!! キャンプサイトきたぁぁぁぁあああ!!!www
 
 いまや、『あつ森』を続けるうえでの最大のモチベーションになっていると言っても過言ではないくらい、俺はキャンプサイトに傾倒している。いやもちろん、島を見回ったり、釣りをしたり、虫を捕ったり、住人と会話を交わしたり……というルーチンな作業も楽しいんだけど、やっぱりそこは……新たな刺激を求めちゃいますよねぇぇぇえええ!!!www
 
 となると、この日記では何度も書いてきたけど、もっとも手っ取り早い起爆剤となるのが“キャンプサイトの訪問者”なのだ。
 
 ……まあ刺激という意味では、
 

 
 お気に入りのどうぶつに引っ越しの打診をされてしまうことがナンバーワンなんだけど(泣)、そういったネガティブな誘因ではなく、あくまでもポジティブな呼水となるのは、圧倒的にキャンプサイトなのであります。
 
 そんな、起爆剤製造工場とも言えるキャンプサイトにやってきたどうぶつはだな……!!!
 

 
 「はうッッッ!!!!!」
 
 俺はテントをくぐった態勢のまま、きっちり7秒くらい心臓が止まった。近くに飼い猫がいたら、我が実体から抜け出て上空に浮き上がりつつあった魂を見ていたかもしれない。俺の魂、大いに慌てて空中でクロールをし、ヌケガラとなっていた身体に戻った。
 
 「ふぅ……! 危うくキャンプサイトで昇天するところだったわ……」
 
 ひと息ついてから改めて、驚嘆の叫びをあげる。
 
 「りりり、リスがいるぅぅぅうううう!!!!www」
 
 しかもこのピンクのリス、大いに見覚えがある。
 
 そう、この娘は、間違いなく……ッッ!!!
 

 
 「モモコだぁぁあああ!!!>< 圧倒的ドラフト上位のどうぶつが、ルナステラ島にやってきてくれたぞぉぉぉぉおおお!!!www」
 
 そうです!!ww なんと大人気どうぶつのひとり、モモコがキャンプサイトを訪れてくれたのでありました!!!
 

スパークショック

 
 いやあ、ついに念願のリスを引いたわ……(恍惚)。これでようやく……俺のトラウマがひとつ、払拭されることになるよ……。
 
 トラウマとは……。
 
 じつはキャンプサイトの使い方を理解していなかった4月の初旬、せっかくやってきたリスのスパークを勧誘できず、そのまま取り逃がしたことがあるのである。
 

 
 このときの俺は……1回話し掛ければ、自動的に島に住みついてくれると思っていたのよ……(苦笑)。
 
 “スパークショック”はあまりにも強烈で(感電してるみたいだけどw)、俺はことあるたびに、
 
 「あのとき、キチンとスパークを誘えていたら、我が島にもかわいいリスが1匹いたんだよなぁ……!><」
 
 との想いがフラッシュバックしていた。そしてこのショックは、フレンドのたっちー先生の島にいるジュンを見るたびに、
 

 
 「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!>< リスや!!!>< リスがおる!!!>< ううう、ウチにだって、ホントはスパークがいたはずなんや!!!>< リリリ、リスさん、カンバァァァァアアック!!!><」
 
 と、発作となって表面化し、俺を苦しめ続けた。この症状を和らげるには、やっぱりルナステラ島にリスを招聘するしかないんだよな……。
 
 そこで、離島ツアーでリスに出会うたびに心ときめかせ、
 
 「リリリ、リスや!!!>< ついに我が島にリスを連れて帰れるぞ!!!><」
 
 と、嬉々として誘おうとしていたのだが、
 

 
 「……な、なんか違う((((;゚Д゚)))」
 
 となって、いまだリスを仲間に加えることができずにいたのである。
 
 そこにきての……モモコ襲来!!!
 
 これは事件だ!!! ルナステラ島開島以来の有事といっても過言ではないかもしれん!!!(いや過言だけど)
 
 キャンプサイトで話してみると、やっぱりモモコはかわいかった。
 

 
 うんうん!!ww どうぞごゆっくり!! そのまま住みついてもいいよ!!!www
 

 
 ……って、どっかで聞いたことあるセリフが若干気になるけど。
 

 
 おおおお!!>< この悪い顔もかわいいなあオイ!!!ww(大丈夫か俺)
 
 というわけで、何の躊躇もなく勧誘活動に入ろうと思ったのだが……当然、そうそうすんなりいくわけもない。ここから俺は、ある壁に直面することになるのであった。
 
 続く!
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)