• TOP
  • スクープ > 【リメイクゲーム特集!】サバイバルホラーの歴史を紡いだ 『バイオハザード RE:2』 とは、こんなゲーム!
  • TOP
  • スクープ > 【リメイクゲーム特集!】サバイバルホラーの歴史を紡いだ 『バイオハザード RE:2』 とは、こんなゲーム!

【リメイクゲーム特集!】サバイバルホラーの歴史を紡いだ 『バイオハザード RE:2』 とは、こんなゲーム!

【リメイクゲーム特集!】サバイバルホラーの歴史を紡いだ 『バイオハザード RE:2』 とは、こんなゲーム!


 
 1996年3月に発売されたカプコンのプレイステーション用ソフト『バイオハザード』は、まさしく“化けた”ゲームであった。
 
 それまで日本には根付いていなかった“サバイバルホラー”というジャンル、当時としては出色のグラフィック、映画的な演出、そして何より……その名にたがわぬ恐怖を以て、日本のみならず世界中のゲームファンに衝撃を与えたのである。当然のように『バイオハザード』はシリーズ化され、いまもって新作が発表されればハードの販売台数に影響を及ぼすなど、不動の人気シリーズとしての地位を確立したのであった。
 
 そんなシリーズの第2作として登場したのが、1998年1月に発売されたプレイステーション用ソフト『バイオハザード2』である。
 

 
 閉ざされた洋館が舞台だった第1作とは打って変わり、“外の世界”であるラクーンシティ全体でパンデミックが起こるという、規模の大きな恐怖が描かれている。累計販売本数は496万本にもなり、『バイオハザード』が歴史に残るホラーシリーズたりえることを決定づけた記念碑的タイトルである。
 


 
 そんなシリーズ史に残る名作を、現代のハード、現代の技術で蘇らせたのが、プレイステーション4、Xbox One、PC用ソフトとして2019年1月25日に発売された『バイオハザード RE:2』だ。
 

 
 『バイオハザード2』をベースに、ストーリーの見直し、仕掛けや謎解きの調整、さらには新要素もふんだんに盛り込まれ、まるで新作タイトルのようにあらゆる箇所が刷新されてのリリースとなった。
 

 
 グラフィックやサウンドが劇的に美しく、より怖く生まれ変わったのはもちろんだが、オリジナル版に比べてゾンビがタフだったり、部屋を移動しても扉をぶち破って追いかけてくるなど、“喰われる”恐怖が圧倒的に増したのはホラーゲームファンにはうれしくも恐ろしいところだろう。また、オリジナルでは固定カメラが採用され、それが独特の緊張感を助長したものだが、『RE:2』はハードの性能を活かした3人称視点のそれに生まれ変わっている。どこでも見まわすことができる……ということはプレイヤー側にとってはありがたく思えるが、逆に言えば、「いつどこでもゾンビに出会ってしまうかもしれない」ということにつながり、結論として、
 
 「けっきょくこっちも怖い!」
 
 というゲームデザインになっているのである。
 

 
 初めて『バイオハザード2』を遊ぶ人が楽しめるのは当然なのだが、オリジナル版をやり込んだオールドファンでもイチから、新鮮な気持ちで恐怖を体験することができるだろう。
 
 それが、『バイオハザード RE:2』というゲームだ。
 
【予告!】
 
次週、9月22日は『バイオハザード3』が発売された日! それを記念して、『バイオハザード RE:3』を徹底特集! ゲーム紹介と開発者インタビューを、あわせて掲載しちゃうぞ!
 

『バイオハザード RE:2』のインタビュー記事はこちら!

関連記事
現行機で蘇った圧倒的恐怖! 『バイオハザード RE:2』誕生秘話 門井一憲ディレクター、安保康弘ディレクターインタビュー!


作品概要

『バイオハザード RE:2』

■好評発売中!
■対応機種:PlayStation®4、Xbox One、PC
■通常版価格
・PlayStation®4(パッケージ):4,389円(税込)
・PlayStation®4(ダウンロード):3,990円(税込)
・Xbox One(ダウンロード):3,990円 (税込)
・Steam (ダウンロード):3,990円(税込)
■公式サイトhttp://www.capcom.co.jp/biohazard2/Z/

※”PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
(C) CAPCOM CO.,LTD. 1998, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)