• TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第181回 リアクション芸、ここに極まる
  • TOP
  • 爆連載 > 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第181回 リアクション芸、ここに極まる

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第181回 リアクション芸、ここに極まる

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第181回 リアクション芸、ここに極まる


 

マイルストーンに到達!

 
 先ほど、『あつ森』にログインして、
 
 「今日の日課の、ご近所さん挨拶と島の見回りに行くかな~……」
 
 なんてつぶやきながら広場に行ったとき。
 
 先日、
 
 「オメーは俺に話しかけてくれないよな……」
 
 と苦言を呈してきた住人の“かぶきち”に、ニコニコと話しかけられた。
 

 
 一瞬、イヤな予感が頭をよぎる。
 
 「ま、まさかかぶきち……笑っているけど、引っ越しの打診をしてくるのでは!!!?
 
 こういう話掛けられかたのときは引っ越しではなく、プレゼントやお使いなことがほとんど……とわかっちゃいるが、ついつい最悪な事態を想定してしまう。
 
 かぶきちは……絶対に引っ越してほしくない住人のひとりだ。
 
 でも、最近停滞気味の島での生活を考えるに、ぼちぼち誰かしらは入れ替わってもいいのでは……と考えている自分もいる。かぶきちも、絶対に安泰かと言われたらそんなこともない。いまルナステラ島にいる人材で、
 
 「2万%、引っ越しはさせない!!」
 
 と、どこかの市長みたいに断言できるのは……最古参のヒノコと1ごう、あとメープルくらいだな。
 
 「うーん、そうかぁ、かぶきちかぁ……><」
 
 すっかり、“かぶきち=引っ越し”というモードになりかけたとき、当の本人につぎのように言われました。
 

 
 って、引っ越しの話じゃねえのかよ!!!
 
 ま、誰もそんなこと言ってなかったけどな(苦笑)。
 
 いやしかし、ここに来てのリアクション追加かー。
 
 半年かけていろいろなリアクションを教えてもらってきたので、さすがに最近は新規のソレを習得する機会は減っていた。
 
 ちなみに、このときかぶきちに教えてもらったのは、
 

 
 おおお!! “ひらめく”のリアクションか!! ていうかコレ、まだ知らなかったんだなあwww
 
 するとその直後、まったく想定していなかったマイルストーンに達したことをゲーム内のスマホが知らせてきた。
 
 この“ひらめく”を覚えたことにより、ついに俺のリアクション芸は……!!
 

 
 おおおおお!!! リアクションでもらえるマイル、ついにコンプリートしたか!!!
 
 ……まあ、じつはよく見りゃ、
 

 
 全44種あるみたいで、コンプリートにはあとふたつ足らないんだけどw なんで中途半端な42個目でマイルをくれたんだろうw
 

残るふたつこそ……

 
 とはいえ、ひとつの区切りに達したことはまぎれもない事実。じつにめでたいことだ。
 
 思えば、『あつ森』で最初のリアクションを教えてくれたのは……ヒノコといっしょに無人島に移住してきたライオンの“アーサー”だったな。
 

 
 殺風景な景色と、雑草だらけの地面が懐かしいwww
 
 これはゲームを始めて5日後の3月25日のことで、こうやってどうぶつのほうから話しかけられたのも初めてのことだったと思う。
 
 このとき、アーサーは↓こんなことを言っていたのだ。
 

 
 そして覚えた記念すべき1発目のリアクションは、
 

 
 “ハッピー”だったなw 文字通りリアクションを覚えられたことがハッピーすぎて、当時は仲間の島に行くたびにこのリアクションをやっていたんだよなーw
 
 それから半年が経過し、42個ものリアクションを覚えたわけだが、中でも俺が好きな4つの仕草を紹介しよう。
 
 まずは↓こちら。
 

 
 “クルリンパ”のリアクション。カモメのジョニーが会うたびにやっているのを見て、「俺もこのリアクションを覚えたい!!」とずっと考えていたのである。でも、ようやく教えてもらったのは8月の後半のことで、半年近くもジラされていたんだよなw
 
 つぎは↓これ。
 

 
 “まかせて”のリアクションだ。ドヤった表情で「まかせて!」と胸を拳で叩くのがじつにかわいい。
 
 さらに↓こちら。
 

 
 “もじもじ”のリアクションだが、これは博物館のフータの得意技だなw テレくさそうにもじもじしているのが、非常にいとおしいリアクションであるw
 
 さらにさらに、↓コレも好き。
 

 
 ネガティブ系(?)のリアクションの中では、この“わるだくみ”をもっともよく使うw まあそんなに使う機会もないんだけど、つねにリアクションリングに仕込んであって、いつでも発動できるようにしているのである。
 
 でも、いまだ覚えていないリアクションって、たぶん“シャキーン”と“ドヤ!”なんだよなあ。じつはこのふたつこそ、クルリンパと並んで、“個人的にすぐにでも覚えたい3大リアクション”だったので、どうぶつたちには強く、
 
 「早く俺に教えなさい!!!」
 
 と言いたい。
 
 いつコンプリートできるのかなぁ……。『あつ森』プレイ開始から1年以内に覚えられるのかなぁ……w
 
 最近、そんなことばかり考えています。
 
 続く。
 
                  大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)