• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第182回 “たぬきマイル”は、どうなってる?
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第182回 “たぬきマイル”は、どうなってる?

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第182回 “たぬきマイル”は、どうなってる?

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第182回 “たぬきマイル”は、どうなってる?


 

半年間の成果を見てみよう

 
 『あつ森』のプレイを始めてから半年(約180日)が経過したこともあって、ここのところ中締め的な、6ヵ月の成果を振り返る記事をちょくちょく書いている。
 
 日々、新しい出来事が起こるという稀有なゲーム性を有する『どうぶつの森』シリーズゆえ、あまり振り返りに意味はないようにも思えるが、こと『あつ森』に関しては、プレイの要所でマイルストーンに達したことを知らせてくれる独自のシステムが搭載されている。
 
 それが↓こちら。
 

 
 そうです!! “たぬきマイレージ”ですよ皆さん!! ゲーム用語で言うところの“実績解除”ってヤツで、さまざまな項目で設定されている基準をクリアーすることで、便利なたぬきマイルが付与されるというシステムです!!
 
 このたぬきマイレージの項目をクリアーしていくことは、『あつ森』を継続して遊んでいくうえでの大きなモチベーションのひとつとなる。
 
 というのも、さすがに半年も遊んでいると目玉が飛び出るようなハプニングに出会うことはそうそうなくなってくるので、島内の見回りと新規のどうぶつとの出会い、あとはマイホームと島そのもののレイアウト変更あたりがゲームのおもな目的になってくると思うのよ。でもこのへんは毎日のルーチンになってくるので、それほどデカいモチベーションになるものでもない(俺個人の感想だけどね)。けっきょく、
 
 「なんか最近……平和だなぁ~……。凪の時代だなぁ~……」
 
 なんて、刺激を求める若者たちは思ってくるわけだが、そんな倦怠期に確認してほしいのがここで紹介するたぬきマイレージなのであります。
 
 ここで、
 
 「そんなこと言ってもわし、ほとんどクリアーしちゃってると思うんだよね。半年間、突っ走ってきたからさあ! ドヤッ!!」
 
 と、脊髄反射でドヤらないほうがいい。絶対に、恥をかくからな。
 
 「クリアーしちゃってると思う」
 
 というのはイコール“ふだんまったくたぬきマイレージを確認していない”ことの証明であり、そんな人ほど実績解除が進んでいなくてマイルがスッカスカになっているはずなのだよ!!
 
 実際、俺がそうだった。
 
 「なんだかんだ、9割がた終えちゃってると思うんだよネ。俺、走り出したら止まらないからサ。……そう、10代のころの恋愛のようにネ
 
 と、いますぐ死にたくなるような恥ずかしいことをホザいていたんだけど……蓋を開けてみて驚いた。
 

 
 スッカスカ~~~ん……www
 
 「うわあああああ!!! 思った以上に隙間風ぇえええ!!??」
 
 これは……ちゃんと確認しておかないと、たいへんなことになるぞ!!
 

クリアーできないマイル

 
 プレイヤーが最初にもらうマイルは、ひとりの例外もなく↓こちらである。
 

 
 無人島に移住してきたことを記念して贈られるマイルだ。俺は『あつ森』の発売日である2020年3月20日からゲームを遊んでいるので、日付もその日のものになっている。
 
 これ以降、プレイヤーの島での生活と密接して、ことあるごとにマイルが配られるわけだが、この“島に移住しただけでもらえるマイル”と同様に、ふつうに遊んでいれば自然と付与されるマイルも多数存在する。たとえば、
 

 
 カメラ機能で写真を1枚撮っただけでも、マイルをもらうことができた。このほか、タヌキ商店で不用品を売ったり、ローンを完済するだけで贈られるマイルもある。
 
 しかし。
 
 冒頭で書いた通り、たぬきマイレージ集めはゲームを長く続けるうえでの強烈なモチベーションになりうる。それは、いま紹介したような惰性でもらえるマイルだけでなく、キチンと狙ったり、それを目指して苦労を積み重ねないと得られないマイルも存在するからだ。
 
 たとえば、↓これ。
 

 
 毎週土曜日に開催される“とたけけライブ”を聞いた回数によってもたらされるマイル。発売日からプレイしている俺でも……まだふたつしかスタンプを押してもらえてないよ!!!www
 
 これ、どんなにがんばっても週に“1”しか増えないから、5つ目のスタンプを押してもらえるのって……いつになるんだ??w つぎのマイルストーンである“30回”に達するのも、最短で12週後なんだけど……w
 
 また↓こちらのマイルも、なかなか増えないもののひとつだ。
 

 
 島のどうぶつがときたま、頭からフキダシを出して歩いていることがあるけど、そのときに言われたお使いやら相談事を解消していあげると、このマイルポイントが増えていくようだ。見たところ……4つ目のスタンプを押してもらうには、あと46回もお願いを聞いてあげなきゃいけないの!?w それが実現されるころには、『あつ森』は1周年を迎えているんじゃないですか!!?w
 
 とまあ、いまからゲッソリとしているわけです^^;
 
 そんな“苦労系”のマイルの中でも、俺が、
 
 「最後まで残るの……絶対にコレだろ……(((( ;゚Д゚)))
 
 と、戦々恐々としているのが↓こちらだ……。
 

 
 “伝説の釣り人になれるかな?!”と題されたマイルなんだけど……なんとコレ、バラさずに連続で魚を釣った回数によって付与されるマイルなんだよ!!! いまだ3回に2回は釣りに失敗している俺が……クリアーできるわけねぇぇええええ!!!!
 
 しかし、
 
 「無理だ無理だ!!>< 俺には無理だ!!!><」
 
 と手足をバタつかせていても話は進まないので、ここのところ精力的に魚釣りにくり出している。
 

 

 
 はたして俺は、伝説の釣り人になれるのだろうか……?
 
 他のマイルも追いかけつつ、魚も追いかけたいと思うw
 
 続く!
 
                    大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)