TOP 特集&連載 『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第194回 とてつもない島への上陸(1)
特集&連載

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第194回 とてつもない島への上陸(1)

TwitterFacebookLine


 

島壊しの先輩のもとへ

 
 なんか……『あつ森』日記を書くの、めちゃくちゃ久しぶりなんだよなw
 
 いや、読者的にはいままでと変わらず、毎日更新される日記をお読みのことと思う。でも、書いている本人的には『あつ森』日記を書くのって……ほぼ1週間ぶりくらいなんだよなーw
 
 種明かしをひとつすると、この日記は翌日のお昼に更新されるものを前日の(!)午前中くらいに執筆していたりする。つまり締切……というか、発売の12時間前に突貫で書いているという、新聞の朝刊的な綱渡り更新が続けられているのだよ(苦笑)。
 
 そのサイクルを、この2週間は変えました。理由は言わずもがな、東京ゲームショウ2020があったからだ。
 
 東京ゲームショウを1週間後に控えて、俺と記事更新担当のたっちー先生は深刻な表情で話し合っていたのだ。
 
 「おい……。いままでみたいな、前日に記事を書いて翌日にアップする……なんていうフザケたスケジュールだと、絶対に『あつ森』日記の連続更新記録に黒星がつくぞ。どうすんねん」
 
 とたっちー先生が言えば、俺も、
 
 「俺も……じつはビビっていた。コロコロオンラインでも東京ゲームショウは厚く扱い、俺も一応、記者のひとりとしてカウントされておる。となると……ゲームショウ期間中は、他の仕事はほとんど手をつけられないぞ……」
 
 そう言ってカタカタと震えていたのだ。
 
 そして出した結論が、
 
 「こうなったら1週間分の『あつ森』日記を、今日中に書いておくんや!! わしがそれを、サイトに予約投稿しておくけん!!!」
 
 というもの。『あつ森』のゲーム性を考えるとなるべく時事ネタを扱いたいのだが……今回ばかりは、そんなことを言っている余裕もなかった。
 
 「わかった……! ちょっと無理してみるわ!」
 
 俺は気合を入れ直し、本当に向こう1週間分の『あつ森』日記を書きあげてたっちー先生にわたした。「これで……東京ゲームショウに向けて、時間の余裕ができたぞ!!」と喜んで。するとたっちー先生も、
 
 「おおお!! さすが!! よくやったな!!!
 
 と手放しで喜び、「じゃあ^^」とニコニコして、
 
 「この原稿チェック、よろしくな^^ 添削希望のシナリオとか記事が山ほど溜まって、困っててん^^」
 
 数ギガバイトに及ぶ大量のテキストファイルを俺に……って、前倒しで書かせたのはこのためかぁぁぁああ!!!
 
 なんてことになっていました^^;
 

とてつもない島へ

 
 また関係ないことを長々と綴ってしまった。
 
 そう、遠い昔に書いた193話目は……件のたっちーの進言により、
 
 “ルナステラ島を島クリエイターでぶっ壊し、イチから作り直す”
 
 という、開島以来最大のプロジェクトに打って出ようとしたところだった。
 
 ちなみに現在の我が島は、それなりにキレイに発展してはいると思う。
 

 
 花はこんなに咲いてるし……。
 

 
 ここにもこんなに咲いてるし……。
 

 
 ホラ、ここにはスズランも……って、花しかないけどwww それでも、島の評価は満点の★5になっているので、
 
 「これで満足しよう!!」
 
 と思えば、思えなくもない島にはなっている。
 
 でも……。
 
 これからも長く『あつ森』を続け、来年の3月20日に迎える1周年の日まで日記を更新し続けるには、ここらで大きな起爆剤を投下したいのであるよ。そのためには……このゲームでできる最大のプロジェクトである“レイアウト変更”を行い、新たな気持ちで島運営に乗り出したいではないですか!!
 
 そこで、
 
 「わしの島、まだ改良の途中だけど、けっこう見せられる部分が増えたので遊びにこいや!!」
 
 そうたっちー先生に言われたので、のこのこと“とみおか島”に出向いたのである。
 

 
 これまでも幾度となく遊びに行き、変貌しつつあるとみおか島の様子は見てきたんだけど……はてさて、いまはどうなっているのかな?
 
 島に向かう飛行機の窓から見えた風景は……!!
 

 
 「!!!!!??」
 
 すでに……なんかエラいことになってるんだけど!!!ww
 
 さらに眺めると……!
 

 
 「!!?!?!」
 

 
 「!!!!?!?!!?」
 
 どうやら俺は……とんでもない島に上陸してしまったようだ。
 
 続く!
 
                            大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine