• TOP
  • 爆連載 > 【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第12話 キャラ育成で忘れちゃならんこと
  • TOP
  • 爆連載 > 【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第12話 キャラ育成で忘れちゃならんこと

【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第12話 キャラ育成で忘れちゃならんこと

【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第12話 キャラ育成で忘れちゃならんこと

2020.10.19 written by 大塚角満


 

育成指南その2!

 
 『原神』の序盤プレイガイドもいよいよ大詰め。
 
 前回の記事では、大事な大事なキャラクターの“育成方法の基礎”を書いたが、その内容をかいつまんでまとめると、
 
 「強くなるための基盤となるのは、やはり肉体!! メインのアタッカーには惜しげもなく経験値用アイテムを投資して、頑健で鋭いカラダを作らねばならない!!」
 
 ということで、要するに“キャラレベルを上げろ”と説明したわけよ。
 

関連記事
【原神】角満の『原神』大紀行:第11話 キャラはどう育成するのか?

 
 これにより強くなるための下地ができるので、そこらでたむろしているヒルチャールやスライムくらいだったら、腕をブン回しているだけで蹴散らせるはずだ。
 

 
 コレは、肉体をある程度まで基礎トレーニングで鍛え上げた人が、フィジカル系のスポーツで無双できるのと似ている。
 
 俺は、中学、高校はハンドボール漬けの青春だったのだが、常軌を逸したトレーニングのおかげで基礎体力は成長しまくり、柔道の授業で柔道部の黒帯たちをバッタバッタと投げまくっていた。柔道は未経験だったのにだ。おかげで柔道部の顧問から「ハンドボールはやめて柔道部に入れ!」とスカウトされたものだが、フィジカルが鍛えられると門外漢の競技でも、ある程度の活躍はできるものなのである。
 
 これが『原神』で言うところのキャラクターレベルなのだが……何度も“ある程度は”と書いた通り、基礎を叩いただけでは強さの上限にすぐにブチ当たり、“本物”が出てきた瞬間にシロウトだとバレる(苦笑)。一瞬で化けの皮が剥がれてこちらの攻撃はすべて効かなくなり、逆に相手の一撃はすべてクリティカルとなって撫でられただけで致命傷を負う。つまり、多少鍛えたシロウトと本物のあいだには、ちょっとやそっとでは飛び越えられない深い谷があるってことだ。
 
 では、どうすればいいのか?
 
 重要になるのが、昨日の記事でも書いた↓これらの要素だ。
 
・武器の強化
・聖遺物の強化
・命ノ星座の解放
・天賦の解放
 
 ざっくりとそれらについて説明しちゃおう。
 

武器を強める!

 
 『原神』で冒険していて敵と戦っているとき、ふいに↓こんなことを思う瞬間があると思う。
 
 「なんか……あんま攻撃が効いていないような……。でも俺の刻晴ちゃんのレベルは限界まで上がっているし、敵のレベルだってムチャなものじゃないと思うけど……?」
 
 理不尽なまでに、通じない攻撃。ここで、元素反応とか元素爆発を活用すれば多少は対抗できるようになるかもしれないけど、もっと根本的なところで、相手との差を感じる……。
 
 そういったプレイヤーがついつい疎かにしているのが、じつは武器と聖遺物の強化である!!
 
 なぜここまで力強く断言できるのかと言えば……俺がそうだったからだ(苦笑)。
 
 武器は、文字通り攻撃のときに使う道具で、レアリティーの高い才能あふれるブツは祈願(ガチャ)などで手に入れることができる。
 

 
 ここで、
 
 「わーいわーい!! ★4の片手剣を手に入れたぞーーー!! こいつがあれば、刻晴ちゃんの武器は万全だな!!!」
 
 と歓喜して、キャラに“ただ装備させて”満足している人がゴマンといると聞いた(俺もそうだったけど)。
 
 でも……それだけじゃダメなのだ。
 
 いや、致命的にダメなわけじゃないけど、じつは武器にも成長要素があり、レベルを上げることで基礎攻撃力がガンガン上がっていくので育てない手はないのだ。
 
 ↓こんな感じで。
 

 
 レベルを上げるには、いらない武器や“仕上げ用の鉱石”というアイテムを合成する必要がある。それらはふつうにゲームを進めていればたくさん手に入ると思うので、「これぞ!」と思った武器には惜しみなく使うことをオススメしたい。
 
 またキャラクターと同じように、武器にも“上限突破”や“精錬”などの強化要素もあるのだが……それについては追々書いていくことになるだろう(ホントか?)。
 

聖遺物は沼である

 
 そして武器以上に重要になってくるのが“聖遺物”である。
 

 
 じつは『原神』には防具というものが存在せず、防御とかサポート的な効果は5つまで装着できる聖遺物に依存しているんですねえ。
 

 
 聖遺物は同じセット(医者シリーズとか冒険者シリーズなど、いくつもセットが存在する)で装備することで強烈な追加効果を得ることが可能だし、さらに同名のアイテムでもランダムで付いてるサブの効果が違ったりするので、ハクスラ的によりいいものを求める“沼”のような魅力がある。そしてこの聖遺物も、武器と同様にレベルを上げて強さの底上げを図れるので、
 

 
 「これは!!!!」
 
 と感じたものについてはどんどん強めていきたい。プレイを進めていくと、
 
 「メインのアタッカーは、基本攻撃力が爆上がりするこのセットがいいな……!」
 
 という感じで、より効果的な聖遺物が見えてくるようになるんだけど……ここは本当に沼みたいな要素なので、必ずや項を改めて詳しく書きたいと思う。
 
 さらに、記事が長くなりすぎたので超駆け足に説明するけど、
 

 
 “命ノ星座”を解放することで、パッシブ的な効果を得られたり、
 

 
 “天賦”を解放することで元素スキルなどを強めることもできる。
 
 これらの要素を複合的に育てていくことで、お気に入りのキャラが劇的に強くなっていくというわけだ。
 
 『原神』のキャラ育成は、やり出すとキリがない。
 
 このプレイ日記の中でも、ときどきこのへんについて詳しく言及していければなと思う。
 
 続く!
 

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『原神』公式サイト:
https://genshin.mihoyo.com/ja/

※ゲーム画面はPS4ソフト『原神』のものです。
Copyright© 2012-2020 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED

『原神』プレイ日記:角満の『原神』大紀行 バックナンバー
▲第1回
『原神』のプレイ日記がスタート!
▲第2回
まずは、遊び方を!(1)
▲第3回
まずは、遊び方を!(2)
▲第4回
“冒険ランク”を上げるには
▲第5回
魅惑の“キャラ”を手に入れるには!
▲第6回
“元素バトル”の基本と楽しさ!
▲第7回
日々のルーチンを考える
▲第8回
回復って、どうやればいいんだ!?
▲第9回
料理屋巡りを習慣に?
▲第10回
採取をするということ
▲第11回
キャラはどう育成するのか?
 

人気記事ランキング人気記事ランキング

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)