• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~1~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~1~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~1~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×らすく 第1回】

「第5回スプラトゥーン甲子園」の準優勝チームである四神乱舞から、らすく選手が対談に初登場!
 
他にない独特な編成でありながら強豪が揃った北海道地区大会DAY1を制覇し、全国決勝大会でも見事な結果を残した背景にはどんな戦略があったのか!? さっそく話を聞いていくぞ。
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2

 
Anotherが優勝した「第5回スプラトゥーン甲子園全国決勝大会」DAY1、DAY2の試合は上のリンクから見ることができるぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
らすく
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会で準優勝した四神乱舞のメンバー。精度の高いエイム力と状況に応じた的確な判断力を持ったプレーヤーで、スクリュースロッシャーベッチューをメインに、攻守にソツのないプレイングでチームを支える仕事人。勝負強さにも定評があり、甲子園ではスーパーチャクチで相手のジェットパックを撃墜するといったビッグプレーを幾度となく披露。ギャラリーを大いに沸かせた。

 

甲子園準優勝という結果をどう受け止めている?

――今回の「第5回スプラトゥーン甲子園」は準優勝という結果でした。らすく選手自身としては、この結果はどう受け止めていますか。
らすく:正直、すごく嬉しいですし、満足しています。まあ、決勝の試合については「もうちょっと何かやれたのかな」という後悔もちょっとだけあったりはしますけど……。
 
――そこの悔しさはありますよね。
らすく:そうですね。やっぱり、「あそこでこう動いていれば、もう少し結果も違ったのかな」とか、いろいろ考えちゃいますね。
 
――ただ、決勝まで行けたというのは、自分たちとしては納得できる結果でもある?
らすく:はい。ても強いチームばかりだったので、その中で準優勝できたというのはすごく嬉しいです。
 


▲四神乱舞は2年連続で全国決勝大会に進んだ強豪チーム。ナワバリの定番であるL3リールガンを採用していないなど、他にあまり見ない特殊な編成でありながら準優勝という見事な結果を残した。
(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2  3:33:59より引用)

 
――大会中のインタビューでも「今回の大会はどこも強くてキツかった」という発言もありました。
らすく:本当にどのチームも実力が高くて、それぞれに違った強さを持っていたので、「これはしっかり対策していかないと勝てないぞ」というのがあってキツかったですね。
 
――そうなると、事前に各チームへの対策というのも相当研究した?
らすく:そうですね。僕らに関しては編成が特殊すぎて向こう側が対策できないと思うんです。だから、それを生かして、逆にこっちが一方的に対策できれば有利に本番を迎えられるなとは思っていました。
 
――なるほど。実際、四神乱舞対策といっても相手は難しいですもんね。四神乱舞と同じような編成のチームってないですもんね。
らすく:たぶん、いないと思いますね。
 


▲(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2  1:09:49より引用)

 
――あとばる選手から見た四神乱舞はどんなチームという印象があります?
あとばる:あまり他にないチーム編成で、かつ各々がしっかり仕事をこなしているというイメージですね。編成がテンプレートにはまっていないので、いつも通りの対応をしているとまくられちゃう。
 かつ、四神乱舞さん側はしっかりナワバリの勝ち方をしてくるので、対策しにくいチームですよね。こちらの塗りを強くして、拾えるキルを着実に取っていくとかやれることはあるんでしょうけど、僕のチームで考えると四神乱舞のスクリュースロッシャーとフデに対してチャージャーがたぶんキツくて、そこをどうカバーできるかがキモになるのかなってのは感じますね。
 
――もし大会で当たるとなったら、ちょっと嫌だなという相手?
あとばる:嫌ねですね。面倒な相手だな、ってなると思います(笑)。
 
――今回の甲子園はオンラインでの開催でしたけど、これについてはご自身としてはどうだったんですか。やりやすかったのか、オフラインの方がよかったのか。
らすく:正直、やりやすかったですね。というのも、オフラインの全国大会だと東京の会場に行かないといけないので、必然的に『スプラトゥーン』の練習ができない時間ができちゃうんです。
 でも、今回に関してはそれがまったくなかったので、大会当日も本番の3時間くらい前にメンバー全員で集まって、ずっとナワバリの練習をしていたりとか。そういう面ではとても助かったし、やりやすかったですね。
 
――本当に本番ギリギリまで練習してたんですね。
らすく:そうですね。1日目が終わった夜もずっとやって、翌朝も早く起きてやってみたいな。とくに2日目に関しては、初戦のにチャージャーの方がいたんですけど、僕らチャージャー相手の練習を一切してこなかったんですね。
 それもあって、全員で「これはやらないとまずい」みたいなことになったので、一夜漬けじゃないですけど、とにかくチャージャー相手に慣れておこうみたいな感じで。
 


▲四神乱舞のDAY2初戦の相手となったCrown Huntのべるりぃ選手は、凄腕のチャージャーとして有名。
(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2  1:19:10より引用)

 
――その練習の甲斐もあって、2日目は見事に初戦を突破したわけですね。
らすく:そうですね。まあ、結局チャージャーは抑えられなかったんですけど(笑)。
 
――でも確かに、本番前に練習をしておくほうが、その日の自分の調子とかも掴めるわけで、いきなり本番よりはいいですよね。ちなみに、オフラインの会場だと本番前にちょっと練習する時間はあったりするんですか?
らすく:いや、ないですね。本体を持ち寄って携帯モードとかでなら可能なんですけど、少なくとも前回は本番の機材を使って練習は一切できなかったですね。
あとばる:甲子園は毎年変わらずそうですね。
 
――じゃあ、当日の1回戦がその日最初のプレーということになるんですね。
らすく:そうですね。それで、モニターとかも普段の自分の環境とは違うじゃないですか。コントローラもそうだし。それで「自分のパフォーマンスが出せないかもしれない」という不安があったりするんですけど、オンラインだとそれがないので、そこも気持ち的に楽でした。
あとばる:実際、オフラインだと、いざやってみたら「いつもとちょっと感覚が違うぞ」みたいなのはあったりしますね。
 

プレーヤーとしてのお互いの印象は?

――あとばる選手から見たらすく選手は、どんなプレーヤーという印象がありますか?
あとばる:自分の周りがそうだからかもしれないんですけど、スクリュースロッシャーを持っている人って猪突猛進のイメージがあって、「そこ、前に行くんだ?」みたいな動きをするタイプが多いんですよ。
 ブラスター使いの動きに近いというか、結構ガンガン行く傾向があるですけど、らすくさんはその辺のバランスがすごく良くて、後ろで引いているときは引いているし、前に出るときは前に出るしで、ガチマッチとかで一緒に当たって味方でやるとすごく動きやすいんですよね。
らすく:そう言ってもらえると、すごく嬉しいです。
 


▲(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2  1:13:22より引用)

 
――ガチマッチで偶然同じチームになったことがあるんですね。
あとばる:はい。「このスクスロ偉いなあ」と思って名前を見ると らすくって書いてあって「らすくさんだったのか」みたいな(笑)。
 あと、試合を見ていてもそう思うことが多くて、例えばナワバリだったらアンチョビットゲームスのラストで右側の奥にちゃんとタンサンボムを投げていたりとか。前めに出なきゃいけないスクリュースロッシャーというブキで、状況に応じてそういう動きがちゃんとできているのはすごいなと思いますね。
 
――反対に、らすく選手から見たあとばる選手の印象はいかがですか?
らすく:試合を作ることができるプレーヤーだなという印象がありますね。実は僕自身カラマリが大好きで、練習とかの配信もけっこう見てるんですけど、あとばるさんはH3リールガンとか前に出づらいブキを持っているときでも、しっかり前に出て味方を引っ張る動きができるし、そこは本当に凄いなというのは毎回思っています。
あとばる:いやー、嬉しいです。
 
――らすく選手といえばスクリュースロッシャーベッチューをメインで使われているんですけど、ナワバリをプレーする際に四神乱舞の中ではどういう役割になっていて、どういうことを意識してプレーしているんですか。
らすく:1番は「倒されない」ということですね。僕が倒されると、前線に残るのがパブロとシャープマーカーとかスプラシュターになって、リールガンに絶対に対面で勝てない状況になるんです。
 ですから、まずは僕が生きていることを前提に対面を積極的に仕掛けていって、相手を押し込んでいくのが自分の役割なのかなと思ったりはしますね。
 
――前衛を張るんだけど、倒されちゃいけないというのはけっこう難しくないですか?
らすく:そうですね。即席のチームでナワバリをやるなら、何も考えずに突っ込んで敵を倒しまくれば「活躍できているぞ」みたいな感じにはなるんですけど、四神乱舞の編成だとそれが逆に良くない動きになっちゃうので。そこは難しいですけど、でもスクリュースロッシャーを持つ以上は頑張ろうという感じですね。
 

【今回のまとめ】
・四神乱舞は編成が特殊で対策しにくいチーム!
・らすく選手が生存していることが、四神乱舞が自分たちのペースで試合をするためのポイント!

 
次回も引き続き、あとばる選手×らすく選手の対談をお届け!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」の各試合について話を聞いていくぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は10/27(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)