スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~2~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×らすく 第2回】

四神乱舞のらすくを招いて行われた対談の第2回目。
 
今回は「第5回スプラトゥーン甲子園DAY1」での四神乱舞 VS GGBoyZの一戦について、ふたりに語ってもらったぞ。昨年、敗れたGGBoyZに対し、四神乱舞はどのような戦略で挑んだのか? さっそく対談スタートだ!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2

 
Anotherが優勝した「第5回スプラトゥーン甲子園全国決勝大会」DAY1、DAY2の試合は上のリンクから見ることができるぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
らすく
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会で準優勝した四神乱舞のメンバー。精度の高いエイム力と状況に応じた的確な判断力を持ったプレーヤーで、スクリュースロッシャーベッチューをメインに、攻守にソツのないプレイングでチームを支える仕事人。勝負強さにも定評があり、甲子園ではスーパーチャクチで相手のジェットパックを撃墜するといったビッグプレーを幾度となく披露。ギャラリーを大いに沸かせた。

 

スーパーチャクチを使うときのポイントは?

――今回の甲子園ではスクリュースロッシャーベッチューをメインで使っていましたけど、スクスロの中でベッチューを選択した理由は?
らすく:第4回の甲子園ではスクリュースロッシャーネオを持っていて、今回も最初はネオで練習していたんですけど、それだと前線で対面を積極的に仕掛けていく人がいなくなって、どうしても押し込まれがちになると感じたんですね。
 それで、今回に関してはダンサンボムとのかみ合いが良くて、前に出やすいベッチューをメインにしました。ネオだとサブがポイントセンサーなので、どうしても自分から積極的に前に出るというのが難しいんですよ。
 
――試合を見ていてスーパーチャクチもすごく効果的な場面で使っている印象があったのですが、どういうときに使おうとか、なにか意識していることはあるんですか?
らすく:結局、狩られるのでとくには考えていなくて……今回の甲子園は、たまたまいい感じのチャクチが吐けたというだけですね。強いて言えば、体力が満タンのときに吐くのがけっこう大事なのかなとは思っていて。ダメージを受けて削られている状態で吐いても、ちょっとしたダメージを受けただけで狩られてしまうので、少しでも着地できる確率を上げるためにも、体力100の状態で使うようにはしています。
 
――スーパーチャクチでジェットパックを倒すシーンも何度かありました。あれは狙ってやっているのかなと思ったんですけど……。
らすく:一応、チャクチは上方向に当たり判定が多くて、ジェットパックに対してはわりと有効はずなので、積極的に狙っていくようにはしていますね。あと、エクスプロッシャー相手にもガンガン吐いてもいいかなというのがあって。エクスプロッシャーは直撃が55ダメージなので、チャクチを狩りにくいと思うんですよ。なので、エクスプロッシャーとの対面のときは積極的に吐いていくようにはしています。
 


▲(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1  1:31:40より引用)

 

昨年のリベンジを果たしたGGBoyZとの一戦を振り返る!

――ここから甲子園での各試合を振り返っていきたいんですけど、大会前に対抗戦なども行っていたと思うのですが、チームの仕上がりや調子はどうだったんですか? 
らすく:わりと不安定でしたね。勝てるときは勝てるけど、逆に勝てないときは1本も取れないみたいな。僕らは動きがバレれて慣れられると弱い傾向があって、けっこう同じチームと何度もやったりしていたので、そのあたりも影響していたのかなと。
 なので、なるべく自分たちの情報を隠すために、今回の決勝大会に出場したチームとは1回も対抗戦をしないようにしていました。
 


▲(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1  1:30:31より引用)

 
――申し込まれても、「ごめんなさい」という感じで断ってたんですか。
らすく:そうですね。編成がある程度バレるのは仕方ないんですけど、立ち回りもバレてしまったらちょっと弱いので、そこはみんなでやらないということにして、なるべく相手をした人にも「立ち回りとか言わないで」ってお願いはしていました。
 
――甲子園のDAY1は5チームでのリーグ戦でしたけど、同じリーグの中でとくに意識していたチームはありましたか?
らすく:GGBoyZに関してはすごく実力があるチームというのと、個人的にも倒したいチームでもあったので、「ここは絶対に勝ちたいね」ということはみんなで話していました。
 逆にキャンピングシェルターを採用しているたぴおかよもぎあいすは、勝つのは厳しいかなと正直思っていて。というのも、僕ら練習試合でもキャンピングシェルター入りのチームが苦手で、本当に勝率が悪かったんですよ。
 それで、編成にエクスプロッシャーがいるGGBoyZとえびチリソースには絶対勝てるようにしようと考えて、リーグが決まってから本番まで編成にエクスプロッシャーのいる相手とひたすら練習していました。ここで2勝すれば、とりえずリーグは突破できるはずと考えたわけです。
 


▲DAY1は10チームが甲と乙のふたつのグループに分かれてリーグ戦を行い、上位4チームが勝ち上がる方式となっていた。
(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1  42:34より引用)

 
――なるほど。1試合目がそのGGBoyZとの対戦だったわけですけど、緊張とかはありましたか?
らすく:めちゃくちゃ緊張しました。動きも全然ダメで、残り1分になるまでずっとデスしてばっかりだったと思うんですけど、他のメンバーがすごく落ち着いていつも通りのプレーをしてくれたので助かりましたね。
 
――そんな中でも狙い通り、GGBoyZに勝利しました。これで前回のリベンジも果たした形になりましたね。
らすく:そうですね。前回大会で負けていた相手だったので、「今度は絶対勝つぞ」と思って、リーグ初戦から決勝戦みたいなテンションで挑んだんですけど、勝ってリベンジを果たせので最高でしたね。
 


▲四神乱舞とGGBoyZは、前回の「第4回スプラトゥーン甲子園全国 決勝大会」でも初戦で激突。このときはGGBoyZに惜敗した四神乱舞だったが、今回は見事にそのリベンジを果たした。
(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1  43:12より引用)

 
――先ほどエクスプロッシャー対策をされたという話がありましたけど、対GGBoyZに関してはどんな作戦で戦おうと考えていたんですか?
らすく:GGBoyZは対面をガンガン仕掛けてくるチームで、イカスフィアを多く吐いて相手をどんどん奥に押し込んでいくのが特徴だと思うんですけど、その奥に押し込んでこようとするイカスフィアを逆手にとって、全員でしっかり囲んで倒してからラインを上げるということは意識していました。
 それが最後の最後で本当にうまく決まったので、作戦通りだったのかなと思います。
 
――実際、試合ではGGBoyZの得意な形にまったく持ち込ませなかったですもんね。GGBoyZのラインを上げさせずに、しっかり自分たちの前線を維持していました。
らすく:残り30秒くらいで、れんぞーん選手がイカスフィアでこちらの陣地の奥に抜けて、そのままこっちを押し込んで、その状況を維持して勝つというのがGGBoyZ側の作戦だったのかなと思うんですけど、逆に僕らはそれを処理してから全員で前に押すというのを勝ち筋にしていたので、それがうまく刺さったのかなと思います。
 
――あとばる選手はこの試合は見ていてどんな印象を持ちました?
あとばる:四神乱舞らしい勝ち方というか、いつも最後の最後に「うわ、偉い!」みたいな動きをして、スパスパッと人数差を作って勝つみたいな。それで、GGBoyZもよく最後の最後にまくって人数差を作るみたいな動きをするんですけど、この試合では逆に残り20秒くらいのタイミングでGGBoyZ側が連続で落とされて、勝負あったという形でしたね。
 去年の第4回の全国決勝大会での試合も四神乱舞は負けはしましたけど、GGBoyZとかなりいい勝負をしていたので、チーム練度が上がった今どうなるかなと思って見てたんですけど、しっかりめくって勝っていたので「四神、強いな」という感じでしたね。
 

【今回のまとめ】
・四神乱舞はエクスプロッシャーに対して万全の準備をしていた!
・GGBoyZ戦に勝利した背景には、相手の特徴を逆手に取った戦略があった!

 
次回も引き続き、「第5回スプラトゥーン甲子園」についてふたりに話を聞いていくぞ。次回もお楽しみに!
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は11/3(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)