TOP 特集&連載 【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第28話 香菱よ、我がもとへ!
特集&連載

【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第28話 香菱よ、我がもとへ!

TwitterFacebookLine


 

深境螺旋、おもしろい!

 
 シリーズでお伝えしている“万民同行”攻略のドキュメンタリー、いよいよ今回で最終回となります(ニュース番組風の開幕)。
 

関連記事
【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第27話 万民同行、最後の砦

 
 おさらいになるが、万民同行はテイワットの東に口を開けている多層構造のダンジョン“深境螺旋”を舞台にしたイベントである。
 
 この不思議な秘境は、層によって異なる強力なバフ効果が付与され、それを利用しつつ条件をクリアーしていくとつぎの段階に進出できる……という仕様になっている。万民同行はこの深境螺旋の第1層~第3層までを使ったイベントで、第3層第3間を制覇すると★4の火元素娘・香菱がプレゼントされることになっているのである。
 

 
 ちなみに、各層でかかるバフ(地脈異常、という)は以下のようなものだ。
 
●第1層 地脈異常
・チーム全員が与える炎ダメージ+75%
・過負荷反応ダメージ+200%
 
●第2層 地脈異常
・チーム全員が与える氷ダメージ+75%
・凍結反応の継続時間が大幅に延長する
 
●第3層 地脈異常
・拡散反応ダメージ+300%、拡散距離+100%
・チーム全員の与える風ダメージ+75%
 
 これを見てわかるのは……突出して強いキャラが1体いるだけじゃ攻略は不可能!!!ww 各元素のキャラをキチンと育てておかないと深境螺旋で絶対に泣きを見るよ!!!><
 
 ……ってことだ。そして俺はまんまと、まともな風元素キャラを持っていなかった影響で第3層でドツボにハマることになったのでありました……w
 
 でも、前回の記事で書いた通り、唯一持っている風元素キャラ“主人公の角満君”をそれなりに育て、その元素スキルと元素爆発(どちらも敵を吹き飛ばす効果がある)を使って高台になっているステージから敵を落とす……という、ジャンケンの後出しレベルにセコい作戦を駆使して、
 

 
 ついに深境螺旋の第3層第3間に到達したのであった!!
 

 

万民同行、コンプリート!

 
 ここでも当然、俺は第2間までの作戦で突き進もうと考えていた。要するに、
 
 「敵が出てきたら端っこに追い詰め、吹き飛ばしを使って片っ端から場外に落としたるどwww うけ!!w うけけけけけ!!www
 
 ↑こんな下卑た笑いを浮かべて勝利を確信していたのだ。
 
 と、ところがだな……。
 
 第3間を始めようとしたその瞬間、俺はすぐに違和感に気付いた。
 
 そ、それは……。
 

 
 (((( ;゚Д゚)))
 
 は、端っこ……壁になってて、誰も落とせないじゃないですか……(((( ;゚Д゚)))
 
 「か、角満殺しきたぁぁああああ!!!!><」
 
 本気で泣きそうになったわ(苦笑)。
 
 そう!! 第3間はここまで俺を進出させてくれた、土俵際のうっちゃり作戦が使えなかったのよ!!!w つまりガチンコで、出てくる敵を打ち倒さないといけないってわけ!!!
 
 「ちょ!!! なんて卑怯な!!!>< 正々堂々と戦えよ!!!><
 
 思わず泣きごとが口を突いたが、敵にしてみたら、
 
 「場外に落とすという姑息な手段で勝ちを拾ってきたオマエに言われたくねえ」
 
 ってところだったろうな(苦笑)。
 
 こうして、成行き的に仕方なくガチの戦いを強要されることになった。
 
 現れた敵は……!
 

 
 じつは戦闘が目まぐるしすぎてスクショを撮る余裕もなく、ほとんど残っていないんだけど、ここで倒さなきゃいけないのは“ヒルチャール暴徒・木盾”と“遺跡守衛”という、じつに面倒臭いヤツ2名様!! しかも同時!!ww もうイヤァァァアアアア!!!www
 
 けっきょく……。
 
 俺がこの第3層第3間をクリアーできたのは、初めてここに進出してから1週間後のこと……w
 


 
 つまり7日間もの長きにわたって……ここで足止めされちまったってことだ!!!w
 
 しかもあろうことか、その間に撮り溜めた大量のスクショを操作を誤って消してしまうという凡ミスも犯し、ここでの激闘は思い出とともに電子の時空の彼方に消えて行ったのであった…………w
 
 それでも、万民同行は無事にクリアーできたので、ついに目的の香菱を手に入れることができました!!!
 



 
 これにより、
 

 
 香菱の命ノ星座は“第2重”まで解放!! ここんとこ、火元素はクレーばっかり使っていたけど、
 
 「香菱の存在も、忘れたらいけないアルよ!!」
 
 そう名乗りを上げた気がしましたとさ。
 
 続く!
 

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『原神』公式サイト:
https://genshin.mihoyo.com/ja/

※ゲーム画面はPS4ソフト『原神』のものです。
Copyright© 2012-2020 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED

© 2020 Nintendo

『原神』プレイ日記 角満の『原神』大紀行のバックナンバーは次のページへ!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine