TOP ニュース アフレコ現場で思わず嫉妬した「私にはできないこと」とは!? アニメ「ポケットモンスター」2年目突入記念!! コハル役/花澤香菜さん独占インタビュー!!
ニュース

アフレコ現場で思わず嫉妬した「私にはできないこと」とは!? アニメ「ポケットモンスター」2年目突入記念!! コハル役/花澤香菜さん独占インタビュー!!

TwitterFacebookLine


9月に発表されたアニメ「ポケットモンスター」の新キービジュアルで、花澤香菜さん演じるコハルと仲良くしているイーブイが話題に! 今後、さらなる活躍が期待されるコハルや、アニメ「ポケットモンスター』について、超人気声優の花澤香菜さんにコロコロが独占インタビュー!!!!
 

コハルは視聴者にとってリアリティのあるキャラクター

――花澤香菜さんはコロコロオンラインに初登場とのことで、いろいろお話を聞かせてください! まず、アニメ「ポケットモンスター」にコハル役での出演が決定した時の心境を教えてください!
 
gazou私はちょうど20年くらい前、サトシと同い年くらいの頃にポケモンに出会って、一緒に育ってきました。なので、「そのポケモンに出られるんだ!」というのが、本当にうれしくて。このお仕事をしていると、好きな作品や出たい作品がさまざまあるんですけど、アニメ「ポケットモンスター」もその一つなので、本当に幸せなことだと感じました。
 
コハルちゃんのキャラクターデザインを初めて見たのは、オーディションの時でした。もう、めちゃくちゃかわいくって! ただ、サトシやゴウのように積極的にバトルをしたり、ポケモンを集めるキャラクターではないので、アニメ「ポケットモンスター」の世界のなかでどういう風に活躍するんだろうと思っていました。

 
――コハルを演じて約1年が経ちますが、演じていくなかで花澤さんのなかに起こった変化は何かありますか?
 
gazou最初のほうのアフレコ現場は、めちゃくちゃ緊張していました。小さい頃、ポケモンを見ていた頃の気持ちがよみがえって緊張するのはもちろん、もう20年続いているアニメシリーズで現場の空気感ができあがっているので、私がそこに入ることへの緊張です。
 
でも、隣からサトシの声やピカチュウの鳴き声、ムサシやコジロウ、ニャースの声が聞こえてくるので、興奮もあり……! 緊張と興奮で大混乱でした(笑)。

 
――思い入れのある作品ですと、いろんな思いがこみ上げてくるのでしょうね……!
 
gazouそうなんです。でも、ゴウを演じている山下大輝くんも一緒のタイミングでアフレコに参加し始めたんですが、積極的にコミュニケーションを取ってくれたことで、緊張のほぐれた部分もあります。コハルちゃん自身が、サトシとゴウといいコンビネーションを見せるにしたがって、私も落ち着いて参加できるようになりました!

 
――そんなコハルが、これからどのように劇中で変化していくのかを視聴者のみんなも楽しみにしていると思います!
 
gazouそうですね。今のコハルちゃんを取り巻く状況って、すごいリアリティがあると思うんです。小さい頃からワンパチと一緒に育ってきて、サクラギ博士という父のもとでいっぱいポケモンと触れ合ってきて。でも、将来ポケモンに関する仕事をするのかというと、まだ一歩踏み込めていないところがあるというか……。

 
――現実でも、学生のうちから明確に夢を持っている人は決して多くはないですよね。
 
gazouあとはやっぱり、みんなが「好き」と言っているものを「自分も好きかどうか」ってわからない時もあるじゃないですか。逆に、みんなが興味ないものを好きな自分がいたり。でも、そういう自分らしさみたいなものって、全然肯定されるべきだと思うんです。コハルちゃんって、そういう悩みを持っている人を肯定してくれるというか、共感されるキャラクターだと思っています。

 
――成長過程のキャラクターが描かれていますよね。
 
gazouはい。これから、コハルちゃんがポケモンに対してどんどん向き合っていくことで、自分の将来をなんとなく前向きに考えられるんじゃないかなと感じています!

 
――コハルのキャラクターは、花澤さんにとって共感できるキャラクターですか? それとも、自分とは似ていない部分が多いですか?
 
gazouあぁ、どうだろう……! コハルちゃんって、照れながらも「私ももうちょっと踏み出してみる!」っていうところがあるじゃないですか。私も、音楽のライブとかで周りがうわーって楽しんでいるなか、ちょっとこう……キョロキョロして、「よしっ!」って盛り上がるみたいな部分はあります(笑)。
 
そういう意味では、コハルちゃんって率先して自分の感情を解放できるタイプではないので、そういうところは自分と似ているかもしれません。でも、もっと物語が進んでいったら、コハルちゃんは自由に感情を解放していくのかなと思うんですけど。

 

次のページへ!!(1/2)

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine