• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~4~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~4~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~4~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×らすく 第4回】

あとばる×らすく対談の第4回目。
 
今回は「第5回スプラトゥーン甲子園」の準決勝と決勝の2試合を振り返り。らすく選手が所属する四神乱舞は、それぞれの試合の試合をどう戦ったのか。さっそく対談スタートだ!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2

 
Anotherが優勝した「第5回スプラトゥーン甲子園全国決勝大会」DAY1、DAY2の試合は上のリンクから見ることができるぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
らすく
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会で準優勝した四神乱舞のメンバー。精度の高いエイム力と状況に応じた的確な判断力を持ったプレーヤーで、スクリュースロッシャーベッチューをメインに、攻守にソツのないプレイングでチームを支える仕事人。勝負強さにも定評があり、甲子園ではスーパーチャクチで相手のジェットパックを撃墜するといったビッグプレーを幾度となく披露。ギャラリーを大いに沸かせた。

 

準決勝・決勝の試合を振り返り!

――準決勝はDAY1でも戦ったえびチリソースが相手でした。DAY1は接戦の末に勝利したチームですが、1度勝っているということで自信はあった?
らすく:散々練習してきたエクスプロッシャー軸のチームなので自信はありました。
 ただ、DAY2の初戦でさっぷさんがすごく暴れていて調子が良さそうだったので、「このエクスプロッシャーをノセたらいけない」という話は全員でしていました。
 
――その意味でも、まず1本目の海女美術大学を取ったのは大きかったのでは?
らすく:そうですね。打開がうまく刺さってくれましたね。
 
――この試合は、残り20秒でらすく選手が中央高台にいたさっぷ選手をタンサンボムで倒して、そこから一気に盤面を取り返して勝利するという形でした。
らすく:実はタンサンボムって自陣の左網の部分から中央に届くんですよ。あまりやっている人を見ないので、意外と知られてない気もするんですけど、それがうまく刺さりましたね。
 


▲中央高台にいたさっぷ選手にタンサンボムがヒット! これが打開の起点となり、四神乱舞が一気に盤面を取り返した。
(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1 3:02:30より引用)

 
――残り20秒まではなかなか中央を取り返せない展開でしたけど、焦りはなかったんですか。
らすく:本番前の練習からずっと僕らはこんな感じの展開が多かったので、焦りはそんなになかったですね。もちろん、理想は自分たちが中央を支配して抑え続けたかったんですけど。
 
――2本目のアンチョビットゲームズはえびチリソースが取って、3本目はエンガワ河川敷でした。DAY1で負けていたステージですけど、嫌なイメージとかはなかったですか?
らすく:とくにはなかったですね、ただ、残り30秒で確かAtさんが落ちたと思うんですけど、そこはちょっと肝を冷やしました。Atさんがボイスチャットで、「すまん! 絶対生きて!」と言っていたので、とにかく生存することを意識していたと思います。
 
――最後の4本目はチョウザメ造船で、ここは相手をうまく圧倒しての勝利でした。自分たちのやりたいことがうまくできた形ですか。
らすく:この大会で初めて相手を抑えて勝てた気がしますね。対面もすごくいい感じに勝てて、どんどん敵を押し込んでいけたので、この試合に関しては全部完璧だったと思います。
 
――終盤に、らすく選手も2~3人くらいに囲まれながらも粘って生き残ってというシーンがありました。
らすく:あれはもう僕はやられたと思ったんですけど、味方の動きがうまくて助けてくれて。
 


▲(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1 3:17:33より引用)

 
――あそこで粘ったおかげで、うまく味方がフォローして敵を落としてという。
らすく:あれは、本当に助かりました。
 
――あとばる選手はこの試合はどう見ました?
あとばる:えびチリソースの編成はL3リールガンD、エクスプロッシャー、パラシェルターソレーラ、アーマー持ちの形が多かったと思うんですけど、この編成だと打開時にL3Dのジェットパックでキルを入れないと安定した打開にならないのかなとは思っていて。
 結局、打開時の足元の塗り広げをパラシェルターソレーラのボムピッチャーで行うとなると、シェルター自身があまり前に行けなくなる。そうすると、L3Dとアーマーブキの2枚が前に出ることになって、このときにジェットパックでキルが取れないと、この2枚が前めに浮いて相手に囲まれやすくなってしまうんです。ですから、えびチリソース側がいかにジェットパックでキルを取れるかがカギだろうなと思っていたんですけど、そこを四神乱舞側が見事に対処していましたね。
 「自分たちは相手の打開でしっかり生き残って、ちょっと前に浮いた相手を囲んで倒す」という、相手の打開に対するカウンターのような形でキルをとっている試合が多かったなという印象です。とくにチョウザメ造船はラストの相手の打開への対応がすごく綺麗でしたね。
 


▲(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1 3:18:07より引用)

 
らすく:チョウザメ造船の相手の最後の打開に関しては、全員で「絶対にジェットパックがくるから表示を見とけ」というのは言ってたんですよ。
 それで、画面の上のスペシャルの表示が光っているのが消えた瞬間、全員で後ろに下がったのは覚えてますね。ここは絶対にジェットパックで落ちたらダメだと思っていたので、うまく対処できて良かったです。
 
――決勝戦はAnotherが相手で、ここは悔しい結果になったのかなとは思うんですけど、戦ってみてAnotherというチームの印象はいかがでしたか。
らすく:想像の5倍くらいチーム力がありましたね。れんたなさんというすごくうまいスロッシャーの方がいるんですけど、彼を中心に組み立てているのが印象的で、れんたなさんが前で仕掛けてくるときに絶対にインクアーマーとマルチミサイルを合わせてくるんですよ。
 それで、れんたなさんを倒して全員で前に出ようと思ってもクーゲルシュライバーが重要なポジションにしっかり置き撃ちとかしていて、なかなかこちらが思うような形にさせてもらえなかったですね。
 


▲(「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1 3:50:48より引用)

 
――崩そうと思っても、なかなか糸口がつかめなかった?
らすく:そうですね。あと、単純にクーゲルというかスピナー相手にまったく練習をしていなかったので、「クーゲルってこんなに強いんだ」というのは僕自身すごく感じました。本当に何度も倒されてしまったので。
 まあ、自分のチームもクーゲルを採用してるのになに言ってんだって感じですけど(笑)。あとは選ばれたステージもあまり得意ではないステージで、とくにコンブトラックに関しては練習のときからほぼ全部負けみたいな感じだったので、最後の最後でステージ運もなかったなと。
 
――編成的にコンブトラックは厳しい感じなんですか。
らすく:うーん、どうなんですかね。でも、コンブトラックは本当に勝てなくて、なんかスクリュースロッシャーがナワバリのコンブトラックで弱い気がしていて、タンサンボムを振っている間にやられることが多いんですよ。あと、パブロも全然キルが入らないみたいなことを言っていたので、キルで引っ張っていくはずの2人がダメという。それが大きいのかなと思います。
 

【今回のまとめ】
・相手の打開に対してカウンターをとる立ち回りが四神乱舞の特徴のひとつ!
・Anotherは想像の5倍くらいチーム力があった!

 
次回も引き続き、あとばる×らすく選手の対談をお届け。
 
スクリュースロッシャーを使うポイントなどを聞いていくぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は11/17(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)