TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~1~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~1~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ルオカ団長 第1回】

以前もこの対談に登場してくれたルオカ団長選手が再登場!
 
スプラプレーヤーの中でも屈指の理論派として知られるルオカ団長選手は、自身も参加した今回の「第5回スプラトゥーン甲子園2020全国決勝大会」をどんな戦略を持って戦ったのか? さっそく対談スタートだ!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2

 
「第5回スプラトゥーン甲子園全国決勝大会」DAY1、DAY2の試合は上のリンクから見ることができるぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ルオカ団長
「第5回スプラトゥーン甲子園2020  全国決勝大会」でベスト4入りを果たした”〆る者達”のリーダー。理論派のプレーヤーとして知られ、ステージやルールに合わせた柔軟な戦略でチームを勝利に導く。また、「第4回スプラトゥーン甲子園2019 近畿地区大会」では、自身が監督を務めた”ぽぽじろう学園高等部3年A組”が優勝するなど、選手としてだけでなく指導者としても優れた手腕を発揮。まさにナワバリバトルの勝ち方を知り尽くしたプレーヤーといえる。

 

勝ちたいと思っていた相手に勝てたことで満足できた

――今回の「第5回スプラトゥーン甲子園2020全国決勝大会」はベスト4という結果でした。まずはこの結果をどう受け止めていますか?
ルオカ団長:試合が終わったときは「4位なら立派だ」と納得していたんですけど、あとで「あそこはもっとこうしていれば勝っていたのかな」みたいにだんだん悔しい気持ちが出てきました。
 
――大会のあと試合の動画を見たりとかもされたんですか?
ルオカ団長:はい。けっこう見ましたね。どこが試合のきっかけだったんだろうというので、少なくとも6~7回は自分の試合を見ていますね。
 
――改めて試合動画を見ていくと、どうしても「ここでこう動いていれば」といった反省点もいろいろ出てくる?
ルオカ団長:そうですね。ただ、個人的には順位よりも勝ちたいと思っていた相手……名前を出しちゃうとたぴおかよもぎあいすなんですけど、ここに勝てたのがけっこう満足いく部分でしたね。
 
――”たぴおかよもぎあいす”はDAY2の1回戦の相手でしたね。
ルオカ団長:はい。”たぴおかよもぎあいす”とは僕らが優勝した九州地区大会DAY2で同じ地区だったんですけど、ここで僕らが負けてしまうと「九州地区大会も本当は”たぴおかよもぎあいす”の方が強かったんじゃない」と思われそうな気がして。
 なので、僕的には「九州地区大会の本当の優勝をもぎ取る」と言う意味でも、この一戦はすごく大事だったんです。実際、この試合で勝てたことで改めて「よかった。自分たちは九州甲子園代表だったんだ」と感じることができたので、たぴおかよもぎあいすに勝てたことへの満足度はすごく大きかったですね。
 


▲たぴおかよもぎあいすは北海道大会で負けたあと、オンライン大会・冬を勝ち上がり全国決勝大会に出場。リーグ戦で行われた全国決勝大会DAY1を1位通過するなど、かなりの実力を持ったチームだ。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY2  8:10より引用)

 
――今回の甲子園はオンライン開催でしたけど、これはご自身としてはどうだったんですか? やりやすいと思ったのか、オフラインのほうがよかったなという思いがあったのか。
ルオカ団長:もともとオフラインの想定で練習していたので、オフラインのほうがよかったですね。
 ブキ編成の面でも僕らは相手の意表を突いて、混乱を誘うような戦い方を基本としているんですけど、その場合にボイスチャット「あり」と「なし」では相手の対応力も大きく変わってくると思うんですね。
 
――確かに「ボイスチャットなし」の方が、相手の混乱もより誘いやすくなりそうです。
ルオカ団長:はい。オフライン想定のときだと、とりあえず相手を混乱させる立ち回りから始まって、あとは各々の判断で動くという形をずっとやってきたので。
 そういう意味ではオンラインになってしまった分、想定とは違う展開になってしまったなというのはあります。
 
――なるほど。ちなみにあとばる選手はオンライン大会とオフライン大会のどっちの方が好きですか?
あとばる:実力の出しやすさでいえばオンラインの方がありがたいんですけど、甲子園の場となるとやっぱりオフラインの方が盛り上がるじゃないですか。
 そういう甲子園を楽しむとか盛り上げるという観点から言うとオフラインの方がいいのかなとは思いますね。
 
――プレーのしやすさとか、チームでのやりやすさで言うとオンラインの方がいい?
あとばる:オンラインの方がだいぶやりやすいですね。ただ、オフラインでもボイチャットありの大会だと、オンラインと同じくらいやりやすくはなりますね。
 
――オフライン大会の特徴としてお客さんがその場にいて、歓声とかもある中で試合をするわけですけど、そういう環境自体はおふたりは好きな方ですか?
あとばる:そうですね。やっぱりお客さんがいた方がテンションも上がりますし。あと、歓声も集中していると聞こえなくなってくるんですよ。逆にうまく集中できなくて、歓声だけがやたら聞こえてしまうのが一番テンパっちゃうパターンで、そのときに味方の声が聞こえるとちょっと落ち着けるというか(笑)。
 なので、お客さんがいて、かつボイチャありというのが、個人的にはたぶん一番パフォーマンスが出せる環境のかなと思ってます。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY2  32:58より引用)

 
ルオカ団長:僕はオフラインの方が盛り上がりの面で見ても楽しいですし、自分のプレーに対して観客の歓声とかが聞こえるとすごく嬉しいので好きですね。
 あと、プレースタイルの面で言うと、オフラインは「自分たちのスタイルを相手に押し付ける戦い方が強い」、反対にオンラインは「相手にうまく対応できる方が強い」と思っていて、その面でも好き勝手ができるオフラインの方が好きというのもありますね。
 
――あと、甲子園などでは試合前後にインタビューがあるじゃないですか。そういうのを受けるのは、わりと好きなタイプ?
ルオカ団長:僕、生まれつき目立ちたがり屋なところがあるので、全然ある方が嬉しいというか(笑)。けっこう自分が喋る気満々で喋っているところが多いので、むしろウェルカムな部分です。
 
――おふたりとも顔出しもほとんど抵抗ない感じですよね。もともとそういうタイプだったんですか?
ルオカ団長:あとばるさん、どうぞ。
あとばる:あはは。もともとはそんなに顔を出すことのメリットを感じていなくて。1番最初に甲子園に出たときとかなんかはマスクをつけて隠していたんですけど。
ルオカ団長:あ、懐かしい。第2回の北海道大会。
あとばる:覚えています?
ルオカ団長:みんなが「あとばるって人が強い」と言っていて、僕もそのとき初めて知って。
あとばる:そんなこんなで結局、地区大会から甲子園の全国大会を優勝して、日本代表としてアメリカのE3の大会に出るときに、「日本代表として行くのに、流石にマスクをつけてるのはちょっとな」というので、そこから外しました。
 
――ルオカ団長選手はもともと顔出しはあまり抵抗がなかった?
ルオカ団長:僕自身、抵抗は全然ないんですけど、メリット、デメリットで言うなら顔は出さない方がメリットはあるなとは思いますね。
 でも単純に自分が顔を出すことで面白がってくれたりとか、そういうのがあるんだったらむしろ顔を出したいかなと言うのはあります。やっぱり目立ちたがり屋なんで(笑)。僕もあとばるさんもけっこう変顔みたいなのをそういうところはタイプが近いかなとは思いますね。
 

優勝したAnotherの強さをふたりが分析!

――今回の甲子園はAnotherが優勝しましたが、ルオカ団長選手は実際に戦ってみてどういう印象を持ちましたか?
ルオカ団長:個人能力が高い、力のチームと言う感じがしましたね。とりあえず4人のキル数が他のチームと比べて一番多いんじゃないかなというところがあるので。全チーム中、個々の能力がもっとも優れていたチームだったのかなとは思いますね。
 
――Anotherは基本的にスピナー2枚、わかばシューター、スロッシャーという編成でしたが、この編成はナワバリにおいて強い編成なのでしょうか。
ルオカ団長:すごく理にかなっている編成だなと思います。まずスロッシャーのれんたなさんですけど、スロッシャー使いって攻撃的な人と守備的な人の2タイプがあって、れんたなさんは攻撃的な最大値を出せるプレーヤーなんです。
 個人能力が高いので味方との連携なしでも全然動けるし、ひとりでもなんとかしちゃうタイプ。なので、方針としては基本的にはぴのさん、バズさん、りぃれさんが盤面を維持して、攻撃力のあるれんたなさんをひたすら相手にぶつけてアドバンテージをとっていくチームという印象ですね。
 


▲Anotherのメンバーはぴの、りぃれ、れんたな、バズの4名。れんたな選手はスプラ界でもナンバーワンと言われるほどのスロッシャー使いとして有名だ。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY2  13:20より引用)

 
ルオカ団長:それでスロッシャーって塗りがあまり強くないので、生き残っても塗りのアドバンテージが取れないんです。
 たとえばスロッシャーが相手を落としても、同時に自分の味方がやられてしまうと塗りでリードが取れないみたいなところがあるんですけど、れんたなさんのキル力であれば人数をつけることができるので、そういったときに残っているメンバーの持ちブキの基礎塗り、わかばシューター、スピナー、スピナーの塗りが非常に強いので、れんたなさんで1枚持っていかれてしまうとそれだけで塗り力に大きな差がついてしまうそういう意味でもチームとしてロジックがすごくきれいに築かれた編成かなとは思いました。
 
――れんたな選手のスロッシャーが軸になっているチームなんですね。
ルオカ団長:そうですね。キル取り屋のれんたなさんでアドバンテージをとって、人数差が取れたらバズさんとりぃれさんが上がってきて、ぴのさんはふたりの結果次第でどう動くか決めるというイメージがありますね。
 
――このチームに対策するとすればどういったことが考えられますか?
ルオカ団長:チャージャーやエクスプロッシャーといった後衛は欲しいすね。むしろ後衛なしだと止めるのが難しい編成になっていると思います。たとえば、相手のスピナーに有効なブキとしてはキャンピングシェルターが挙げられるのですが、キャンピングシェルターを採用した場合、前線で最初に差し合ってくる相手はれんたなさんのスロッシャーになります。
 だから、まずはれんたなさんを止めないといけないんですけど、味方に後衛がいないだとそこでカバーが貰えなかったりとかして、もしこっちのキャンピングシェルターが落とされると、相手のスピナーに自由に暴れられてしまうことになります。それを予防する意味でもスピナーに圧をかけることが可能かつ、手前でカバーができるブキが欲しい。
 そう考えると、チャージャーかエクスプロッシャーにプラスして、前線のカバー役としてスロッシャーを入れるという感じの編成がいいのかなと思います。
 
――あとばる選手はいかがですか?
あとばる:このチームに関しては単純に撃ち合いを制さないとまず勝てない感があると思っていて。Anotherの偉いところって、最前線を張っているれんたなくんが落ちた後にちゃんと残っている人たちがキルをとっていることだと思っているんですね。
ルオカ団長:確かにそうですね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY2  2:28:00より引用)

 
あとばる:そこがパワーが高いとか、個人力が強いって話につながってくるんですけど、すごく極端な話で言うと、れんたなくんを倒したあとにバズくんも倒せれば絶対に勝てるんですよ。まあ絶対というのは言いすぎですけど、そこまで持っていければ自分たちがしたいことができる環境になってくる。
 なので、自分的には単純に得意なブキを持ってしっかりパフォーマンスを出したほうが勝ちやすいのかなとは思うんですけど、ただそうなってくるとりぃれくんとかがネックになってくるので、ルオカさんが言ったようにチャージャーといった後衛から一気にバチンとキルが入るブキを一発入れておくというのは賛成ですね。
ルオカ団長:このチームに勝つにはとにかく前衛のれんたなさんと、もうひとり誰かを落とさないといけないんですよね。
あとばる:そうなんです。
ルオカ団長:それが衛なしよりは後衛ありの方がしやすいかなと。
 
――前衛をひとり落としただけだと、なかなか残りのスピナー2枚とわかばシューターを崩しきれない。押し下げ切れないということですか。
ルオカ団長:あのレベルのプレーヤーだからこそ、押し下げられない。
 
――そうこうするうちにれんたなさんが帰ってきて、となるわけですね。塗りが強くて、エイムもよくて、立ち回りも上手くてというところで3人でうまく維持できてしまう。
あとばる:そこが強いですね。チャージャーでメタるにしてもチャージャーもそんなにナワバリ向きじゃないというか、ナワバリは動きが難しいところがあるので、いずれにせよ対面はずっと勝ち続けないといけないのが難しいなという。Anotherって対面力が高いだけではなく、しっかりナワバリ的な勝ち方もできるメンバーなのが厄介ですよね。
ルオカ団長:それは言えますね。
あとばる:本当うまいんですよね。
 

【今回のまとめ】
・オフラインは「自分たちのスタイルを相手に押し付ける戦い方」が強い!
・オンラインは「相手にうまく対応できる方」が強い!
・Anotherはロジックがきれいに築かれた編成のチーム!

 
次回も引き続きふたりの対談をお届け!
 
甲子園に向けての準備や各試合のポイントなどを聞いていくぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は12/1(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine