TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~2~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~2~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ルオカ団長 第2回】

あとばる×ルオカ団長選手による対談第2回目!
 
今回は「第5回スプラトゥーン甲子園2020全国決勝大会DAY1」についてふたりに語ってもらったぞ。ルオカ団長選手は各チームをどう分析していたのか!? さっそく対談スタートだ!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2

 
「第5回スプラトゥーン甲子園全国決勝大会」DAY1、DAY2の試合は上のリンクから見ることができるぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ルオカ団長
「第5回スプラトゥーン甲子園2020  全国決勝大会」でベスト4入りを果たした”〆る者達”のリーダー。理論派のプレーヤーとして知られ、ステージやルールに合わせた柔軟な戦略でチームを勝利に導く。また、「第4回スプラトゥーン甲子園2019 近畿地区大会」では、自身が監督を務めた”ぽぽじろう学園高等部3年A組”が優勝するなど、選手としてだけでなく指導者としても優れた手腕を発揮。まさにナワバリバトルの勝ち方を知り尽くしたプレーヤーといえる。

 

全国決勝大会DAY1の試合を振り返る!

――オンラインでの開催が決まったあと、改めて作戦を考えたりはしたんですか?
ルオカ団長:元々はボイスチャットなしのオフラインでの大会を想定して練習していたので、オンラインになったことでいまでやってきたことを変えてみたりとかはすごくしましたね。具体的にはチームの動きを3通りに分けて「相手がこの手のタイプだったらこういう動きをしよう」「このタイプだったらこんな動きをしよう」みたいなことは決めていました。
 たとえば、GGBoyZとDNG(DetonatioN Gaming)は同じタイプで、基本的にカバーを入れ合いながらガンガン全員で上がってくるチームだと思っているんです。そういう相手に馬鹿正直に4人で対面しようとすると、どうしてもカバー力でリソース負けしてしまうので、キャンピングシェルターの自分ができるだけ敵を引き付けて13のような形にして、その間に他の味方はひたすら敵陣に抜けるようにしようとか。
 相手は連携で動いている分、後衛もけっこう前に来てくれるので、後ろにスペースができるんですね。そこに味方が抜けることで、相手のラインをぐちゃぐちゃにしてしまおうという感じですね。
 
――チームの特徴に合わせて、それぞれ対応策を決めていたんですね。
ルオカ団長:はい。ただ、Anotherだけは練習の時点で「これは勝てない」という話になっていて。正直、ちょっと諦め気味ではありました。
 
――甲子園のDAY1は5チームでのリーグ戦でしたけど、それぞれのチームについてはどんな印象がありましたか。
ルオカ団長:まずDNGは先ほど言ったようにカバーでリソースをとってくるチームなんですけど、この試合はムツゴ楼っていうステージがよかったですね。DNGのようなカバー力が高いチームの場合、中央にフォーカスするステージは突破力が高くて強いので当たりたくないんですけど、ムツゴ楼みたいな上下に振って分散できるステージだと、カバーが逆に裏目に出たりとか、そういう展開になりやすいので、そういう意味ではDNGにはステージで勝てたという感じでした。
 


▲DNGは個人の対面力はもちろん、互いがすばやくカバーしあう連携力にも優れたチームだ。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY1  4:21:05より引用)

 
――そのムツゴ楼で、DNGはL3リールガンDを3枚入れてきました。これは予想通りの編成だった?
ルオカ団長:はい。本線前に一番練習相手をしたのがDNGなので、お互いに手の内を分かり切っていた状態でした。逆に向こうもムツゴ楼は課題ステージだったので、引いた瞬間に「うわ、ムツゴ楼か」みたいな感じだったのかと思うんですけど、僕ら的にはDNGに対してはムツゴ楼かエンガワ河川敷を引きたいと思っていたのでラッキーでした。
 
――この試合は展開もすごく面白かったですよね。残り20秒を切る位まではDNGが優勢と思いきや、そこから〆る者達がまくって逆転するという。
ルオカ団長:最後にDNGがキャンピングシェルターのボムピッチャーを落とさないと危ないと思ったのか、ジェットパックを撃ってきたりとかして全員で挟んでくれたんですよ。僕にヘイトがめちゃくちゃ集中して、それを味方のこん♪さんとばるかんさんがうまくカバーしてくれてキルが入って、逆転勝ちみたいになった。
 DNGの長所といえば長所なんですけど、逆にいうとある意味、弱点でもあるカバーで戦うというのが裏目に出てしまったステージだったのかなと思います。
あとばる:最後はとにかくルオカ団長さんが偉かったですよね。よくあれだけヘイトを集めたなと。逆にいえば、あそこで一気にルオカ団長さんにフォーカスが向くDNGも凄いんですけどね。そういう意味では、お互いの凄さが出た試合だったのかなと思います。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY1  4:35:56より引用)

 
ルオカ団長:ムツゴ楼に関しては、もともと逆転しやすい形を作る練習はしていて、このステージって下と上に1人ずつ分散しておかないといけないんですけど、このステージだとパブロが非常に弱くて役割を持ちにくいんですね。なので、パブロのちゃちゃさんは下でひとりで自由に動いて、ひたすらインクアーマーを吐いて打開のソースをつくってもらうようにして、こん、ばるかん、ルオカで上を制圧したあと、最後に中段を取れば勝ちの状況になるので、そういう感じでやろうという話にはなっていました。
 正直な話、これって僕らが練習のときに散々カラマリにやられていたことなんですよ(笑)。今回のDNG戦では、僕らが練習のときにやられ続けていたことを逆にDNGにやったらうまくいったという感じですね。
 
――2戦目のCrown Huntはいかがでしたか。
ルオカ団長:結果として負けてしまったんですけど、内容としてはこちらの勝ちの芽がかなり濃かったというか、勝ち試合をうまく潰された感じがありますね。とくにCrown Huntがよかったのが、チャージャー軸のチームなのにキャンピングシェルターとパブロに対しての対抗策をちゃんと考えてN-ZAPを入れていたり、打開のプランも抜けでアドバンテージを取るという方法で、すごく綺麗だったなという印象はあります。
 ちゃんとナワバリの綺麗な形を全部知っているんだなという。タイプとしては、けっこうカラマリに近いチームかなと思うんですけど。
あとばる:そうですよね。
ルオカ団長:チャージャー軸というだけでなくて、ポジション的な面も全体的に似ているかなと思います。
 


▲Crown Huntは大会屈指のチャージャー使いである、べるりぃ選手を擁するチーム。今大会でも連続抜きを決めるなど、数々の見せ場をつくり大いに盛り上げた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY1  4:28:29より引用)

 
――3戦目のどんぐりーずについてはいかがですか?
ルオカ団長:けっこう対策はしていて、Nうらさん(Nうら うらちゃん)のホットブラスター想定とかいろいろやっていたんですけど、蓋を開けてみたらNうらさんがN-ZAPを持って、みけさんがバケットスロッシャーソーダを持ってるという、ちょっと驚きの編成になってて。
 でも、基本的な動きは変わらないだろうと思ってやったんですけど、この試合も最後はこっちが有利だったんですけど、スペシャルを綺麗に合わされて逆転負けになってしまいました。実は前評判だと、どんぐりーずは調子がいまひとつで連携もあまりよくないって聞いていたんですけど、終わってみたら「めちゃくちゃ連携が取れているじゃん」って(笑)。
 
――聞いていた話とちょっと違うぞと(笑)。
ルオカ団長:なので、そういう意味では「本番に強かったな」というイメージですね。しかも何をやってくるかわからない怖さがある。
 
――このリーグもどんぐりーずは1位抜けでしたもんね。
ルオカ団長:そうですね。Another戦で勝っていますし、そういう部分も含めて本番の集中力がすごいチームだなと思います。
 


▲どんぐりーずは、以前この対談にも登場してくれたNうら うらちゃん♪ 選手がリーダーを務めるチーム。強豪のAnotherに勝利するなど、見事にリーグ1位通過を果たした。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY1  4:46:00より引用)

 
――最後の4戦目がそのAnotherでしたけど、どんぐりーずに負けたあとはチームの雰囲気がお通夜だったそうですね。これは最後が天敵のAnotherだし、もうリーグ通過は無理だ、みたいな感じだった?
ルオカ団長:そうですね。しかも、どんぐりーずがDNGに勝たなければ終わるという状況だった。僕らがAnotherに勝つか、DNGがどんぐりーずに負けるかで、もちろんAnotherに勝つ方向を選びたいけど、Anotherは僕たちでは勝率30%以下なのでちょっときついかなと思っていて。正直、どんぐりーずもDNGに勝つのはちょっと厳しいかなと思っていたので、どんぐりーずが勝った瞬間はめちゃくちゃ感謝して、連絡をして「本当にありがとう!」と言いに行きました(笑)。
 
――最後のAnotherはコンブトラックでの試合でしたけど、ここはどういう形で挑もうと考えたのでしょうか。
ルオカ団長:Anotherはどのステージであっても「れんたなさんからまず落とそう」というのは基本としてありました。れんたなさんを落とさないで放置すると後から落とされたりとか、暴れられちゃうので。それで、4人の中だと僕が唯一れんたなさんに有利ブキを持っているので、僕がれんたなさんを止める……時間を稼いだり、落とせたら落としたいなくらいのノリで考えていたんですけど、ちょっと甘かったですね。彼が強すぎました。
 


▲Anotherとの試合は48.1%対49.7%と非常に僅差の勝負となった。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 全国決勝大会 DAY1  6:58:15より引用)

 
――ここで、〆る者達が編成でシャープマーカーネオを2枚入れたのは、最後にボムピッチャーでどうにかまくってというような狙いだったんですか?
ルオカ団長:はい。このステージはいろいろ択があって、シャープマーカーネオの基礎塗りのキューバンボムピッチャーの爆発力だけで逆転する動き方をするか、綺麗に通路と中央を分けて戦うかなんですけど、うちはちゃちゃさんがパブロで、コンブトラックってパブロと相性が悪くて、パブロを採用しているチームってけっこうコンブトラックを苦手にしていることが多いんですよ。
 なので、ちょっと変わったことをしないと勝てないなってのがあって、それで考えたのが「シャープマーカーネオのボムピッチャーでひたすら抜けたり、ボムピッチャーで前にいって塗りで事故らせて勝ちという編成」か、「通路をキャンピングシェルター2枚で押さえて中央に寄せて、ばるかんさんとちゃちゃさんにキルを取ってもらう」かの2択だったんですけど、まずはAnotherにはシャープマーカーネオの方で試して、どうせこのまま負けても上がるんだったら一回やってみようという話になって。
 それでやったらけっこういい勝負で、最後に僕が落とされなければ勝っていたかもという内容だったので、「これでいけるんじゃないかな」という手応えをつかめた試合ではありました。
 

【今回のまとめ】
・DNG戦の勝利はムツゴ楼というステージだったことも大きかった!
・Another戦では2パターンの作戦を考えていた!
・どんぐりーずには感謝!

 
次回も引き続きふたりの対談をお届け!
 
甲子園全国決勝大会DAY2の感想などを聞いていくぞ。 
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は12/8(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~1~

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~1~

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ぴのが語る第5回スプラトゥーン甲子園~1~