TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~4~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~4~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ルオカ団長 第4回】

あとばる×ルオカ団長選手による対談の第4回目!
 
今回はウデマエを上げるためのポイントについてふたりに聞いてみたぞ。ふたりの考える、ウデマエS+からXに上がれないプレーヤーに足りないものとは? さっそく対談スタートだ!
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY1

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」全国決勝大会 DAY2

 
「第5回スプラトゥーン甲子園全国決勝大会」DAY1、DAY2の試合は上のリンクから見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ルオカ団長
「第5回スプラトゥーン甲子園2020  全国決勝大会」でベスト4入りを果たした”〆る者達”のリーダー。理論派のプレーヤーとして知られ、ステージやルールに合わせた柔軟な戦略でチームを勝利に導く。また、「第4回スプラトゥーン甲子園2019 近畿地区大会」では、自身が監督を務めた”ぽぽじろう学園高等部3年A組”が優勝するなど、選手としてだけでなく指導者としても優れた手腕を発揮。まさにナワバリバトルの勝ち方を知り尽くしたプレーヤーといえる。

 

すべての行動に意味を持たせることが大事!

――最近のガチマッチの環境についてはどう見ていますか?
あとばる:最近はアップデートでマッチングが変化した影響なのかわからないんですけど、以前よりしっかりチーム戦が出来るような環境になってきたと言うんですかね。
 
――Xパワーの近い人同士がマッチングするようになったというやつですね。
あとばる:はい。だからなのか、敵味方ともに動きがしっかりしてるんですよ。ただ、そうなってくると、ワンチャンかけに行く人がすごく少なくて、逆にどんどん前に出るクワッドとかがいた方が勝ちやすい感じなんです。それで、「いまの環境は前線が足りないんだな」ってのに最近気付いて、H3リールガンとかで復活時間短縮を積んで前に突っ込むようになってからはすごく勝率が上がってきました。なので、いまはワンチャンをしっかり作る方がいいのかなとは思いますね。
 

 
――対抗戦で最近流行の編成やブキはなにかありますか?
ルオカ団長:ブキというよりもスペシャルで、これは絶対に必須かなってのがありますね。
 
――それは?
ルオカ団長:インクアーマーですね。最近の大会で優勝したチームのほとんどがインクアーマー入りで、参加チーム全体を見ても80%くらいはインクアーマーを採用しているんです。そのくらい、いまはインクアーマーは必須という状況にはなってきていますね。たぶんこれはガチマッチも同じで、たとえば先程あとばるさんが言った「ガチマッチでワンチャンをとるブキが必要」というのも、前に切り込んでくれるブキとインクアーマーってかなり相性がいいんですよ。
 おそらくガチマッチでもインクアーマーって多いと思うので、それが前衛ブキに対して有利な環境を生み出しているのかなとは思います。
 
――インクアーマーブキだとN-ZAP85が多いんですか?
ルオカ団長:僕のイメージだとN-ZAP85が多いかなと思うんですけど、どうですかね。
あとばる:めちゃくちゃいますね。
ルオカ団長:やっぱり。
あとばる:96ガロンとかH3リールガンもちらほらいますけど、やっぱり圧倒的にN-ZAP85の割合が多いですね。
 
――機動力もあって扱いやすいですもんね。
あとばる:そうですね。N-ZAP85は優等生ですね。
 

 
――S+からXに上がれない人ってけっこういると思うんですけど、その辺の人たちはどういうところが足りないと思いますか?
あとばる:最近そういう質問がよくくるんですけど、なにかが足りていないんですよ。なにかって漠然としているんですけどキル力だったり、状況判断能力だったり、なにかひとつでも得意と言えるものがあるとXには行けるんですよね。
 一番上がりやすいのはキル力がある人、エイムでゴリ押せる人だと思うんですけど、別にエイムがなくても状況判断さえしっかりできればXには上がることができると思っているので、上がれないと言う人は、厳しいことを言うとキル力も状況判断能力も悪いのかなとは思います。
 
――なるほど。
あとばる:S+まで行っているということは本当にあとちょっとなんですよ。でも、たとえば塗りという行為ひとつをとっても漠然とやっているプレーヤーが多い気がしていて。なので、有利をとって相手の侵攻を抑えたいからここを塗るとか、相手がくるからこの辺を塗ってスペシャルをためたいとか、そういうひとつひとつの行動にちゃんと意味を見いだせるとXに上がれるのかなとは思いますね。
 ただ、その意味を見いだす経験値がないというか、ここでなにをしたらいいのかわからないということが問題だと思うので、結局そういう質問を受けると結論が「もっとプレーしろ」になっちゃう。
ルオカ団長:それ、すごくわかる。
あとばる:一番楽なのは本人のプレー動画を見て指摘することなんですけど、それもあくまでその場面での正解でしかないんですよ。敵味方の位置とか編成とかスペシャル状況とか、そのときとまったく同じ場面ってたぶんもう2度とないわけじゃないですか。
 なので、場面ごとに自分なりに考えて応用してくことが大事なんですけど、その考えるため基礎となるのがプレーの経験値なんです。だから、極論を言うと1000時間プレーすればたぶんいけるよということになってしまう。
 


▲ただ漠然とプレーを続けても上達にはつながらない。しっかりと考えてプレーしていくことが大事だ。

 
ルオカ団長:一応僕も「S+からXになる!」みたいな動画をあげて、ポイントごとに画面を止めて「このときに一番注意したいことは~」みたいな感じの解説をしたんですけど、確かにこうした知識って実際にやらないと身につかないところで、プレー中にいちいち考えていると間に合わないことが多いですしね。
あとばる:初心者の人って、「なんでこう動いたの」と聞かれたときに「なんでなんでしょう」という話になると思うんですね。理由なく、漠然と動いているので。そこで「こうだからこうしました」という理由があれば、それが間違っていても、たぶんすぐXにいけるような人だと思うんですけど。
 
――ひとつひとつプレーにちゃんと意図をつくることが大事なんですね。
あとばる:そうですね。だから自分のプレー動画を見返して、後付け解説じゃないですけど、すべての行動に理由をつけられるようになれば、自ずとウデマエも上がるようになると思います。
 
――ルオカ団長選手からはなにかありますか。
ルオカ団長:もしそんなにプレーする時間が取れないという場合は、変にエイム力が求められるブキとかじゃなく、もっと簡単にキルを取れるブキを持つ方がいいかなと思います。どのルールでXを目指すかってのもあるんですけど、たとえばエリアだと対面がモノをいうことが多いので、エリアで目指すんだったらまずはキルが取りやすいブキで、かつ後出しで有利に戦おうみたいな。
 突っ込んで戦うのってけっこう難しいと僕は思っているので、それよりは相手が姿を見せたら倒すということを繰り返していくほうがキルも取りやすいのかなと。
 
――ちなみにエリアでオススメのブキはなにかあります?
ルオカ団長:エリアでいまS+帯の人がXに上がるんだったらヒッセンがいいかなと思います。エイムもそんなにいらないし、クイックボムも使いやすいし、スペシャルのインクアーマーも打開に使えるし。
 

 
あとばる:あとは、N-ZAP85もアリかな。
ルオカ団長:アリですね。
あとばる:全部の性能が70点みたいなブキなので。
ルオカ団長:なんでもできますからね。
あとばる:器用貧乏じゃなくて、器用贅沢と言う感じ。
ルオカ団長:すごくわかる。反対に器用貧乏はスプラシューターとかかな。
あとばる:確かにスプラシューターは器用貧乏ですね。
ルオカ団長:やれることが多いのにどれもこれも50点くらいしか出ない。
 
――いまスプラシューター系は不遇な環境なんですね。
あとばる:あまり強くはないですね。本来、スプラシューターに求められるべき性能をN-ZAP85が持っているというか……。
ルオカ団長:確かにそれはあるな。
 
――スプラシューターを持つならN-ZAP85を持った方がいいんじゃない? という感じ?
あとばる:もちろんスプラシューターの良さもあると言えばあるんですけど、ウデマエが上がりやすいブキをひとつ挙げるとするとN-ZAP85になっちゃいますかね。
 
――なるほど。じゃあ、いま使っているブキじゃ限界だという人はこの2つを極めていく方が早道かもしれない?
あとばる:と言いつつ、自分の好きなブキを使ってもらいたいというのが本音ではあるんですけどね(笑)。
 

【今回のまとめ】
・なにかひとつ得意なものがあるとXにはいける!
・漠然と動くのではなく、しっかりとした意図を持って行動せよ!
・いまエリアで使うなら、ヒッセンとN-ZAP85がオススメ!

 
次回も引き続きふたりの対談をお届け!
 
ルオカ団長選手のメインブキであるキャンピングシェルターについて、いろいろ話してもらったぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は12/22(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! 「第5回スプラトゥーン甲子園2020」を大総括! あとばる×ルオカ団長が語り尽くす!~1~

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~5~

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×らすくが語る第5回スプラトゥーン甲子園~4~