TOP 特集&連載 デュエマ妄想構築録 vol.30-2 ~終わらない呪文連鎖!ネタナラク・チャージャー!!~
特集&連載

デュエマ妄想構築録 vol.30-2 ~終わらない呪文連鎖!ネタナラク・チャージャー!!~

TwitterFacebookLine

By まつがん
 
 十王篇第3弾「幻龍×強襲 ゲンムエンペラー!!!」の中で、コモンにあるまじきポテンシャルを秘めたカードがあった。

▲十王篇第3弾「幻龍×強襲 ゲンムエンペラー!!!」収録、《芸達者 ネタナラク》

 《芸達者 ネタナラク》。2体目以降のクリーチャーの召喚コストと2枚目以降の呪文のコストをそれぞれ1ずつ下げることができるということで、条件はあるものの久しぶりに登場した恒久的なコスト軽減能力の持ち主である。
 
 こうした恒久的なコスト軽減能力がなぜポテンシャルを秘めているのかというと、1ターンに3体以上のクリーチャーを召喚したり3枚以上の呪文を唱えるデッキならば、《一撃奪取 トップギア》や《フェアリー・ライフ》などの通常のマナ加速の枠を超えた爆発的な加速を可能にするからだ。
 
 というわけで《芸達者 ネタナラク》の能力を生かしたデッキが組めないだろうかと考えたわけだが、1ターンに3体以上のクリーチャーを召喚したり3枚以上の呪文を唱えるデッキを具体的に実現するとなると、これがなかなかに難しい。
 

▲新1弾
「ジョーカーズ参上!!」収録、
《一番隊 チュチュリス》
▲新1弾
「ジョーカーズ参上!!」収録、
《一番隊 ザエッサ》

 まず最初に考えたのは、《芸達者 ネタナラク》を《一番隊 チュチュリス》《一番隊 ザエッサ》といった他の恒久的なコスト軽減能力持ちの5~8枚目として扱うというアイデアだった。どんな動きを目指すにせよ、1種類4枚だけがキーカードというのではデッキの動きが安定しないからだ。
 
 だが、火水ビートジョッキーでは水文明単色のビートジョッキーが存在しないために水の部分が邪魔をし、火水ムートピアではかろうじて火文明単色のムートピアは存在しているものの、今度は枚数が少なすぎてデッキにならなかった。
 
 けれども、これはデッキにならないかと諦めそうになったその時。私は「恒久的なコスト軽減能力を持ったクリーチャーならば他にも存在している」ということに思い至ったのである。
 

▲第2弾
「進化獣降臨」収録、
《ラブ・エルフィン》
▲ドラゴン・サーガ
「三段変形! 龍解オールスターズ」収録、
《氷牙フランツI世》

 そう、《ラブ・エルフィン》《氷牙フランツI世》だ。
 
 《芸達者 ネタナラク》は呪文も軽減できるので、クリーチャーのコストを軽減することにこだわる必要はない。ならば呪文のコストを軽減できるクリーチャーを何体も並べることで、1ターンに何枚もの呪文を連打できるようになるのではないか。
 
 しかしこのコンセプトには2つの問題があった。
 
 1つ目は、いくらコストを軽減したところで1マナまでしか軽くならない以上、1ターンに唱えられる呪文の数には限りがあるという問題。
 
 そして2つ目は、呪文を連打してもすぐに手札が切れてしまい勝ちにつながらないという問題だ。
 
 だが、私はこれらの問題を同時に解決できる秘策を既に考えついていた。
 

▲「夢の最&強!!
ツインパクト超No.1パック」収録、
《ハリケーン・クロウラー/
ブレイン・チャージャー》
▲「デュエマクエスト・パック
〜伝説の最強戦略12〜」
収録
《ブレイン・チャージャー》

 すなわち、《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》などの手札が減らないチャージャー呪文ならば、途切れず連鎖させることができるというものだ。
 
 単文明のチャージャー呪文は唱えた後はアンタップ状態でマナに置かれるので、もし 《ラブ・エルフィン》《氷牙フランツI世》などのコスト軽減クリーチャーで1コストにまで落とした状態で唱えたならば、実質マナも手札も減らさずに唱えることが可能なのである。
 
 とはいえ、この発想にもまだ問題があった。
 
 それは、確かにここまでやればマナも手札も損はしないものの、実際はマナが伸びるほかはアクションとして全くの無であるという問題だ。
 
 デュエル・マスターズは対戦相手にただ手順の長い無を披露するだけの無のお遊戯会ではないので、幼稚園児以外はきちんとゲームに勝てるアクションを目指す必要がある。
 
 しかし《ブレイン・チャージャー》のようにただ山札の上1枚をランダムに手札に加えるだけではただの無の錬金術師で終わってしまうし、かといって《ブレイン・チャージャー》よりも強力なチャージャー呪文など存在するはずもない……と、そう思われた。
 
 だが、それが実は存在していたのだ。《ブレイン・チャージャー》よりも強力で、連鎖を途切れさせないカードが。
 
 そう、すなわち。
 

▲超天篇第3弾
「零誕!
魔神おこせジョルネード1059‼︎」収録、
《ガチャマリン・チャージャー》
▲超天篇第3弾
「零誕!
魔神おこせジョルネード1059‼︎」収録、
《ガチャリーフ・チャージャー》

 GR召喚するチャージャー呪文なら手札補充も大量にできて連鎖させまくれるのでは???🤔🤔🤔
 
 超天篇第3弾では、GR召喚付きのチャージャー呪文のサイクルが登場していた。これはつまり、同様の機能を果たすカードを8枚や12枚積むことなど造作もないということを表している。
 

▲超天篇第3弾
「零誕!
魔神おこせジョルネード1059‼︎」収録、
《天啓 CX-20》
▲超天篇第4弾
「超超超天!
覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕」収録、
《クリスマⅢ》

 そしてGR召喚によれば《天啓 CX-20》《サザン・エー》といった2枚以上ドローできるGRクリーチャーはもちろん、《クリスマⅢ》といった使い終わったチャージャー呪文をそのままマナゾーンから回収することすら可能となる。
 
 チャージャー呪文を唱えるたびにランダムな1ドロー以上の効率で手札を補充できるのであれば、連鎖の実現性も大幅にアップすることだろう。
 

▲「最強戦略!!ドラリンパック」収録、
《応援妖精エール/
「みんな一緒に応援してね!」》
▲双極篇第3弾
「†ギラギラ†煌世主と終葬のQX!!」
収録、《次元の嵐 スコーラー》

 さらに《芸達者 ネタナラク》固有の能力を生かした面白いギミックとしては、《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》の採用がある。
 
 GR系のチャージャーを唱えた後ならばGR召喚で1体目のクリーチャーは既に出せているので、《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》は《芸達者 ネタナラク》がいれば1コストで2枚のマナをアンタップできるカードとなり、使えるマナを減らさないどころか増やすことすら可能となるのだ。
 
 こうしてGRチャージャー呪文を連鎖させていき、最後は《次元の嵐 スコーラー》で追加ターンを取って相手のシールドへ一斉に乗り込めばいい。ここまでやって最後は6点素殴りかよというツッコミは禁句だ
 
 というわけで、できあがったのがこちらの「ネタナラク・チャージャー」だ!
 
 『ネタナラク・チャージャー』

枚数
カード名
4
《ラブ・エルフィン》
4 《芸達者 ネタナラク》
4
《氷牙フランツI世》
4 《超GR・チャージャー》
4
《ガチャマリン・チャージャー》
4 《ガチャボンバ・チャージャー》
4 《ガチャリーフ・チャージャー》
4 《スペルブック・チャージャー》
4 《モモダチトレーニング!!!》
2 《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》
2 《次元の嵐 スコーラー》
  超GRゾーン
2 《天啓 CX-20》
2 《サザン・エー》
2 《クリスマⅢ》
2 《ツタンメカーネン》
2 《ゴッド・ガヨンダム》
2 《全能ゼンノー》

 
???「今日が何の日か忘れてませんか!?そう、メリークリスマス!」
 
 そ、その声は!?
 

 
 リモートで登場、デッドマン!!(なんだかよくわからない動きだったので「冬はカニの季節ですねダンス」ということにしておこう)
 
デッドマン「研究仙人へのクリスマスプレゼントとして、また新しいカードを持ってきましたよ!」
 
 はたしてデッドマンが持ってきてくれたカードとは!?……というところで、今年の更新分は以上となる。
 
 次回は1週お休みして、年明け1月8日(金) の更新予定だ。
 
 それでは、よいお年を!
 

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.29バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.29-1 ~目指せ宇宙!デスキン・ダンタル!!~
デュエマ妄想構築録vol.30バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.30-1 ~3ターン目に走れ!チャラ・メンデルス!!~

 

2021年1月1日の更新はお休み。次回更新は2021年1/8(金)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine