TOP ニュース 12・25ポケモン映画公開記念! 岡崎体育探検隊 ~大自然の秘境で幻のポケモン・ザルードを見た!~
ニュース

12・25ポケモン映画公開記念! 岡崎体育探検隊 ~大自然の秘境で幻のポケモン・ザルードを見た!~

TwitterFacebookLine


 
かつて人里から遠く離れた森の奥地に、ポケモンの存在があった。
 
そのポケモンたちの楽園に、幻のポケモン・ザルードの謎を解き明かすヒントがある。
 
岡崎体育率いる探検隊は、大森林の奥地3000キロを踏破し、はたしてザルードの痕跡を見つけ出すことはできるのか?
 
~探検隊メンバー紹介~
 

 

岡崎体育隊長……あの「コロコロ40周年のうた」を作曲し、アニメ「ポケットモンスターサン&ムーン」でもOP、ED曲を担当した。今回の映画では音楽プロデュースを担当。その功績とポケモンへの探求心を買われ、コロコロが結成した探検隊のリーダーに就任する。
 

 
 
GO!森田隊員……ザルード研究家として名高い。岡崎隊長のサポート役に適任ということで探検隊に参加。ポケモンGOも好き。
 
 

 
ヤマガタ隊員……コロコロコミックの新人編集者。体力仕事の雑用係のほかに、ポケモンについてもっと深く知るために今回探検隊に参加した。
 

ザルードを探すため、ミーティング開始!

今回の目標であるザルードの写真を片手に早くも闘志を燃やす岡崎隊長。コロコロ編集部に届けられた複数のザルード目撃情報をもとに、緻密な作戦を練る。テキパキとミーティングを仕切る隊長の手腕に、隊員も圧倒されっぱなしだったのだ!
 

▲誰もいない早朝の編集部内に、隊長の熱血トークが響き渡る!
▲「ザルードをゲットしてやるぜ!」と早くもテンション大MAX状態の隊長。

 

すぐさま移動開始!機敏な行動が勝利を生む!

ミーティングを済ますや否や、探検道具を手早くまとめてコロコロ編集部を後に。幾多のジャングルを走破した大型車を用意し、颯爽と乗り込む探検隊であった。
 
しかし、隊長は移動中さえも休まずに、予習を欠かさなかった! 車内でも休むことなく自前のNintendo Switchを起動。『ポケットモンスター ソード・シールド』を立ち上げ、ザルードのことを研究し始めるのだった。
 

▲「ザルードの技、ジャングルヒールええやん!」……って隊長、ふつうに遊んじゃってません?
▲そうこうしているうちに噂の森へと到着。この先にザルードが待ち受けているのか!?
▲岡崎隊長「このまままっすぐ行こう!」
森田隊員「ん~、自分は右の道だと思います。」
ヤマガタ隊員「意外と左の道がいい気がします。」
……はたして探索はうまくいくのだろうか!?
▲これが岡崎探検隊が探し求めるザルード。後ろの山が、今回の探検の舞台となるのだ。

 

探検隊、森へ!そこは危険な罠が!?

ミーティングと移動を難なく済ませた探検隊。ザルードの発見は順調に進むかと思われたが、おとずれた森は危険な魔境だった!
 
深入りして崖から落下しそうになったり、隊員が落木の餌食に……。これは自然の災害なのか、それとも何者かが行く手をはばもうとしているのか!? 岡崎探検隊に最大の危機がせまる!
 

▲最大限の注意を払いながらザルードを探し続ける探検隊。岡崎隊長「静かに歩いて、ポケモンの鳴き声を探そう。」
▲静かに移動する中、森田隊員の大きなクシャミに驚き、一斉に逃げ出す探検隊。そして、さらなる悲劇が!
▲走っていた森田隊員が足を踏み外し崖に落ちそうに!しかし隊長が機転を利かせて、間一髪で救助に成功。危うくケガ人が出て、探検中止になるところだった。
▲探検隊にさらなる危機が!なんと坂道から大きな丸太が転がってきたのだ。ポケモン探しに気を取られていたヤマガタ隊員が下敷きに。しかし、ここでも隊長が活躍。「ひでんマシン、かいりき!!!!」と叫びつつ丸太をはねのけた。さすが隊長、頼れる男である。
▲度重なるピンチに隊員たちの士気も低下。こういうときこそ、隊長としての手腕が問われるのだ。

 

次のページへ!!(1/2)

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

『劇場版ポケットモンスター ココ』監督・矢嶋哲生氏インタビュー!! ポケモンと人間、親子の物語に込めた想いとは

「『ココ』を観て、子どもが欲しくなりました」山寺宏一さんスペシャルインタビュー

『劇場版ポケットモンスター ココ』ザルード役、中村勘九郎さんインタビュー!! 勘九郎さんが少年時代に読んでいたコロコロコミックを持っていったら……!?

「“ポケモンに育てられた子ども“と聞いて、私のことだと思いました」 上白石萌歌さんスペシャルインタビュー