TOP ニュース 2020年コロコロオンラインライターが選ぶBESTゲーム3選、その3!〜『原神』『あつまれ どうぶつの森』『ピクミン3 デラックス』〜
ニュース

2020年コロコロオンラインライターが選ぶBESTゲーム3選、その3!〜『原神』『あつまれ どうぶつの森』『ピクミン3 デラックス』〜

TwitterFacebookLine

2020年も残りわずか! ということで、コロコロオンラインの中の人たちが、2020年に遊んだゲームのうち最も面白かった3作品を大発表!!

愛と情熱だけで選ぶ、偏り上等なベストゲーム3選。本日12月28日~31日まで、毎日2名ずつが発表していくぞ!!

※”2020年に遊んだ”ゲームのため、昨年発売したゲームなども含みます。

【本日の執筆担当:8号機】
PCエンジンやメガドライブなどレトロゲームが好き。コロコロオンラインでは以前「PCエンジン ミニ」収録タイトルの実機レビューを掲載させていただきました。

1:話題のアプリゲーム「原神」(PC版)

▲アニメのような3Dと異国情緒満点の世界感が好きな人必見です。

きっかけは「なんか話題だから」

『原神』はコロコロオンラインでも大塚角満さんによる連載で紹介されているゲームタイトルです。広大な幻想世界(テイワッド)を巡る強大な陰謀渦巻くメインストーリーや個性豊かな仲間たちとのサブストーリーなどやり込み要素がたくさんある。

「アプリゲームだから、意外とストーリーが薄いのでは?」と私は始めた当初はそんな偏見ガチガチで、「なんか話題だからやってみるべ。基本無料だし」と気軽にはじめたのだが、これが予想以上に引き込まれる。

キャラクターたちの掛け合いはもちろんだが、進むほどに盛り上がりを見せるメインストーリーが私のツボだった。「早く続きが見たい」とメインストーリーを進めたくなる。ボス戦などは熱い展開が待っており、プレイしている時は時間も忘れてしまうほど熱中した。

特に第1章ではミステリー的な要素や終盤の怒涛の展開は手に汗握るワクワク感があった。今後のメインストーリーの追加が今から楽しみで仕方ない。 他にも「元素」を用いた奥深い戦闘や演出、魅力的なキャラクターなどRPGが好きな人にオススメのタイトルだ。

▲操作キャラのクレーで炎元素を相手に付与して……。
▲操作キャラを、雷元素を持つ北斗に切り替えて「過剰負荷」の反応で大ダメージ。
▲フィールドには巨大な敵が潜んでいるところも。
▲キャラクター「七七」の「元素爆発」(必殺技的なもの)演出。★5のレアキャラは演出が一味違う。
▲ド派手な攻撃演出や各キャラクターの攻撃モーションにも注目してほしい。

ゲーム概要

原神(ゲンシン)

・ ジャンル:オープンワールドアクションRPG
・対応OS:PlayStation®4/PC/iOS/Android
・対応予定OS:Nintendo Switch™
・価格:基本無料(一部ゲーム内課金あり)
・原神 公式サイト
https://genshin.mihoyo.com/ja
・原神 公式Twitter
https://twitter.com/genshin_7
・原神 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCAVR6Q0YgYa8xwz8rdg9Mrg

© miHoYo Inc. ※「PlayStation」および「PS4」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。 ※Nintendo Switchは任天堂の商標です。©2017 Nintendo

2:のんびりスローライフ「あつまれ どうぶつの森」(Nintendo Switch)

▲四季折々のスローライフで癒されたい人にオススメ。

あの頃の自分はなぜそんなにハマっていたのか?

『あつまれ どうぶつの森』シリーズ最新作ということで、やはり2020年話題となったタイトル。発売は2020年3月20日。自分はニンテンドーゲームキューブの『どうぶつの森 e+』をどっぷりプレイしていた世代だった。しかし、「家の借金返済のために化石を掘り起こす毎日」という地味としか言いようのない記憶しか思い出せない。なのに、家に帰ればゲームキューブにディスクをセットして遊びまくっていた。

「あの頃の自分はなぜそんなにハマっていたのか?」と「なんか話題だから」というミーハー気分で買ってみれば、色々と思い出がよみがえり、楽しい時を謳歌していた。魚を釣って、虫を取って、果物を育てて、やっぱり化石を掘りこしてと気ままに日々を過ごすスローライフ。 プレイしていて思ったのは、昔の自分も現実の生活リズムとは違う自由気ままな時間の流れに憧れと癒しを求めていたのかもしれない。

▲住民たちとのゆるい会話も癒しポイント。

『あつまれ どうぶつの森』では無人島開拓ともあって、これまでにない新要素もてんこ盛りでゲームキューブ版からの進化に驚いた。特に博物館の内装は「全部コンプしたい」と思うことだろう。

▲博物館では鑑定した化石を寄贈することで展示される。完成すれば、これほど巨大なものに。
▲水中トンネルのある水族館。魚たちの泳ぐ姿がわかりやすい。
▲冬ならこんなのもゲットできる。

ゲーム概要

あつまれ どうぶつの森
・価格: 5,980円+税(パッケージ版/ダウンロード版)
・「あつまれ どうぶつの森」公式ホームページ:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html
・ニンテンドーeショップ:
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000027618.html

© 2020 Nintendo

3:どこか哀愁を誘う『ピクミン3 デラックス』(Nintendo Switch)

『ピクミン』の主題歌『愛のうた』を久々に聴いたら、なんか泣けてきた……。

『ピクミン3 デラックス』はWii Uで発売された『ピクミン3』に新要素を加えたNintendo Switchソフト。発売は2020年10月30日。 Wii Uが買えなかったために逃していたタイトルがNintendo Switchに出る、ということでプレイ。

「ピクミン」シリーズお馴染みの今日も運ぶ、戦う、増える、そして食べられるという独特なゲームシステムは健在。健気に働くピクミンたちや奇妙な原生生物たちの生態など「ゲーム界のファーブル昆虫記」的な魅力を持っている。

▲フォトモードで主人公のアルフたちの視点で写真を撮ることもできる。

私は特に『ピクミン2』での原生生物図鑑が好きで、オリマーの学者的な生態解説、ルーイによる食レポは『ピクミン3 デラックス』にもある。ステージのそこここで見かける鉢植えやコンクリートらしき道なども親近感やSF的考察が捗る要素だろう。

▲オリマーの解説。他にもルーイの食レポは必見。

ゲーム性では作業の分担による戦略性やステージごとのピクミンの特性を活かしたギミック、戦闘でピクミンが食べられてしまう緊張感、今回の目的である果実を回収した時の達成感と感情の振れ幅が大きく、プレイしていて満足感に浸れる。 現在ニンテンドーeショップにて体験版が無料配信中なので、こちらでぜひその魅力を実感して欲しい

ゲーム概要

ピクミン3 デラックス
・価格: 5,980円+税 ・
「ピクミン3 デラックス」公式ホームページ:
https://www.nintendo.co.jp/switch/ampna/index.html
・ニンテンドーeショップ:
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000005303.html

© 2013-2020 Nintendo

2020ベストゲーム3選
関連記事は下記の画像をクリック!!

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine