• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ミリンケーキが語るスプラトゥーン甲子園戦略~1~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ミリンケーキが語るスプラトゥーン甲子園戦略~1~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ミリンケーキが語るスプラトゥーン甲子園戦略~1~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ミリンケーキ 第1回】

日々、熱戦が繰り広げられている「第4回スプラトゥーン甲子園」。今回はその地区大会優勝チームから、“えふわんけーき”のリーダーを務めるミリンケーキさんが初登場! 地区大会では、相手を寄せ付けない圧巻の戦いぶりが話題となったが、その強さのヒケツはどこにあったのか? お馴染みあとばるさんとともに、甲子園で勝つための戦略についてアレコレ語ってもらったぞ!

ミリンケーキさん所属のえふわんけーきによる「第4回スプラトゥーン甲子園 信越地区大会」決勝戦の動画は下記のURLより視聴できるぞ!

■第4回スプラトゥーン甲子園 信越地区大会より
http://www.nicovideo.jp/watch/1535947086

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレイヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレイヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第3回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」準優勝など。チームLibalent Calamari所属。
  ミリンケーキ
名門DetonatioN Gaming所属の人気プレーヤー。スプラトゥーン屈指のシェルター使いとしても知られ、対面能力はもちろん、潜伏やヘイトの稼ぎ方まですべてが超一流の実力を持つ。2018年8月に開催された「第4回スプラトゥーン甲子園 信越地区大会」では、チーム“えふわんけーき”のリーダーとして出場。圧倒的な実力を見せつける戦いぶりで、見事に優勝を飾った。2019年に開催される全国大会でも優勝候補の筆頭で、今後も大注目なプレーヤーのひとりである。

 

地区大会で圧倒的な実力を見せた“えふわんけーき”

――ミリンケーキさんは今回が対談初登場ということで、まずは自己紹介をお願いします。
ミリンケーキ:『スプラトゥーン』は『1』からやっていて、プレー時間は『1』が6000時間くらいで、『2』もいま3500時間くらいですかね。ブキは『2』は初期から強いとされているブキを転々としていたんですけど、いまはパラシェルターをメインで使っています。実績は昨年の「第3回スプラトゥーン甲子園」でベスト8になったのと、「第4回スプラトゥーン甲子園 信越地区大会」で優勝しました。あと非公式の大会だと、Splatted杯優勝、エリア杯主催Master Cup優勝などがあります。

――おふたりは一緒にプレーされる機会も多いんですか?
ミリンケーキ:そうですね。
あとばる:対抗戦をやったり、ちょこちょこありますね。

――プレーヤーとしてのお互いの印象を教えてください。
ミリンケーキ:あとばるさんとプレーするときは、Calamari(あとばるさんの所属チーム)との対抗戦が多いんですけど、後衛なのに前衛ばりに戦えるし、懐に入れば叩きやすいブキを使っているのに、懐に入ってもやらない強さを持っていて、万能感がすごいなあと。僕は相手をしていて嫌なプレーヤーですね。
あとばる:僕は、ミリンケーキくんは『スプラトゥーン』のセンスがずば抜けているプレーヤーだと思っていて、潜伏の嗅覚とか、前に出るタイミングとかが絶妙なんですよ。『1』とか『2』の初期は、感覚でやっているのにすごく強いプレーヤーだな、という印象だったんですけど、最近はちゃんと考えて動いているなってのがわかってきて。センスだけで動いていてあんなに強かったのに、いまは考えて動いてきているので、やっていて面倒くさいです(笑)。

――そのあたり、実際どうなんですか?(笑)
ミリンケーキ:そうですね。突っ込んでやられすぎるとか、いろいろ言われたので(笑)。最近はこう動いた方が楽だなとか、考えて動くようにはしていますね。

――ミリンケーキさんは先月行われた「第4回スプラトゥーン甲子園 信越地区大会」にチーム“えふわんけーき”で出場して、見事に優勝しました。これで全国大会への切符をつかんだわけですが、優勝したときの感想を教えてください。
ミリンケーキ:勝てたという喜びももちろんですけど、甲子園って予選で負けると、同じメンバーで2回出場できたことがないんですよね。だから、1回で勝てて、出たいメンバーで全国に行けてよかったという安心感がすごく大きいです。あとは、信越って地区大会の日程的に半分過ぎたくらいなんですけど、これで他のチームを安心して応援できるというか……できれば全国大会では強いところとか、有名なところとかを全部倒して優勝したいので、これからはそこの応援をしていきたいですね。

――その信越地区大会では、ミリンケーキさんのチームは1本も落とすことなく、圧倒的な試合運びで優勝しました。ここまで安定して戦えた要因というのはズバリどういうところにあったと思いますか?
ミリンケーキ:安定して勝てた要因としては、僕が今回メンバーを集める際に1番重視したのが、「フェスをいかにやり込んでいるか」という部分で、たとえば“れんたな”(えふわんけーきのメンバー。スロッシャーを使用)とは、よく一緒に遊んだりしてるんですけど、フェスのランキングでも安定して上位に入っているし、どのブキを使っても強いし、ってことでお願いしてチームに参加してもらいました。フェスで安定して上位に入れる人というのは、それだけナワバリバトルへの理解度が高いということだと思うので、これは甲子園でも応用できるな、というのがありました。そんな感じで、フェスのランキングで毎回トップ10に入るようなメンバーを集めたのが、今回のえふわんけーきです。実際、大会前の練習でもいい結果が出ていたので、信越地区大会でもよほどのことがない限り優勝できるだろうという自信はありましたね。


▲記事冒頭動画の14:55より引用。大会では終始、安定した戦いを見せたえふわんけーき。決勝戦でも1試合目が69.4%、2試合目が71.9%という圧倒的な塗面積で快勝した。

――まさに甲子園のために結成されたメンバーというわけですね。
ミリンケーキ:そうですね。実力のある有名なプレーヤーさんというのはたくさんいるんですけど、そういう方たちって、意外と上位一桁ランクに入るほどはフェスをやっていなかったりするんですよね。今回のえふわんけーきのメンバーは、自分だけは最高で2位止まりなんですけど、残りの3人は全員ランキング1位経験者で、kuさんが2回くらいかな。で、れきさんが1回で、れんたなは6回くらい1位を取っているので、自分としてはベストなメンバーで挑めましたし、それでしっかり結果が出せたのでよかったですね。

――あとばるさんは今回のえふわんけーきの試合はどう見ました?
あとばる:卒直に「強いなあ」と。さすが全員がフェスで上位に入っているだけあって、ナワバリバトルの勝ち方をすごくわかっている動きをしていましたし、ボイスチャットなしでも、ちゃんとカモンとかナイスで連携もしていて、「これは負けないだろうな」と。あと、メンバーのれきさんがジェットスイーパーカスタムを持っていたり、ミリンケーキくんがシャープマーカーネオを持っている試合が多かったんですけど、これらのブキのサブウェポンであるクイックボムと、kuくんの対面力の強さと、れんたなくんの潜伏がうまく噛み合っていて、見ていて「うまいなあ」となるシーンが多かったですね。

――ほかに試合を見ていて気になった点はありましたか?
あとばる:kuくんがシャープマーカーネオとスプラマニューバーコラボのふたつのブキを持ち替えているじゃないですか。
ミリンケーキ:持ち替えてますね。
あとばる:あれってどういう条件というか、理由で持ち替えてます?
ミリンケーキ:まず、シャープマーカーネオは基本的には自分が持っているんですけど、シャープマーカーネオを2人にするとボムラッシュがかぶるステージがあるので、そこは自分だけがシャープマーカーネオを持つようにしています。
あとばる:なるほど。
ミリンケーキ:あと、いまのナワバリバトルの環境って、キル役とシャープマーカーの塗り役を入れて、キル役がキルして塗り役が塗るというのが主流ですけど、そもそもキルできないと始まらないってところがあるので、シャープマーカーネオ2人だとキル力が足りないステージについては、スプラマニューバーコラボに持ち替えたりといった感じですね。

――あとばるさんもミリンケーキさんもプレーヤーとして、人気も知名度もあるじゃないですか。大会に出ると当然、優勝候補として注目されますし、その辺りで「結果を出さなきゃ」といったプレッシャーはありますか?
あとばる:それはありますね。
ミリンケーキ:ありますね。今回も地区大会への参加が決まった時点で、周りから「優勝おめでとう」とか言われたりして(笑)。ただ、ここまでの地区大会でも、前評判で強いと言われていたところが、けっこう負けたりしていたんですよ。それもあって、けっこうプレッシャーはありましたね。

次のページへ!!(1/2)

12